ウェールズのお城が「真っ赤なポピー」で涙を流す、美しくも悲しい理由

英・ウェールズの北西にあるカーナーヴォン城で、あるインスタレーションの展示が行われました。なんと、キャンバスに選ばれたのはお城そのもの。ひとつの窓から何千もの真っ赤なポピーの花が、流れ出ているのです。

大規模な作品だけに、見るだけで圧倒されてしまいますが、この作品にはあるメッセージが込められていたのです。

戦死者を悼む
ポピーの花に託された想い

28acf0319f05e4025bf12fd91e7c6771cb5a9cdf

この「Weeping Window(涙を流す窓)」は、セラミックアーティストであるポール・カミンズの手によるもの。この作品は、11月11日の記念日を迎えるための準備のひとつなのです。

毎年11月11日は「戦没者 追悼記念日」。ポピーの花をシンボルに、第一次世界大戦の戦死者たちを追悼する日なのです。約6,000ものセラミックでできたポピーの花は、失われた命に想いを馳せる意味があるそうです。

3d74cecdd89d0076806b743cb51b58a70980cd9f

ポピーの作品シリーズは
イギリス中に

3df45b7c4cea188e9c9eab60ab9a64c1b5063963

この作品は、第一次世界大戦で亡くなった人たちを追悼し、イギリス中を巡っている作品の中のひとつ。このお城だけではなく、セント・マグナス大聖堂など、他の建造物でも行われています。

「Blood Swept Lands and Seas of Red(大陸も海も、血が赤に染めた)」という、ある兵士の言葉から、真っ赤なポピーの着想に至ったそうです。

3a58c0792ca5a0928540596043264563ce43ca7168e405fcea5dfa1e43a9873f2351b0fa12a3641111ffbb936471eeea52e2375abaa0e401b2dbc7c3
Licensed material used with permission by Bolton & Quinn Ltd
Photo by Richard Stonehouse
船尾修さん。アジア・アフリカでドキュメンタリー作品を撮り続けている写真家。彼は撮影でフィリピン・ルソン島の世界遺産に登録されている棚田に訪れた時、そこがか...
昔の「大切な人たち」を思い浮かべながら、読んでみてください。
フランスのブルゴーニュ地方にあるゲドロン城。いかにも古そうな感じですが、実はこれ、昔からあるものではなく、1997年から建造を開始したもの。6年後の202...
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
人気、実力共にフランスを代表する監督になったフランソワ・オゾン。最新作『婚約者の友人』は「嘘」について描かれた映画だ。第一次世界大戦後のフランスとドイツを...
ユニセフが2016年9月に発表した「移民・難民危機レポート」によると、世界では約5,000万人もの子どもたちが、ふるさとを奪われているそうです。しかし難民...
この絵を見たとき、なんだかとても悲しくなった。なぜかというと、笑顔の下で泣いている彼女の気持ちが、少しだけわかるような気がしたから。作者であるvinci....
痛いわけでもないし悲しいわけでもないのに、SEXによって溢れてくる涙があるのです。調査によると、46%の女性が「行為によって、なぜか泣いたことがある」と答...
第二次大戦が終結して70年の月日が経ちました。戦争体験者の高齢化が進み、次世代へと語り継ぐ人々が年々少なくなっているなか、戦争の記憶の風化が懸念されていま...
すりおろしたチーズ、スプーンいっぱいのサワークリーム、そしてピリッとしたシャープさを加えてくれる玉ねぎのピクルスを添えて。
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
涙には、ストレスを体から追い出す効果があります。ストレスを溜め込むと病気の原因にもなるので、その効果は絶大なんです。涙についての研究を進める神経科学者、ウ...
人類の歴史は戦争とともにある。嫌が応にもそれを実感させられる内容の動画がこちら。人類の歴史を過去1,000年遡り、世界史に影響を与えてきた主な戦争をイメー...
まさにハロウィンの最高峰。この企画を知ってしまった以上、どんなに完成度の高いコスプレも物足りなく見えてしまう。従来のハロウィンナイトにはもう心が躍らなくな...
この2つの動画を見てみましょう。まずはひとつ目。羽根つきのロボットが宙に浮いています。羽ばたいて飛べる小型の昆虫型ロボットが開発されたんですね!しかし、動...
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
、生活の場が飲食店という幼少期の実体験から学んだ人生観がおもしろい!飲食店におけるルールなれど、どんな仕事にも通づる大切にすべきことがあります。
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
アメリカでは、5月の最終月曜日は祝日。メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)です。軍隊になじみのない人には、ともすればパーティーへ行くための祝日として捉えら...
すでに広く報じられているように、2015年11月30日(月)、漫画家・水木しげるさんが93歳でこの世を去りました。『ゲゲゲの鬼太郎』や『河童の三平』、『悪...
非日常的で、どこか近未来を連想させる工場夜景。数年前からブームとなった“工場巡礼”は、無機質な夜の表情を鑑賞しようというファンで賑わっているようです。ラン...
夢の中の自分が泣いていた…。何か不幸の予感のように思えますよね。ところが、実際はその逆でなく夢は「吉夢」、つまり幸運の予兆。夢の中の涙の意味を解明していき...
ダライ・ラマ14世が「戦争の現実性」について語った、言葉があります。人種や宗教を超えた“世界平和”実現に向けて、いま一人ひとりが何をすべきなのか?世界を行...