日本三大夜城「高知城」が、チームラボの光のアートに包まれる

今年も日本三大夜城の「高知城」が、インタラクティブな光のアート空間に変わる。「チームラボ 高知城 光の祭 2019-2020」は、2019年11月8日(金)〜 2020年1月13日(月・祝)の開催だ。

高知の街の象徴である高知城は、1601年から約10年の歳月をかけて築かれ、その後、火災にあいながらも江戸時代中期には創建当初の姿で再建されている。日本で唯一、天守だけでなく本丸全体の建造物がほぼ完全に現存する貴重な城だ。

「チームラボ 高知城 光の祭」では、そんな江戸時代の姿を今に伝える高知城が、人々の存在によって変化するインタラクティブな光のアート空間になるという。

人に押され倒れかけると光の色を変化させ、色特有の音色を響かせる光のovoid(卵形体)や、自立し、強く輝いたり消えたりし、まるでゆっくりと呼吸しているかのようにふるまう光の球体。史跡である、自然石をほとんど加工せずに積み上げた高知城の石垣を使ったインスタレーション作品、全長約500mに渡って光り輝く石垣に、本丸と二ノ丸を結ぶ渡り廊下の襖に、波を描いたインスタレーション作品など、見所は多い。

チームラボファンはもちろん、まだ彼らの作品を体験したことのない人もきっと楽しめるに違いない。

©2019 チームラボ
©2019 チームラボ
©2019 チームラボ

チームラボ 高知城 光の祭 2019-2020

【公式ホームページ】https://www.teamlab.art/jp/e/kochi-castle/

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事