高知発の乳酸菌、宇宙へ行ってグミになる。

宇宙について、特別興味があったわけでは、ない。けれど先日なんとな〜く誘われて、なんとな〜くJAXAの一般公開に行くことに。そしてそこで、不思議なグミに出会ったのだ。その名も、「宇宙のグミ」。パッケージには、

高知県のひまわり乳業さんが

行った乳酸菌の宇宙実験。

ロケットに乗って宇宙から生還した乳酸菌の

子孫たちをおいしいグミキャンディにしました。

とな。ビジュアルも、味も、乳酸菌も、いろいろ気になったものの、中身は全く見えないアルミ地仕様。とりあえず、なんか凄そうだから買ってみた。

日本の乳酸菌がロシアの
ロケットに乗ったワケ

そもそも気になったのはここ。

「当時、高知県の有志の企業が集まって、“夢のあることをしよう”とやっているプロジェクトがあったんです。第一弾ではお酒をつくる酵母菌を宇宙へ飛ばし、帰還したもので“土佐宇宙酒”という日本酒を作っていました。このプロジェクトのメンバーにうちの社長がいて、次はお宅の乳酸菌を乗せてみてはどうかと提案されたのがきっかけでした」

と話すのは、グミの中の乳酸菌、通称「宇宙乳酸菌」を扱うひまわり乳業の岡林さん。宇宙ビジネスで県内の産業活性化を目指そうとしたものだったそうで、「ひまわり乳業の市販のヨーグルトに使っていたもの」と「奈良漬けから独自に採取したもの」の2種の乳酸菌が、仲介業者を経てロシアのソユーズロケットに搭乗。カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から、宇宙に打ち上げられることになったんだとか。

83646c9d32d630ed519e70326ea561bf9a2760cf

乳酸菌発射の朝。カザフスタン・バイコヌール宇宙基地にて、ひときわ白く光るのがソユーズの発射台。

その後、およそ10日間の宇宙の旅を経て、乳酸菌は地球に生還。ちなみに宇宙に行ったあと、乳酸菌に変わったことは?

「後日、それを使ってヨーグルトを作ってみたら、発酵のスピードが若干速くなりました」

おおぉ。ということはそれによって何か嬉しいことが?

「あ、でも、発酵に6〜7時間かかっていたのが5時間になったっていうくらいですけどね」

おおぉぉぉ、想像以上に控えめな変化だ。

この2種の乳酸菌は当時「宇宙ヨーグルト」として製品化されたのち、残りを凍結保存され、時を経てその子孫がグミの中へと入れられることになったのだ。

宇宙について
興味を持つきっかけに

017bdac38ff3c4ec888f37fdcb09d0eabbaa0685

そして、この宇宙乳酸菌を使った商品を企画した株式会社BCCは、宇宙関連の商材を全国の科学館・博物館に卸している会社。

「宇宙を身近に感じてもらえるような商品を開発している中で、東京の仲介業者さんに宇宙に行ったひまわり乳業さんの宇宙乳酸菌を紹介されたんです。丁度お菓子分野でグミの市場が上がっていたこともあり、この宇宙乳酸菌とグミを組み合わせて何かできないかと企画されたのがこの“宇宙のグミ”です」

と担当の立元さん。中身が全く見えなくてヤキモキしたこのパッケージにも意味があって…。

宇宙への憧れや未来感を表現するため、グミそのものの写真やイラストは使いませんでした。アルミ地を活かしながらも、グラフィカルなデザインに。そして特にグミが好きな若い世代にも手にとってもらえるような、かわいさも心がけています」

確かに未来感。そして袋の中から出てくるのは、丸くて青い半透明のグミ。

Ffb3679a975ec63a79227e5234e6e0aad880967d

これは、“地球”をイメージして作っているのだそうだ。見た瞬間、きっとみんなあの名言を言わずにはいられなくなると思う。

 「地球は青かった」by ガガーリン

 これね。

で、「宇宙乳酸菌」入りの
グミってどんな味?

5127ff02e8883ba08a57fad946e04c813c46a9fd

なんとな〜く見つけたグミ、調べたら結構奥の深い商品で感動。もったいなくて食べられなくなってしまった。けど、味のレポートなしで終わるとクレームがきそうなので思い切って開封だ。えい!

袋を開けた途端に広がったのは、ヨーグルトのような爽やかな香り。ぽいっと口に入れると、予想以上に優しいソーダ味の甘みが広がった。さらに噛むと、あぁっ、グミの中心部からは例の乳酸菌入りゼリィがトロリ…。

ここで目をつむってみる。そして、自分の口に入れたものが、かつて宇宙を旅してきたものなんだなぁと思いながら、改めてグミを噛み締める。さすればもう、心は宇宙にいるかのように壮大な、パラダイス銀河な気分になったのであった。

かつてこの乳酸菌を宇宙に飛ばした高知県の関係者のみなさん。確かにこれは、“夢のあること”に間違いない。そしてめちゃくちゃロマンティック!

ご購入は、宇宙の店より。

Licensed material used with permission by ひまわり乳業株式会社, 株式会社BCC
こっちはもう、夏真っ盛りだわよ〜。
イラストレーターのThomas Duboisが描くのは、「宇宙の先」を考えさせるリアルな物語。国際宇宙ステーションが爆発し、無重力空間を漂うこととなった宇...
日進月歩で研究が進み、ますます宇宙への進出が現実を帯びてきました。とはいえ宇宙に出るには当然、特別な訓練が必要です。今までは選ばれた数少ない宇宙飛行士しか...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
乳がんを患い悲嘆にくれる女性が、否定的な言葉を次々口にするところから始まるこの動画。けれど、そこにある仕掛けが隠されていた……。
「種子島宇宙芸術祭」は、日本で唯一の大型ロケット発射施設を有するなど、宇宙を固有資源とする種子島を舞台に開催予定。2012年からプレイベントとして開かれて...
宇宙ステーションの乗組員53名のために、シェフたちが無重力空間でのPIZZA作りにチャレンジしました。ほんとうに大丈夫?
340日間に及ぶ宇宙への長期滞在を終え帰還した、宇宙飛行士のスコット・ケリー氏。アメリカ人宇宙飛行士として最長滞在記録を更新し話題になりましたが、そのカラ...
宇宙旅行は、かつて宇宙飛行士のみに許された特別なものでしたが、現在旅行会社がプランを取り扱うなど、民間人にも夢ではなくなって来ました。今度は「宇宙ホテル」...
ウクライナのスイーツショップ「Musse」には宇宙色のエクレアがあり、まるで銀河を流し込んだかのように美しい。宇宙のような色・光沢・模様は専用のミラーグレ...
新神戸駅から車で1時間半。向かうは兵庫・丹波市(たんばし)。決してアクセスがいいとは言えないこの街へ向かった目的は、ズバリ「農家民宿」です。宿泊するのは、...
2015年12月24日、「JAXA」が出した求人応募に注目が集まりました。筑波宇宙センターに2週間入所し、5回通所するだけで38万円の協力費がもらえるそう...
NASAの公式ホームページに、国際宇宙ステーションから見る地球の日の出の写真が投稿された。発表したのは、宇宙飛行士のスコット・ケリー氏。8月10日に撮影し...
そんな“果てしないロマンチック”から生まれた逸品を紹介しましょう。この「宇宙醤油」は、確かめようのない思いつきがキッカケとなり、YK STORESが開発し...
2018年に民間人2人を乗せたロケットで、月周回計画を行うと発表したスペースX。夢の未来が着実に近づいている感触はあるんだけど、それでもまだまだ先の話。け...
数多くの候補者のなかから、特別に優秀な人材だけがそのチャンスを掴むことのできる職業、それが宇宙飛行士。地球を遥か離れた宇宙に飛び立つのは、人類の中でもほん...
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
地球からおよそ400キロ上空を飛行する、国際宇宙ステーション(ISS)。その内部を映し出した映像が、NASAによって公開された。およそ18分間の4K動画は...
Ani Liuさんはダイヤル式で3つの匂いを嗅ぎ分けられるネックレス型のアイテムを開発して、地球の香りを宇宙飛行士に楽しんでもらうプロジェクトをおこなっている。
地球から遠く離れた深宇宙。その探査研究情報をまとめているポール・ギルスター氏は、自身が運営しているwebサイト「Centauri Dreams」で、宇宙か...
国際宇宙会議にて、SpaceX社は地球上の主要都市を、約30分で結ぶ計画を発表した。可能にするのは、ロケット型宇宙船「BFR」。火星移住計画様に開発された...
史上初の試みです。日本時間4月27日(木)午前2時30分頃より、地球から250マイル(約400キロメートル)離れた国際宇宙ステーションから、4Kの最高画質...
「NASA」が宇宙などで撮られた写真や動画、音声ファイルを検索し、ダウンロードできるサイト「NASA Image and Video Library」を新...