今、あなたに必要なのは「やくばらい散歩」かもしれない。

一瞬、「やばいくらい散歩」に見えたとしたら、それは本当にやばいかもしれません。

今日、私がしたいのは「厄払い」の話。自分が30代になって改めて気づいたんだけど、前厄・後厄含めたら6年も厄があるってどないやねん!ってこと。

そりゃ20代後半の女性もピリつくわ、と思うわけです。

どうせなら
楽しく「厄払い」

7a7045af5fe682ad56938bed06ba496713b1637a

周りに厄払いへ行く人や、ご朱印集めが好きで祈祷を受ける女性も増えてきたけど、私はなかなかそういうのに足が重い。

行かなきゃね〜、なんて言いつつ結局行かず、なにか良からぬことが起きてから「厄年のせいだ!」とか言っちゃうタイプ。

でも「旅行中のお散歩と合わせて厄払いできる」と聞いて、今回はちょっとグラついてる。

比叡山をお散歩して
いざ、日吉大社へ

企画しているのは、京都にある「星野リゾート ロテルド比叡」。厄除けの社である日吉大社に近いということもあって、旅行中に楽しく厄払いしましょう、がテーマ。

紅葉する秋の比叡山を楽しみながら、まずはかつての里坊「旧竹林院」でティータイムを。

50e5ace4827d478bb458321a487a5178662fbbab7b45e02e169882fbfb47c78c8801d9ceae342997E43690bb8491b74d07b82687449d4bde6fa1cd09

日吉大社に着いたら、参加者限定で「厄払い」に内容を絞った、特別な祈祷を体験できる。

ちなみに、日吉大社では猿が神様の使いで「神猿(まさる)」さんと呼びます。「魔が去る」「何よりも勝る」という意味で、魔除けの象徴なんだそう。

B0a5a214d7c23543745b86fd6eeeddebe2f64c10

紅葉の比叡山坂本エリアを歩きながら、近江の番茶とほうじ茶スイーツを味わって、さらに厄まで落としてもらうなんて、なんだか申し訳ない気分にすらなるけど、6年も厄年に悩まされることを考えたら、このくらいの贅沢…いいですよね?

やくばらい散歩(星野リゾート ロテルド比叡)

期間:2017年9月1日(金)〜11月30日(木)
時間:11:30〜13:30
料金:2,200円(税・サ込)
予約方法:チェックイン時に要予約

※ティーサロンは月曜定休 ※日吉大社の行事により、内容が一部変更になる場合があり。

Licensed material used with permission by 星野リゾート ロテルド比叡
恋人に好意を抱けば抱くほど感じてしまう、やきもちや嫉妬心。何となく、女性の方が嫉妬するイメージが強いですが、なにもやきもちをやくのは女性ばかりではありませ...
ちょっとしたお散歩も、いつもとひと味違う風景に感じられるはず。
紅葉の名所として名高い、京都・高台寺。今年も、大勢の人が「秋の夜間特別拝観」を楽しんだ模様です。ところで、今回のライトアップの対象が「紅葉」や「竹林」だけ...
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
京都府与謝郡伊根町。丹後半島の北東部に位置し、古代より大陸との交流が盛んなこの町には、どこかノスタルジックな光景が広がっています。「まさか、京都にこんなと...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
今年で12年目になる『京都手帖』。京都広域MAP、鉄道路線図、バス路線図、葵祭・祇園祭・時代祭のルートMAP。さらには、主要な社寺の拝観データ、文化施設の...
世界一大きなグミのピザをつくるというおバカなことを、大真面目にやってのける大人たちの動画があります。思わずクスッとなる場面がいくつかありますよ。Check...
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
その光景は、まるでイギリスの田舎町。人気観光地として名高いコッツウォルズさながらです。この村があるのはなんと日本。しかも、古都・京都というのだからさらに驚...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
ネット上で話題沸騰の写真があります。なんと、京都のお堀には抹茶が流れていたんだとか!?一体なぜ…。
日本初のジン専門の蒸溜所がつくる「季の美 京都ドライジン」を紹介する。原料には柚子、生姜、山椒、玉露などの和のものを、スピリッツにはお米を、ラベルには伝統...
京都の紅葉は、いまが見頃。昼間に眺めたい人もいれば、夜間ライトアップが好きという人もいるでしょう。そうそう、源光庵のように「窓で切り取られたもの」も話題に...
愛知県犬山市(いぬやまし)は、日本最古の城「犬山城」がそびえ立ち、雰囲気のいい城下町が今も元気だ。そこに、かつてはタカラヤという名の家具屋さんだった、5階...
京都府南丹市美山町にある「美山FUTON&Breakfast」は、まるでその土地に暮らしているかのように宿泊できる、茅葺き一棟貸しの宿。古来の日本人が表現...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
「餃子の王将」といえば、そのボリュームとしっかりした味付けで「男メシ」や「家族メシ」といったイメージがありました。が、2016年3月3日(木)にオープンし...
手ぬぐいや風呂敷などを扱う綿布商としては日本最古とも言われる「永楽屋」。デザインのみならず生地や染めにこだわるモノづくりの姿勢が、国内はもとよ...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
2016年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART ...