シークレット・シネマ――ベンのトピックス

シークレット・シネマ(Secret Cinema)」は、ファビアン・リガルがロンドンで始めた映画上映アトラクションです。2007年にスタートしてから、観客を映画の世界に没頭させる高いクリエイティビティで、かつてない新たな映画体験を提供してきました。

その発端は、リガルが子どもの頃に「映画の世界に入り込んでみたい」と思ったのが最初。その夢を叶えるために、リガルと彼のチームは「360度参加型シークレットワールド」と呼ばれるシステムを作り出しました。

シークレット・シネマが開催されるのはイーストロンドンの廃ビルや空き地など。彼らはそこに作品の中の世界を再現したセットを作り上げ、さらにはキーキャラクターを演じる役者も投入します。その空間では、観客と映画の間には従来の境界線が存在しなくなるというわけです。

下の写真は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を上映した時のもの。

©Secret Cinema

ファンならわかりますよね?スクリーンになっているのは、ヒル・バレーの時計台です。作品に登場する街のなかにいる気分でBTTFを楽しめるという仕掛けです。

また、これは『スター・ウォーズ エピソードV/帝国の逆襲』を上映した際のセットです。

©Secret Cinema

スター・ウォーズの象徴である、Xウィング・ファイターのドッキング・ベイを作り上げています。

セットだけではありません。

2017年2〜4月に上映された『ムーラン・ルージュ』では、パルプのジャーヴィス・コッカーといったイギリスの有名ミュージシャン、テクノユニットのグルーヴ・アルマダらのパフォーマンスも話題になりました。

ドラマチックなこの上映方法がいかに高い人気を誇っているかは、彼らが記録した興行成績から伺えます。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は8万人、『スター・ウォーズ エピソードV/帝国の逆襲』は10万人の観客をそれぞれ動員。『ムーラン・ルージュ』は、11週連続でUK Box Office(興行成績)のトップ10にランクインしました。その勢いは今も続いていて、直近に公開された『ブレードランナー ファイナル・カット』は、当初3ヶ月間の上映予定だったのがが、好評につき1ヶ月延長されることに。

4DXもすごいし、MX4D™もすごい。だけど、シークレットシネマは、まったく違う視点から映画鑑賞という体験をアップデートしたエンターテインメントです。

次の作品は、2019年の夏に予定されている『007 カジノ・ロワイヤル』。ブロードウェイにミュージカルを観に行くように、あるいはイタリアにオペラを観に行くように。この上映のためだけにロンドンを訪れる価値があると僕は思いますよ!

Top image: © Secret Cinema

ベンが書いた、ほかの記事はコチラ

ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
「ヴィクトリアズ・シークレット」が初めて「トランスジェンダーモデル」を起用するようだ。
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
2019年のフェスティバル・シーズンのピークになってますよね!今週、ベンはサマーソニックに行ってきます。で、 今回のトピックはベンが何回も行ったことあるし...
10月の「楽天ファッション・ウィーク東京」を結構楽しんで、考えたことを書きます。
ベンは外国人なんですよ。ロンドンで生まれで、身長193㎝、金髪です。見た目的には“外国人っぽい”外国人です。
なんで若者はみんなSelf-Help本(自己啓発本)やビジネス本みたいなダサい本を読んでるのでしょう?紀伊国屋でもブックオフでも、上島珈琲のテーブルでもそ...
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
Bella Foxwellさんのアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
日本にはイギリスファッション好きな人が多いですね。韓国や台湾とは違ってイギリスブームは長く続いていて、いろいろな流行りが日本にやってきたと思います。
ランジェリーブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」が英国のブランド「ブルーベラ」とのコラボラインでキャンペーンモデルに起用したアリ・テート・カトラーはプ...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
日本でも80'sカルチャーが見直されていますが、それはヨーロッパでも同じ。エリオ・フィオルッチによって1967年に設立されたブランド「FIORUCCI(フ...
イギリス人は昼食に何を食べるのでしょうか?
みなさん、ベンのトピックスですよ!今回のトピックは、いま世界中のシングルさんの日常生活に普通にあるものについてです。ということで、テーマは「マッチングアプ...
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい! 今日のトピックは、日本メディアですでに話題になっているけど、この記事で違う視点で紹介したいっていう内容……...
僕はカール・オーヴェ・クナウスゴールというノルウェーの作家が好きです。彼の自伝的小説『わが闘争』シリーズは世界的に人気があります。ところが!