人生で一度くらいは貴族に。18世紀のフランスの「古城」に泊まれる!

ここ最近で一番「いいな」と思ったリノベかもしれません。

あるオーストラリア人家族が4年ほどかけて生まれ変わらせたのは、18世紀に建てられた「南フランスの古城」でした。

フランスの貴族が
1700年代に建造

2013年、パース出身の夫婦Craig WatersさんとKarina Watersさんは、娘がフランス留学していたことをきっかけに、南仏の古城を購入。

この「Châteaude Gudanes」は、フランス南部のアレージュ地方にある、18世紀の新古典主義のお城だそう。

かつて「ピレネーの王」と呼ばれた裕福なフランス貴族、ルイス・ガスパルド・デ・セールスのために、1741年に建造。

フランス革命でセールス家が所有権を失って以降、「Châteaude Gudanes」は長らく歴史的建造物として指定されていました。

しかし20世紀後半にはすっかり荒廃し、修復が必要な状態となっていたのです。

夫婦の手によって
息を吹き返すシャトー

Waters夫妻は壁紙、秘密のトンネル、古代の遺物のフレスコ画をはじめ、ブログやSNSを使ってお城の復活を実況、つねにその進捗状況を伝え続けました。

そして、とうとうこの2017年7月から、観光客のための宿泊施設とスペースを提供することに!

94部屋のホテルへ変貌

Waters夫妻の努力により、シャトーはこの夏、94部屋の客室を完備した美しいホテルへと生まれ変わるそうです。窓の外にはピレネー山脈が見え、気分はすっかりフランス貴族。

宿泊の予約はこちらから。

全身でフランスの歴史に触れる、そんな夏休みはいかがでしょうか?

Licensed material used with permission by Château de Gudanes, (Instagram), (Facebook), (YouTube)
フランス革命期の1796年に起きた「ヴァンデの反乱」で焼かれてしまったお城「Ebaupinay Castle」の共同オーナー権を売ることで、その復元・保存...
フランスのブルゴーニュ地方にあるゲドロン城。いかにも古そうな感じですが、実はこれ、昔からあるものではなく、1997年から建造を開始したもの。6年後の202...
「城主になってお城に泊れる」宿泊プランを提供する愛媛県の大洲城が、4月24日よりグランドオープン。1日1組限定で1泊100万円で体験できる。
ドイツの古城やメキシコの遺跡を目の前にして、こんなことを考えたことってありませんか?「一度でいいから住んでみたい」と。そんなとき「Airbnb」を使えば、...
「ぎふコーラ」というクラフトコーラが、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で話題になっている。
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
一般人ではテントを設置できない場所で眠りにつけるという“特別な夜”を提供しているんです。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
今月11日の「カミングアウトデー」にクッキーブランド「オレオ」が1本のショートフィルムを公開した。
どんなに大声で訴えたいことがあるフランス人でも、のっぴきならない事情でデモに参加できない時もあります。そんなフランス人のためのサービスが「Wistand」。
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
ホテルやホステルを、ただ泊まるためだけの場所としてではなく、人を繋ぐコミュニティの中心として考えること自体は、決して新しくはない。そういった新しいコミュニ...
11月11日、「Airbnb」はインド・ジャイプール市内にあるお城「シティパレス」の一室に泊まれるようになると発表した。ここはケネディ大統領夫人やチャール...
本作品『危険な関係』は、フランス貴族社会を舞台にW不倫をする夫婦の物語。外交官の夫、美貌の若妻。世間的にみれば眩いパリの社交界で注目を集める2人。だが、密...
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
デザインスタジオ「hej」が「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。マスクの着用は感染対策に有効である一方で、見た目や装用...
17世紀〜20世紀初頭の貴族のファッションに身を包み現代に生きる25歳の若者が注目されている。
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
18世紀に貴族の間で広まった田舎のセカンドハウスは、ロシアの建築と文化において特徴的な存在であり、今もその人気は衰えていない。ロシアのセカンドハウス事情は...
フランスの経済学者トマ・ピケティの経済学書『21世紀の資本』が、社会派ドキュメンタリーとして映画化。来月3月20日(金)より「新宿シネマカリテ」ほか全国順...
フランスの航空会社「エールフランス」が、キャンセルをしたフライトのチケットを売りさばけるWEBサイトを創設しました。
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。