人生で一度くらいは貴族に。18世紀のフランスの「古城」に泊まれる!

ここ最近で一番「いいな」と思ったリノベかもしれません。

あるオーストラリア人家族が4年ほどかけて生まれ変わらせたのは、18世紀に建てられた「南フランスの古城」でした。

フランスの貴族が
1700年代に建造

2013年、パース出身の夫婦Craig WatersさんとKarina Watersさんは、娘がフランス留学していたことをきっかけに、南仏の古城を購入。

この「Châteaude Gudanes」は、フランス南部のアレージュ地方にある、18世紀の新古典主義のお城だそう。

かつて「ピレネーの王」と呼ばれた裕福なフランス貴族、ルイス・ガスパルド・デ・セールスのために、1741年に建造。

フランス革命でセールス家が所有権を失って以降、「Châteaude Gudanes」は長らく歴史的建造物として指定されていました。

しかし20世紀後半にはすっかり荒廃し、修復が必要な状態となっていたのです。

夫婦の手によって
息を吹き返すシャトー

Waters夫妻は壁紙、秘密のトンネル、古代の遺物のフレスコ画をはじめ、ブログやSNSを使ってお城の復活を実況、つねにその進捗状況を伝え続けました。

そして、とうとうこの2017年7月から、観光客のための宿泊施設とスペースを提供することに!

94部屋のホテルへ変貌

Waters夫妻の努力により、シャトーはこの夏、94部屋の客室を完備した美しいホテルへと生まれ変わるそうです。窓の外にはピレネー山脈が見え、気分はすっかりフランス貴族。

宿泊の予約はこちらから。

全身でフランスの歴史に触れる、そんな夏休みはいかがでしょうか?

Licensed material used with permission by Château de Gudanes, (Instagram), (Facebook), (YouTube)