完成まであと6年かかる城。そこには壮大なロマンがあった。

フランスのブルゴーニュ地方にあるゲドロン城。

いかにも古そうな感じですが、実はこれ、昔からあるものではなく、1997年から建造を開始したもの。6年後の2023年に完成予定なのだそうです。

ゲドロン城の建築には、ある1つのルールがあります。それは「13世紀の建築技術のみを使って城を完成させる」というもの。建築技術が発展した21世紀で、ほとんど手作業で作られているのです。

壮大な歴史的ロマンが詰まったゲドロン城建造プロジェクトは大きな話題を呼んでいます。

「彼らの年表」において
今は1248年のフランス

Be00aee5440e0a9d4a05ac778217088bf60de7d6

この壮大なプロジェクトを開始したのは、Michel GuyotさんとMaryline Martinさんです。

Michelさんはフランスのサン・ファルゴー城の所有者であり、その城の建築様式について研究していました。その研究の結果、現在のサン・ファルゴー城の石の壁の下には中世の赤レンガの壁があることが分かったそう。

そこでMichelさんは、中世に建てられたかつての城の姿を描き、現代に蘇らせようと考えました。

C3c9bfe0b4c97197add0b5ccc59edeea9b5282fe538b5b20123f68f655b0704a498f500ed3ba99729880b42f9b51f2e676d6bb8233b991362875de41451245e54a5ea9e630787770a8af58637eca16d6

そして始まったプロジェクトが、ゲドロン城建設プロジェクト。

Michelさんは、プロジェクトの賛同者であるMarylineと、当時のサン・ファルゴー城が建てられたのと同じ、13世紀の文書に記された技術のみを使って城を建造するというルールを取り決めました。

レンガを焼き、木材で作った機械でそれを積み上げ、必要な小道具もすべて手作業で作り上げていきます。

918547dbf71821ad9d4d91455eba3e6e97d000e0B287cd9d9667d99cd8a9e6195c5aa991e2389e7f

ゲドロン城には、架空の背景があります。

中級の封建領主Seigneur Guilbertは、1226年の反乱時に戴冠し、この土地に城を作ることに決めます。城の建築が決まったのは、1228年。ゲドロン城と名付けられた赤レンガの城は、約16年をかけて1253年に完成する予定です。

ゲドロン城の架空の年表を見ると、現在は1248年にあたります。

0e4f6c9f997407ab4c14c711c68c8eb322c49bbc8057bc1ef59f29f035b59f4c84509f34e607ef3604632255d49a067a2ba302ebd04acb61784c56df

この壮大なプロジェクトに惹かれ、年間約30万人もの観光客がゲドロン城を訪れています。

作業員は建築様式だけでなく、生活も13世紀風を貫いていて、当時の服装に身を包み、畑を耕し、家畜を育て、小麦を手作業で挽いて、手作りの釜でパンを焼いて食事をしているそう。本当は存在しない架空の13世紀フランスを訪れたような、ファンタジックな感動があります。

日常からかけ離れた空間に建てられる、架空の物語を持った中世のお城。話を聴くだけでも、そのロマンにわくわくしてしまいます。6年後の2023年…いえ、1253年の完成が楽しみです。

Licensed material used with permission by Guedelon
ここ最近で一番「いいな」と思ったリノベかもしれません。あるオーストラリア人家族が4年ほどかけて生まれ変わらせたのは、18世紀に建てられた「南フランスの古城...
徳島県にある四国最古の禅寺、城満寺にて、奉納献花が行われた。海陽町の花材を使って、土地の龍神をモチーフにした石庭を造るという試みに込められた思いとは? 華...
英・ウェールズの北西にあるカーナーヴォン城で、あるインスタレーションの展示が行われました。なんと、キャンバスに選ばれたのはお城そのもの。ひとつの窓から何千...
まさにハロウィンの最高峰。この企画を知ってしまった以上、どんなに完成度の高いコスプレも物足りなく見えてしまう。従来のハロウィンナイトにはもう心が躍らなくな...
5月21日にラトビア銀行が、蜂の巣型の5ユーロ「Honey Coin」を3,000枚発行しました。
ゆで卵ではなく「煮卵」でつくるタマゴサンド。
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
建築模型には、建築家の思考プロセスが集約されています。つまり、それは完成度の高い彫刻作品なのです!それが名だたる有名建築であればなおのこと。2016年6月...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
ここは兵庫県篠山市。約400年の歴史を持ち、国の史跡に指定されている篠山城の城下町であるこの場所に、ぜひ訪れてみたい独創的なコンセプトのホテルがあります。
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
非日常的で、どこか近未来を連想させる工場夜景。数年前からブームとなった“工場巡礼”は、無機質な夜の表情を鑑賞しようというファンで賑わっているようです。ラン...
部屋の中央に、むき出しのサイロが…。そうなんですこの家、古くなった工場をリノベーションしているんです。改装したのは、家主でスペインの建築家のRicardo...
グルメやショッピングなど、私たちが旅行に出かける目的はさまざまです。が、「見たい景色がある」ということは、その最たるものと言えるのではないでしょうか。日本...
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
愛は文学や歴史の中で形を変えてきた概念です。中でも18世紀に生まれた「ロマン主義」という考え方は、人と人が愛し合うということに、ひとつのテンプレートを作っ...
この2つの動画を見てみましょう。まずはひとつ目。羽根つきのロボットが宙に浮いています。羽ばたいて飛べる小型の昆虫型ロボットが開発されたんですね!しかし、動...
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
まるで、大きなプラモデルみたいな印象だった。動画を見ていてそう感じたのだ。だって、ほとんどの作業は手で木を組み合わせるだけ(さすがに、土台を設置する際にド...
ドイツの古城やメキシコの遺跡を目の前にして、こんなことを考えたことってありませんか?「一度でいいから住んでみたい」と。そんなとき「Airbnb」を使えば、...
「再生利用可能エネルギー」という言葉自体はよく見かけるようになりました。が、まだまだ有効活用しているよ、という人は少ないですよね。でも、世界的には着実にそ...
愛知県犬山市(いぬやまし)は、日本最古の城「犬山城」がそびえ立ち、雰囲気のいい城下町が今も元気だ。そこに、かつてはタカラヤという名の家具屋さんだった、5階...
2016年もあっという間に年末ですね。今年も、世界中でたくさんの素敵なホテルが誕生しました。年明けを迎える前に、今年オープンした世界の最新ホテル10軒をご...
夏に非常に暑くなることから、「中国三大ボイラー」とも言われる都市のひとつ、南京。この南京の暑さを有効活用して造られた、2018年に完成するビルは、まるで森...