人生で一度くらいは貴族に。18世紀のフランスの「古城」に泊まれる!

ここ最近で一番「いいな」と思ったリノベかもしれません。

あるオーストラリア人家族が4年ほどかけて生まれ変わらせたのは、18世紀に建てられた「南フランスの古城」でした。

フランスの貴族が
1700年代に建造

2013年、パース出身の夫婦Craig WatersさんとKarina Watersさんは、娘がフランス留学していたことをきっかけに、南仏の古城を購入。

この「Châteaude Gudanes」は、フランス南部のアレージュ地方にある、18世紀の新古典主義のお城だそう。

かつて「ピレネーの王」と呼ばれた裕福なフランス貴族、ルイス・ガスパルド・デ・セールスのために、1741年に建造。

フランス革命でセールス家が所有権を失って以降、「Châteaude Gudanes」は長らく歴史的建造物として指定されていました。

しかし20世紀後半にはすっかり荒廃し、修復が必要な状態となっていたのです。

夫婦の手によって
息を吹き返すシャトー

Waters夫妻は壁紙、秘密のトンネル、古代の遺物のフレスコ画をはじめ、ブログやSNSを使ってお城の復活を実況、つねにその進捗状況を伝え続けました。

そして、とうとうこの2017年7月から、観光客のための宿泊施設とスペースを提供することに!

94部屋のホテルへ変貌

Waters夫妻の努力により、シャトーはこの夏、94部屋の客室を完備した美しいホテルへと生まれ変わるそうです。窓の外にはピレネー山脈が見え、気分はすっかりフランス貴族。

宿泊の予約はこちらから。

全身でフランスの歴史に触れる、そんな夏休みはいかがでしょうか?

Licensed material used with permission by Château de Gudanes, (Instagram), (Facebook), (YouTube)

関連する記事

フランス革命期の1796年に起きた「ヴァンデの反乱」で焼かれてしまったお城「Ebaupinay Castle」の共同オーナー権を売ることで、その復元・保存...
フランスのブルゴーニュ地方にあるゲドロン城。いかにも古そうな感じですが、実はこれ、昔からあるものではなく、1997年から建造を開始したもの。6年後の202...
「城主になってお城に泊れる」宿泊プランを提供する愛媛県の大洲城が、4月24日よりグランドオープン。1日1組限定で1泊100万円で体験できる。
ドイツの古城やメキシコの遺跡を目の前にして、こんなことを考えたことってありませんか?「一度でいいから住んでみたい」と。そんなとき「Airbnb」を使えば、...
フレッシュで瑞々しいパプリカもいいけれど、天日に干したものを使ってつくるオムレツ。病みつきのおいしさです。
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...