驚くほどの破格値で、フランスの「古城のオーナー」に!

写真の「Ebaupinay Castle」は、フランス革命期の1796年に起きた「ヴァンデの反乱」で焼かれてしまったお城。復元・保存には多額の費用が必要で、共同オーナー権を売ることで、その一部を資金に充てる仕組みです。復元が実現すれば、観光業にも期待できますしね。

で、驚きなのは60ユーロ(約7,700円)という値段設定!あまりに安くて目を疑いましたが、何度見ても60ユーロです。間違いありません。

こちらのプロジェクトページから支援すれば、所有権に関する情報にアクセスするための会員カードがもらえます。

“共同”とはいえ、オーナーはオーナーです。「フランスに城持ってるんだよね」と言ったところで嘘にはなりません!

というわけで、いかがですか?

Top image: © Dartagnans
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
フランスの航空会社「エールフランス」が、キャンセルをしたフライトのチケットを売りさばけるWEBサイトを創設しました。
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
どんなに大声で訴えたいことがあるフランス人でも、のっぴきならない事情でデモに参加できない時もあります。そんなフランス人のためのサービスが「Wistand」。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...