驚くほどの破格値で、フランスの「古城のオーナー」に!

写真の「Ebaupinay Castle」は、フランス革命期の1796年に起きた「ヴァンデの反乱」で焼かれてしまったお城。復元・保存には多額の費用が必要で、共同オーナー権を売ることで、その一部を資金に充てる仕組みです。復元が実現すれば、観光業にも期待できますしね。

で、驚きなのは60ユーロ(約7,700円)という値段設定!あまりに安くて目を疑いましたが、何度見ても60ユーロです。間違いありません。

こちらのプロジェクトページから支援すれば、所有権に関する情報にアクセスするための会員カードがもらえます。

“共同”とはいえ、オーナーはオーナーです。「フランスに城持ってるんだよね」と言ったところで嘘にはなりません!

というわけで、いかがですか?

「古城のオーナー」フランス「古城のオーナー」フランス「古城のオーナー」フランス「古城のオーナー」フランス
Top image: © Dartagnans
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

フランスの航空会社「エールフランス」が、キャンセルをしたフライトのチケットを売りさばけるWEBサイトを創設しました。
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
どんなに大声で訴えたいことがあるフランス人でも、のっぴきならない事情でデモに参加できない時もあります。そんなフランス人のためのサービスが「Wistand」。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
建設会社の「淺沼組」が樹齢130年の吉野杉の端材を用いてつくった「森の香り」のプロダクト。
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
ここ最近で一番「いいな」と思ったリノベかもしれません。あるオーストラリア人家族が4年ほどかけて生まれ変わらせたのは、18世紀に建てられた「南フランスの古城...
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
フランスで「iPhone 12」シリーズを購入する場合は「イヤーポッズ」が付いてくるそうだ。
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
いつでもどこでも聴ける「Podcast」より、「おいしいコンテンツ」だけをピックアップ!
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
フランス軍が、未来で起こりうる脅威に備えるために、SF作家を雇ったそうなのだ。4〜5人で構成されるチームとして活動するという。
「Pass Culture」という名のアプリは、まるで出会いを求めるマッチングアプリのように気軽にイベントを見つけることができます。文化や芸術に振れる若者...
フランスの山に映しだされるリアルなクマやオオカミ。同国を拠点に活動するデジタルアーティストJulein Nonnonさんが手がけるプロジェクションマッピン...
「畑にパンツを埋めてください」。フランスの農業会議所が農家に指示した内容は、とっても興味を引きます。今日(5月27日)から6月2日までにパンツを埋めて、8...
フランスに暮らすAdrien Locatelliが、聖書とコーランのテキストの一部を自分の体内に取り入れました。
食べかけの状態が立体化された、ロゴもキャッチコピーもないフランスの「マクドナルド」の最新の路上広告がシャレてる。
「日本でフランスパンが1番売れる日って、いつか知ってる?」という質問。答えは、ディナーにチキンやローストビーフを用意しちゃう昨日、今日。そのきっかけはDO...

おすすめ記事

浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「警視庁警備部災害対策課」が2018年10月に公開した「マスクでメガネが曇らない方法」が、今、海外で話題となっている。
普段何気なく着ているつもりのブラも、時代やマインドが反映されていることが分かるおもしろい結果に。
窓ガラスにはシンデレラの物語が美しいステンドグラスで描かれていたり、魔法の鏡からはシンデレラの映画が流れていたり、おとぎの世界に浸ることができる仕掛けがた...
2023年に向けて開発中の「虎ノ門・麻布台プロジェクト」の地に、ブランデッドレジデンス「アマンレジデンス 東京」とラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」が開業する。
童話で読んだお菓子の家のように、すべてがワードローブでできた「洋服の家」がコンセプト。500点以上のファッションアイテムが着替え放題、一部を除いて気に入...