「JAXA」が認めた「やきとり缶」!3月2日より記念セットが全国で発売開始

世界初の缶詰やきとりとして、1970年の発売以来ロングセラーを続ける「ホテイフーズ」の「やきとり たれ味」。あの「やきとり缶」が、2019年10月に「JAXA(宇宙航空研究開発機構)」「宇宙日本食」として認証されたのをご存知だろうか。

それを記念して「JAXA認証 宇宙日本食」のロゴが入ったやきとり缶詰(たれ味、柚子こしょう味)2缶セットが3月2日より全国で発売開始となる。

といっても、中身は従来のものと一緒。違いはパッケージにあり。普段はTシャツに前掛けのメインキャラクター「ヤキヤキ親父」が宇宙服に衣替え。側面には今回のJAXA認証の経緯と、実際に国際宇宙ステーション(ISS)滞在時に食べられる予定の無地缶がプリントされている。

©株式会社ホテイフーズコーポレーション

「ところで『宇宙日本食』ってなんのこと?」という人にご説明を。

JAXAが認める「宇宙空間で飛び散らない」「常温で1年半以上の賞味期限」「限られた設備で調理可能」といった基本条件のほか、「宇宙日本食認証基準」をクリアした商品のこと。これまでにも「柿の種」「カロリーメイト」「カップヌードル」「ビスコ」といった、意外にも我々が慣れ親しんだ味が宇宙へと旅立っている。

宇宙での食事は単なる栄養補給にとどまらず、娯楽のひとつとしてもストレス緩和に大きな意味をもつという。そのため、宇宙食のほかに各国ごとにこうした“ご当地宇宙食”の開発・選定が進められている。

いつものアノ味が宇宙とつながっていたなんて!

Top image: © 株式会社ホテイフーズコーポレーション
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
宇宙とリアルタイムでつながれる遠隔操作ロボット「space avatar(宇宙アバター)」の利用実証プロジェクトが本格スタート!
2015年12月24日、「JAXA」が出した求人応募に注目が集まりました。筑波宇宙センターに2週間入所し、5回通所するだけで38万円の協力費がもらえるそう...
宇宙探索ソフト、SpaceEngine。自分で惑星をつくったりマニュアルを覚えて宇宙船を操作したり。とにかくリアルです!
ロシアのソユーズロケットに乗って宇宙を旅した、高知県ひまわり乳業の乳酸菌。その子孫たちを使って作られたグミ、その名も「宇宙のグミ」を紹介する。商品開発の経...
米「Amazon」は、昨年同社が開催した人工知能(AI)をテーマにしたイベント「re:MARS 2019」において「StyleSnap」という技術を発表。...
大人気の「フルーツバター」を販売する、山形県に本社を構える「株式会社セゾンファクトリー」から注目の新メニューが誕生!その名も「フルーツバターのどらやき」。
恋人に好意を抱けば抱くほど感じてしまう、やきもちや嫉妬心。男性が女性にやきもちをやく原因は、何なのでしょう。行動や言葉じゃ分かりづらいですが、その時の男性...
11月5日、「アディダス」は「国際宇宙ステーション」の協力のもと宇宙空間での技術開発や研究をおこなうと発表した。アスリートのパフォーマンス向上に貢献するの...
こっちはもう、夏真っ盛りだわよ〜。
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
暗闇で光るエコバッグは、特許技術のオーロラのように反射するリフレクター(反射材)を用いて、夜道での安全面とデザイン性の高い普遍的なプロダクトを提案する暗闇...
10月16日、「Virgin Galactic」が宇宙旅行者向けのオーダーメイドの宇宙服を発表した。デザインは「Under Armour」が手がけている。
宇宙開発企業「SpaceX」は、有人宇宙船「Crew Dragon」の打ち上げから地球への帰還までのプロセスが3分間で理解できる動画を公開した。
「スペースX」は宇宙船での“国際宇宙ステーションへのドッキング”をWebブラウザで体験することができるシミュレーターを公開。実際のインタフェースを元にして...
「宇宙の香り」のシャワージェルが発売。宇宙飛行士が船外活動の際に着用していた宇宙服に付着する、フルーツのような香りの正体は「ギ酸エチル」という成分。ラズベ...
9月23日、NASAが6億ドルで「宇宙望遠鏡」を打ち上げると発表。今回の宇宙望遠鏡の計画の裏には、今年7月25日に全世界を驚かせた「小惑星のニアミス」が関...
清掃機器の最大手メーカーであるドイツ「ケルヒャー」が、世界各国の清掃習慣や掃除に対する意識を調べるためにアメリカ、フランス、ロシア、中国、日本など11ヵ国...
7⽉1⽇、着るクーラー「REON POCKET」が「ソニー株式会社」から発売された。
3月7日(土)と8日(日)の2日間、代々木公園、NKH、NHKホール前広場にて、ふるさとの食を味わいながら、地産地消や食育をあらためて考える大規模イベント...
2025年に完成予定の商用宇宙ステーション「Von Braun Rotating Space Station(ボン ブラウン ローテティング ステーション...
2018年に民間人2人を乗せたロケットで、月周回計画を行うと発表したスペースX。夢の未来が着実に近づいている感触はあるんだけど、それでもまだまだ先の話。け...
宇宙ステーションの乗組員53名のために、シェフたちが無重力空間でのPIZZA作りにチャレンジしました。ほんとうに大丈夫?
イラストレーターのThomas Duboisが描くのは、「宇宙の先」を考えさせるリアルな物語。国際宇宙ステーションが爆発し、無重力空間を漂うこととなった宇...
4月17日の21:00〜、YouTubeにて「オンラインプラネタリウム」がライブ配信。出張プラネタリウムなど宇宙にまつわるイベント・サービスを手がける「ア...