「JAXA」が認めた「やきとり缶」!3月2日より記念セットが全国で発売開始

世界初の缶詰やきとりとして、1970年の発売以来ロングセラーを続ける「ホテイフーズ」の「やきとり たれ味」。あの「やきとり缶」が、2019年10月に「JAXA(宇宙航空研究開発機構)」「宇宙日本食」として認証されたのをご存知だろうか。

それを記念して「JAXA認証 宇宙日本食」のロゴが入ったやきとり缶詰(たれ味、柚子こしょう味)2缶セットが3月2日より全国で発売開始となる。

といっても、中身は従来のものと一緒。違いはパッケージにあり。普段はTシャツに前掛けのメインキャラクター「ヤキヤキ親父」が宇宙服に衣替え。側面には今回のJAXA認証の経緯と、実際に国際宇宙ステーション(ISS)滞在時に食べられる予定の無地缶がプリントされている。

©株式会社ホテイフーズコーポレーション

「ところで『宇宙日本食』ってなんのこと?」という人にご説明を。

JAXAが認める「宇宙空間で飛び散らない」「常温で1年半以上の賞味期限」「限られた設備で調理可能」といった基本条件のほか、「宇宙日本食認証基準」をクリアした商品のこと。これまでにも「柿の種」「カロリーメイト」「カップヌードル」「ビスコ」といった、意外にも我々が慣れ親しんだ味が宇宙へと旅立っている。

宇宙での食事は単なる栄養補給にとどまらず、娯楽のひとつとしてもストレス緩和に大きな意味をもつという。そのため、宇宙食のほかに各国ごとにこうした“ご当地宇宙食”の開発・選定が進められている。

いつものアノ味が宇宙とつながっていたなんて!

Top image: © 株式会社ホテイフーズコーポレーション
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2015年12月24日、「JAXA」が出した求人応募に注目が集まりました。筑波宇宙センターに2週間入所し、5回通所するだけで38万円の協力費がもらえるそう...
ロシアのソユーズロケットに乗って宇宙を旅した、高知県ひまわり乳業の乳酸菌。その子孫たちを使って作られたグミ、その名も「宇宙のグミ」を紹介する。商品開発の経...
大人気の「フルーツバター」を販売する、山形県に本社を構える「株式会社セゾンファクトリー」から注目の新メニューが誕生!その名も「フルーツバターのどらやき」。
宇宙探索ソフト、SpaceEngine。自分で惑星をつくったりマニュアルを覚えて宇宙船を操作したり。とにかくリアルです!
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
恋人に好意を抱けば抱くほど感じてしまう、やきもちや嫉妬心。何となく、女性の方が嫉妬するイメージが強いですが、なにもやきもちをやくのは女性ばかりではありませ...
11月5日、「アディダス」は「国際宇宙ステーション」の協力のもと宇宙空間での技術開発や研究をおこなうと発表した。アスリートのパフォーマンス向上に貢献するの...
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
こっちはもう、夏真っ盛りだわよ〜。
10月16日、「Virgin Galactic」が宇宙旅行者向けのオーダーメイドの宇宙服を発表した。デザインは「Under Armour」が手がけている。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
宇宙開発企業「SpaceX」は、有人宇宙船「Crew Dragon」の打ち上げから地球への帰還までのプロセスが3分間で理解できる動画を公開した。
3月7日(土)と8日(日)の2日間、代々木公園、NKH、NHKホール前広場にて、ふるさとの食を味わいながら、地産地消や食育をあらためて考える大規模イベント...
9月23日、NASAが6億ドルで「宇宙望遠鏡」を打ち上げると発表。今回の宇宙望遠鏡の計画の裏には、今年7月25日に全世界を驚かせた「小惑星のニアミス」が関...
「宇宙の香り」のシャワージェルが発売。宇宙飛行士が船外活動の際に着用していた宇宙服に付着する、フルーツのような香りの正体は「ギ酸エチル」という成分。ラズベ...
2018年に民間人2人を乗せたロケットで、月周回計画を行うと発表したスペースX。夢の未来が着実に近づいている感触はあるんだけど、それでもまだまだ先の話。け...
今回は池袋にある「線條手打餃子専門店」。カラフルでかわいい餃子が売りのこちらのお店。ベジタリアンにも対応しているヘルシーな餃子専門店です。
ファッション、アート、音楽を扱うニューヨーク拠点の老舗雑誌『PAPER MAGAZINE』の表紙にレディー・ガガが登場。サイボーグをイメージしたヌード姿が...
2025年に完成予定の商用宇宙ステーション「Von Braun Rotating Space Station(ボン ブラウン ローテティング ステーション...
宇宙に行きたい人、手をあげて!2015年12月14日、NASAが「求人募集」を開始します。どうやら火星探査に必要な300名以上の宇宙飛行士を集めようとして...
宇宙ステーションの乗組員53名のために、シェフたちが無重力空間でのPIZZA作りにチャレンジしました。ほんとうに大丈夫?
イラストレーターのThomas Duboisが描くのは、「宇宙の先」を考えさせるリアルな物語。国際宇宙ステーションが爆発し、無重力空間を漂うこととなった宇...
大好きな彼が自分以外の誰かと連絡をとってる…そんなことを知ったらもやもやした気持ちでいっぱいになってしまいますよね。でも、そんな時、真正面から問い詰めると...
Ani Liuさんはダイヤル式で3つの匂いを嗅ぎ分けられるネックレス型のアイテムを開発して、地球の香りを宇宙飛行士に楽しんでもらうプロジェクトをおこなっている。