高知発の乳酸菌、宇宙へ行ってグミになる。

宇宙について、特別興味があったわけでは、ない。けれど先日なんとな〜く誘われて、なんとな〜くJAXAの一般公開に行くことに。そしてそこで、不思議なグミに出会ったのだ。その名も、「宇宙のグミ」。パッケージには、

高知県のひまわり乳業さんが

行った乳酸菌の宇宙実験。

ロケットに乗って宇宙から生還した乳酸菌の

子孫たちをおいしいグミキャンディにしました。

とな。ビジュアルも、味も、乳酸菌も、いろいろ気になったものの、中身は全く見えないアルミ地仕様。とりあえず、なんか凄そうだから買ってみた。

日本の乳酸菌がロシアの
ロケットに乗ったワケ

そもそも気になったのはここ。

「当時、高知県の有志の企業が集まって、“夢のあることをしよう”とやっているプロジェクトがあったんです。第一弾ではお酒をつくる酵母菌を宇宙へ飛ばし、帰還したもので“土佐宇宙酒”という日本酒を作っていました。このプロジェクトのメンバーにうちの社長がいて、次はお宅の乳酸菌を乗せてみてはどうかと提案されたのがきっかけでした」

と話すのは、グミの中の乳酸菌、通称「宇宙乳酸菌」を扱うひまわり乳業の岡林さん。宇宙ビジネスで県内の産業活性化を目指そうとしたものだったそうで、「ひまわり乳業の市販のヨーグルトに使っていたもの」と「奈良漬けから独自に採取したもの」の2種の乳酸菌が、仲介業者を経てロシアのソユーズロケットに搭乗。カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から、宇宙に打ち上げられることになったんだとか。

乳酸菌発射の朝。カザフスタン・バイコヌール宇宙基地にて、ひときわ白く光るのがソユーズの発射台。

その後、およそ10日間の宇宙の旅を経て、乳酸菌は地球に生還。ちなみに宇宙に行ったあと、乳酸菌に変わったことは?

「後日、それを使ってヨーグルトを作ってみたら、発酵のスピードが若干速くなりました」

おおぉ。ということはそれによって何か嬉しいことが?

「あ、でも、発酵に6〜7時間かかっていたのが5時間になったっていうくらいですけどね」

おおぉぉぉ、想像以上に控えめな変化だ。

この2種の乳酸菌は当時「宇宙ヨーグルト」として製品化されたのち、残りを凍結保存され、時を経てその子孫がグミの中へと入れられることになったのだ。

宇宙について
興味を持つきっかけに

そして、この宇宙乳酸菌を使った商品を企画した株式会社BCCは、宇宙関連の商材を全国の科学館・博物館に卸している会社。

「宇宙を身近に感じてもらえるような商品を開発している中で、東京の仲介業者さんに宇宙に行ったひまわり乳業さんの宇宙乳酸菌を紹介されたんです。丁度お菓子分野でグミの市場が上がっていたこともあり、この宇宙乳酸菌とグミを組み合わせて何かできないかと企画されたのがこの“宇宙のグミ”です」

と担当の立元さん。中身が全く見えなくてヤキモキしたこのパッケージにも意味があって…。

宇宙への憧れや未来感を表現するため、グミそのものの写真やイラストは使いませんでした。アルミ地を活かしながらも、グラフィカルなデザインに。そして特にグミが好きな若い世代にも手にとってもらえるような、かわいさも心がけています」

確かに未来感。そして袋の中から出てくるのは、丸くて青い半透明のグミ。

これは、“地球”をイメージして作っているのだそうだ。見た瞬間、きっとみんなあの名言を言わずにはいられなくなると思う。

 「地球は青かった」by ガガーリン

 これね。

で、「宇宙乳酸菌」入りの
グミってどんな味?

なんとな〜く見つけたグミ、調べたら結構奥の深い商品で感動。もったいなくて食べられなくなってしまった。けど、味のレポートなしで終わるとクレームがきそうなので思い切って開封だ。えい!

袋を開けた途端に広がったのは、ヨーグルトのような爽やかな香り。ぽいっと口に入れると、予想以上に優しいソーダ味の甘みが広がった。さらに噛むと、あぁっ、グミの中心部からは例の乳酸菌入りゼリィがトロリ…。

ここで目をつむってみる。そして、自分の口に入れたものが、かつて宇宙を旅してきたものなんだなぁと思いながら、改めてグミを噛み締める。さすればもう、心は宇宙にいるかのように壮大な、パラダイス銀河な気分になったのであった。

かつてこの乳酸菌を宇宙に飛ばした高知県の関係者のみなさん。確かにこれは、“夢のあること”に間違いない。そしてめちゃくちゃロマンティック!

ご購入は、宇宙の店より。

Licensed material used with permission by ひまわり乳業株式会社, 株式会社BCC
宇宙探索ソフト、SpaceEngine。自分で惑星をつくったりマニュアルを覚えて宇宙船を操作したり。とにかくリアルです!
こっちはもう、夏真っ盛りだわよ〜。
2019年10月、「JAXA」の「宇宙日本食」として認証された「ホテイフーズ」計らいの「やきとり缶」。それを記念して3月2日より「宇宙日本食」記念2缶セッ...
宇宙とリアルタイムでつながれる遠隔操作ロボット「space avatar(宇宙アバター)」の利用実証プロジェクトが本格スタート!
2021年1月16日まで、カナダ・オンタリオ州トロントの地下鉄車両内で「心の健康」に関するプロジェクト「Life on the Line」がおこなわれてい...
11月5日、「アディダス」は「国際宇宙ステーション」の協力のもと宇宙空間での技術開発や研究をおこなうと発表した。アスリートのパフォーマンス向上に貢献するの...
「UHA味覚糖」が開発を進めていた宇宙日本食ミルクキャンディ「宇宙食 特濃ミルク8.2」。ついに「JAXA」の認証を受け、米国の宇宙企業「スペースX」が開...
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
10月16日、「Virgin Galactic」が宇宙旅行者向けのオーダーメイドの宇宙服を発表した。デザインは「Under Armour」が手がけている。
宇宙開発企業「SpaceX」は、有人宇宙船「Crew Dragon」の打ち上げから地球への帰還までのプロセスが3分間で理解できる動画を公開した。
毎年話題の「Australian Firefighters Calendar(オーストラリアの消防士カレンダー)」から、2021年版が登場。28年目を迎え...
日本でのスペースポート開港を目指す「一般社団法人Space Port Japan」が、今年6月に発表した「スペースポートシティ構想図」にワクワク。
もともとは宇宙飛行士のトレーニングの一環として、出発前の宇宙飛行士たちに宇宙の香りに慣れてもらうために作られた「NASA」謹製のフレグランス「Eau de...
2025年に完成予定の商用宇宙ステーション「Von Braun Rotating Space Station(ボン ブラウン ローテティング ステーション...
「宇宙の香り」のシャワージェルが発売。宇宙飛行士が船外活動の際に着用していた宇宙服に付着する、フルーツのような香りの正体は「ギ酸エチル」という成分。ラズベ...
実はすぐそこまで来ている、宇宙旅行に行ける未来。現状、いつから行けるのか、いくらで行けるかについて解説していきます。
一見「デコレーションケーキ」、解凍すると「パスタ」に大変身する商品「Decopa」。監修は、ヒルトンやシェラトンなどで経験を積んだ本格フレンチシェフ・井川...
食事への集中を妨げる主要因となっているスマートフォンを手放し、食事と向き合うことをサポートする「バランス皿」。
9月15日、「Hotels.com」が近未来で可能になるだろう宇宙旅行に備えて、宇宙ホテルの宿泊予約を受け付けを開始した。
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
Ani Liuさんはダイヤル式で3つの匂いを嗅ぎ分けられるネックレス型のアイテムを開発して、地球の香りを宇宙飛行士に楽しんでもらうプロジェクトをおこなっている。
有人宇宙飛行の商業サービスを目指している宇宙旅行会社「Virgin Galactic」が、宇宙船として使用する予定の「VSS Unity」の客室デザインを...
イラストレーターのThomas Duboisが描くのは、「宇宙の先」を考えさせるリアルな物語。国際宇宙ステーションが爆発し、無重力空間を漂うこととなった宇...
9月30日、「NASA」が宇宙から投票する方法を公開した。宇宙飛行士たちは、軍に従事する人やその家族と同様、不在者投票を申請する必要がある。そして、宇宙ス...