目眩がするほどカラフルな「街ぶら散歩画像集」

街の景観が素晴らしいと、通りを歩くだけで気分が晴れ晴れしてくるものです。が、彼女の作品は、そのもう一歩先。

Monling Leeは、ワシントンD.C.を拠点にデザイナーとして活躍する傍ら、“色”にフォーカスした画像をInstagramにアップし続けています。散歩しながら町並みをパシャ。自分もパシャ。その身を包むファッションは、もちろんトクベツ仕様。

“街ぶら”を、ビビッドに

F44c31576df634ae7f976510c786da7ebedea15878fdc2ac927f79e0623241136fb939556257ad25028304cd99fed79dae8422881bde07cc14aa467b9c979ce2f0c64c492d152173111cac430b3b10b254759d8bc6228b4aff4caa503f2619b4b8279cc3D961f643dc79785ab47132252af56d60a8c0850eB36790746b2d32a0979772c38f9e39d8544c7c145ea32c530a51f1990f3e8635a015849cb3f0d528B7f6ba5f67b45eb6a46a19d375d1ff9cc87bf0970f85ac5f745b881dd13b33a7e600a037efe48a798ae9239da11f2f6b4c03500d5636a4b19f48defc3e4b908d9e97d6e5422ab1d29d307541aee608b9

2013年頃から始めたプロジェクト「COLORINDEX」は、カラフルかつミニマリズムを感じられるインスタグラムアカウントであると注目されています。

その背景を見たファンからは、一体どうやって探してるの?なんて質問もチラホラありますが……。

「ちょ~気をつけて歩いてるわ!」

とのこと。

C674c45096c22b19e1e6ea73e2bf6fc97c6c6506

ロバート・F・ケネディ・メモリアル・スタジアム付近(ワシントンD.C.)。

89ff0100f77702cf27a3137db66bbac53e275ea0

ハワードストリート(ボルチモア)。

44c2dbb553df802cf8b3dde106c8151c5ef56d4e

ベニスビーチ(ロサンゼルス)。

025c39796bbd59b3dd24c14ed906e256fa3fd006

ブラッグデンアリー・Nストリート(ワシントンD.C.)。

4cfe063505d08e8f1f0aecc1711143d1f3a63b27

ピニャータ地区(ロサンゼルス)。

Afb24b7654630b9517ac705bdf72ea0df77bc05f

道沿いに並ぶモーテル郡(オーシャンシティ)。

Cc88bd68757ab26a709fd8dab3c645b1301cf02c

不詳(ワシントンD.C.)

612b3a27c253c6ed4e69bb952d750d7d3b1b589f

不詳(ワシントンD.C.)

330fb82969cd867b11e4cba37f3ea01f88396f7a

不詳(ワシントンD.C.)

67a2488bcf2985e93656b5c36f1ccca7384225c0

サンタモニカビーチ(ロサンゼルス)。

8085caa7eb9e3e7e06cad1c08f987e8df23a4e48

不詳(ワシントンD.C.)

64a6151ec96efec8853a163c0c842727828824b1

不詳(ボルチモア)。

A4c090b5c39556c75b9c317655541f6a7f0234a9

不詳(ワシントンD.C.)。

建築は人の行動に影響を及ぼす技術の結晶。色も、例外ではありません。その他はコチラから。「ワシントンD.C.には隠れた宝石がたくさんある」と彼女。眩しい!

Licensed material used with permission by COLORINDEX
「グアタペ」は、コロンビア第2の都市メデジンからバスで2時間ほど行ったところにある小さな街。いま、ここが「世界でもっともカラフルな街」として話題になり始め...
ポルトガルのアゲダという街には、毎年7〜9月に開催する芸術祭のひとつに「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」という傘祭りがあります。その様子をたまたまネット...
お花畑みたい?ちょっと食べるのを躊躇する?見ただけではいろいろな意見が出そうなカラフルなパスタですが、ちょっとワクワクします。料理としての味にこだわりつつ...
すりおろしたチーズ、スプーンいっぱいのサワークリーム、そしてピリッとしたシャープさを加えてくれる玉ねぎのピクルスを添えて。
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
鮮やかな色彩とグラデーションが特徴的なパントンカラー、つまり「色見本」。デザインや建築の現場でよく利用されていますよね。イタリア出身のグラフィックデザイナ...
世界中で一風変わった映画館が増えていますが、スロバキアにはこんなにカラフルなシネマがあるんです。スロバキア語で「Tulikino」と名付けられたこの映画館...
くるみや黒ごま、とうもろこし、木の芽、味噌など豊富なラインナップを展開するのは、大阪・豊中市にある専門店「森のおはぎ」。小さな商店街にある小さな小さなお店...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
世の中に出回っているもののほとんどは、白や黒など単色でシンプルなものばかり。インテリアではなく、あくまでも空気をキレイにする家電だから、デザイン性がややイ...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
多くの海外メディアに取り上げられている、今話題のインスタグラマー。彼女の家は、カラフルで可愛いと注目されていますが、部屋をDIYしたきっかけを聞くと意外な...
オランダの都市部アイントフォーフェンから少し離れた土地に、ホームレスのためのコミュニティが誕生しました。小さいけれど、太陽の光をあたたかく感じられるカラフ...
街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象...
世界中、どこに行っても横断歩道は基本的に“無機質”なゼブラ模様ですが、スペインのマドリード郊外には、こんなカラフルな横断歩道が出現しています。渡っている画...
お茶は精神世界とつながっている。よくこんな表現がされますが、お茶を飲むことが私たちの創造力に磨きをかけてくれるという研究結果が出たようです。Valerio...
「いいね」がたくさんついたり、コメントがついたり。SNS映えする写真を追求するたびに、リアクション数が増えていったら、嬉しい気持ちになるのもわかります。け...
いつまで待っていても、この画像はボヤけたまま。なぜならこれは、SNSの画像がダウンロードされる瞬間を描いた絵画だから。こちらを描いたのは美術家・市川孝典。...
ここはベトナムの首都ハノイ。自転車の前後に色とりどりの花やフルーツを乗せた商人たちは、この街ならではの風景のひとつでしょう。以下の写真は、そんな“カラフル...
パティシエが作るお菓子はとても美味しそうですが、デザインのプロが手がけたクッキーは…キュート&カラフル!パントーンを選ぶところがさすがプロ!細かいアイシン...
Arielle Bobb-Willisが撮る「カラフルで変なポーズ」の写真たち。ポップで楽しく見ていたけれど、これらは、Arielle自身のつらかった過去...
「ぶりっこ」だって使いよう。というか、考えようなのかも。