「JAXA」と「ヤマト」が手を組んだ!空を運ぶ「大型貨物ユニット」実現に一歩前進

空を活用する物流サービスの実現へ、「クロネコ」の愛称とマークで知られる「ヤマトホールディングス(ヤマトHD)」と「宇宙航空研究開発機構(JAXA)」が連携を進めている。

両者が昨年末に開発を発表したのは、物流電動垂直離着陸機(物流eVTOL)への装着と、地上輸送手段への搭載の両方が可能な大型貨物ユニット「PUPA(ピューパ)8801」。

「ヤマトHD」は、これまでの研究開発の成果から生んだ貨物ユニットのコンセプトモデルを企画。それに対し、「JAXA」が航空技術の知見に基づいた検証と形状改善を提案して「PUPA8801」の空力形状を開発をした。

難しい表現が並んだが、要約すると配送する際に空を飛ぶのにも地上に降りて陸を移動するのにも理想的な新しい「空の輸送モード」の姿ができあがったということだ。

「ヤマトHD」は、2020年代前半までにこの「新たな空の輸送モード」によるサービスの導入を目指しているとのこと。空からクロネコマークの宅配便が届く日は、実現にますます近づいているようだ。

Top image: © ヤマトホールディングス株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事