カラフルすぎる「ごろ寝シネマ」がスロバキアに!

世界中で一風変わった映画館が増えていますが、スロバキアにはこんなにカラフルなシネマがあるんです。

スロバキア語で「Tulikino」と名付けられたこの映画館は、見ての通り「ごろ寝」ができます。100席ほどとコンパクトですが、スロバキアやチェコで活躍するデザイナー、Michal Staškoによるデザインで、単色しか使わない映画館が多いなか「Tuli」というブランドのカラフルなビーンバッグ・チェアや防音パネルを配置。

入っただけで思わずテンションが上がる、そんな映画館です。 

パーテーションつきで
デートにも使えます

初めは落ち着かないかもしれませんが、普段の映画館では味わえないハイな気持ちになれるかも。

パーテーションがあり個室感も確保されているので、デートにも最適です。映画だけじゃなく、シアター全体の雰囲気を楽しむのもアリですね。

ちゃんとドリンクやポップコーンも楽しめるように、取り外し可能なホルダーがついています。

床はモノトーンなので、チェアやパネルのカラフルさがさらに引き立っています。

「Tuli」はビーンズバッグ・チェアなどの椅子を作っているメーカー。クッションの座り心地も良さそう。

「でも、暗くなったら意味なくない?」なんて野暮なことは言わず、ここで見るならどんな映画が楽しいかな、って想像するのも悪くないですよね。

Licensed material used with permission by TULI Cinema
大きなスクリーンで映画鑑賞しながら、テーブル付きの座席まで運ばれてくる本格的な料理を味わい、ビールやワインに酔いしれるーー。そんな映画館が2016年4月2...
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
「ルーフトップは、野外シネマの王様だ」コレ、ほとんどの日本人の頭の中には「?」が浮かびそうですが、アメリカ、イギリスの人にとっては当たり前の謳い文句なのか...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
「moviepass」は、月額9.95ドル(約1080円)で映画館に通い放題の激安プラン。3D・Imaxの作品は不可など多少制限はあるが、ニューヨーク中心...
スロバキアのブランド「NOVESTA(ノベスタ)」。その名作「STAR MASTER CLASSIC 10」の紹介です。
「AirPod」は、大人1人が数時間を過ごすのに、大きすぎず小さすぎない空間になっている。ベッド以外にも、デスクやテレビがついているという。
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
小劇場、ミニシアター。大きなスクリーンのシネコンではなく、小さな空間でこだわりの一本を味わう。それは、多くの映画ファンにとっては至福の時間だろう。ブルック...
「シネマコンサート」は、大スクリーンで映画を上映しながら、劇中に流れる音楽をフルオーケストラが演奏するイベントです。ヨーロッパやアメリカで人気を博した後、...
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は東京・阿佐ヶ谷にある60年〜70年代のロックが流れるカフェ・バー「ジャニ...
サウジアラビア文化情報省が、12月11日に映画館の営業を35年ぶりに解禁することを発表した。一番最初に公開されるのが『少女は自転車にのって』ということを知...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
夏の間だけ星空の下に開館する映画館。あなたは、そんなロマンチックな空間の存在を知っているだろうか?舞台となるのは八ヶ岳の麓、長野県原村。実は、毎年夏になる...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
自宅や映画館は言うに及ばず、ビルの屋上やビーチ、森の中、さらには無人島まで。近年は、上映イベントの充実もあり、さまざまな場所で映画を楽しめるようになってい...
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
ジャケット写真も、出演者の情報もない。たったひとつのセリフだけをみて、心に刺さった作品を選んでみる。
『アップリンク渋谷』は、2017年公開の話題作(全47作品だって!)を、12月23日(土)〜2018年1月26日(金)の約1か月間、特別に再上映してくれま...