目眩がするほどカラフルな「街ぶら散歩画像集」

街の景観が素晴らしいと、通りを歩くだけで気分が晴れ晴れしてくるものです。が、彼女の作品は、そのもう一歩先。

Monling Leeは、ワシントンD.C.を拠点にデザイナーとして活躍する傍ら、“色”にフォーカスした画像をInstagramにアップし続けています。散歩しながら町並みをパシャ。自分もパシャ。その身を包むファッションは、もちろんトクベツ仕様。

“街ぶら”を、ビビッドに

2013年頃から始めたプロジェクト「COLORINDEX」は、カラフルかつミニマリズムを感じられるインスタグラムアカウントであると注目されています。

その背景を見たファンからは、一体どうやって探してるの?なんて質問もチラホラありますが……。

「ちょ~気をつけて歩いてるわ!」

とのこと。

ロバート・F・ケネディ・メモリアル・スタジアム付近(ワシントンD.C.)。

ハワードストリート(ボルチモア)。

ベニスビーチ(ロサンゼルス)。

ブラッグデンアリー・Nストリート(ワシントンD.C.)。

ピニャータ地区(ロサンゼルス)。

道沿いに並ぶモーテル郡(オーシャンシティ)。

不詳(ワシントンD.C.)

不詳(ワシントンD.C.)

不詳(ワシントンD.C.)

サンタモニカビーチ(ロサンゼルス)。

不詳(ワシントンD.C.)

不詳(ボルチモア)。

不詳(ワシントンD.C.)。

建築は人の行動に影響を及ぼす技術の結晶。色も、例外ではありません。その他はコチラから。「ワシントンD.C.には隠れた宝石がたくさんある」と彼女。眩しい!

Licensed material used with permission by COLORINDEX
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...
「グアタペ」は、コロンビア第2の都市メデジンからバスで2時間ほど行ったところにある小さな街。いま、ここが「世界でもっともカラフルな街」として話題になり始め...
おもしろいインスタのアカウントを見つけました。
ポルトガルのアゲダという街には、毎年7〜9月に開催する芸術祭のひとつに「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」という傘祭りがあります。その様子をたまたまネット...
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
お花畑みたい?ちょっと食べるのを躊躇する?見ただけではいろいろな意見が出そうなカラフルなパスタですが、ちょっとワクワクします。料理としての味にこだわりつつ...
鮮やかな色彩とグラデーションが特徴的なパントンカラー、つまり「色見本」。デザインや建築の現場でよく利用されていますよね。イタリア出身のグラフィックデザイナ...
世界中で一風変わった映画館が増えていますが、スロバキアにはこんなにカラフルなシネマがあるんです。スロバキア語で「Tulikino」と名付けられたこの映画館...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
女性が激しくお尻をフリフリする動き。あれはトゥワーク(Twerk)と言うダンスのひとつ。そして、それに着想を得てつくられたのが、今回紹介する「Twerk ...
くるみや黒ごま、とうもろこし、木の芽、味噌など豊富なラインナップを展開するのは、大阪・豊中市にある専門店「森のおはぎ」。小さな商店街にある小さな小さなお店...
「ぶりっこ」だって使いよう。というか、考えようなのかも。
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
いつまで待っていても、この画像はボヤけたまま。なぜならこれは、SNSの画像がダウンロードされる瞬間を描いた絵画だから。こちらを描いたのは美術家・市川孝典。...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
多くの海外メディアに取り上げられている、今話題のインスタグラマー。彼女の家は、カラフルで可愛いと注目されていますが、部屋をDIYしたきっかけを聞くと意外な...
世の中に出回っているもののほとんどは、白や黒など単色でシンプルなものばかり。インテリアではなく、あくまでも空気をキレイにする家電だから、デザイン性がややイ...
オランダの都市部アイントフォーフェンから少し離れた土地に、ホームレスのためのコミュニティが誕生しました。小さいけれど、太陽の光をあたたかく感じられるカラフ...
「Ouzville」は見捨てられてしまったベリルートを再度盛り上げよう!というアートプロジェクトです。
「いいね」がたくさんついたり、コメントがついたり。SNS映えする写真を追求するたびに、リアクション数が増えていったら、嬉しい気持ちになるのもわかります。け...
Arielle Bobb-Willisが撮る「カラフルで変なポーズ」の写真たち。ポップで楽しく見ていたけれど、これらは、Arielle自身のつらかった過去...