「聖書とコーラン」を体内に注射したフランスの男性

フランスに暮らすAdrien Locatelliさんが、聖書とコーランのテキストの一部を自分の体内に取り入れました。

とは言っても、何がなんだかサッパリ分からない……。

詳しく説明すると、聖書に使われているヘブライ語の各文字をDNAの情報コードに対応させ、専門業者に依頼して特別なタンパク質を生成。コーランのアラビア語でも同じようなプロセスで、タンパク質を作りました。そして、自分の太ももに注射。

気になるのは、なんでやったの?ということですよね。“開眼”を助ける取り組みなのでしょうか。Adrienさんは科学メディア「Live Science」にこう語っています。

「科学と宗教の調和の象徴として実験してみたんだ。信者にとっては、よいものになるかもしれない」

今のところ、後遺症などはないそう。この先が気になりますね。

Top image: © iStock.com/Shuttermon
他の記事を見る
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
UAE(アラブ首長国連邦)の生産者が、ジープで砂漠まで行き、集めた砂を使って作られたコーヒーカップ。フォルムは変わりゆく砂丘をイメージ。大切な人にこそプレ...
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
フランス革命期の1796年に起きた「ヴァンデの反乱」で焼かれてしまったお城「Ebaupinay Castle」の共同オーナー権を売ることで、その復元・保存...
フランスの航空会社「エールフランス」が、キャンセルをしたフライトのチケットを売りさばけるWEBサイトを創設しました。
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
「Pass Culture」という名のアプリは、まるで出会いを求めるマッチングアプリのように気軽にイベントを見つけることができます。文化や芸術に振れる若者...
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
先日可決されたフランスの新たな法律は、小中学校で子ども達がスマホなどの電子機器を使用することを禁止。9月から施行される見通しです。
フランスの山に映しだされるリアルなクマやオオカミ。同国を拠点に活動するデジタルアーティストJulein Nonnonさんが手がけるプロジェクションマッピン...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
シャネルが、ファンデーション、アイブロウ・ペンシル、マットな仕上がりの保湿リップクリームの、3つの製品で構成される「ボーイ ドゥ シャネル」を立ち上げまし...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開さ...
フランスのスタートアップ「Feed.」が開発したスープ。……とは言っても、販売されている段階ではパウダー状。これにお湯を入れて45秒ほどシェイクすれば、1...
フランスのイタズラグループ「The Smart Joker of Paris」は、ビシッとスーツで決めて、電車の中にテーブルをセッティングし、ワインを飲み...
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
英国のレシピサイト「Twisted Food」がクロワッサンを使った新しいメニューを考案。これを見たフランスの人々から、「神への冒涜だ!」などの非難の声が...
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...