ロンドンの注目スポット「ペッカム・レベルズ」って知ってる?

ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。

1960年代のこのエリアは、イギリスのみならず、ヨーロッパで最も貧しい地域のひとつでした。安い家賃の高層住宅が多数建設され、住人の半数以上はアフロカリビアン。そこに、パフォーマーやアーティスト、写真家といった若く、クリエイティブで、だけど経済的にはあまり恵まれていない人たちが住み着いたのが、はじまりです。

当時のペッカムはロンドンのなかでも交通の不便な場所でしたが、近年の発展によってアクセスが簡単になり、ペッカムのクリエイティブ産業は急激に活気づいています。いわゆるジェントリフィケーションですね。

その流れに乗って、地方議会はあまり使われていない駐車場をクリエイティブ・スペースに作り変える公募プロジェクトを発表。応募されたアイデアの中から、廃ビルや空き地を活用して空間デザインを行うMake Shiftのチームによる『Peckham Levels(ペッカム・レベルズ)』が選ばれ、2017年12月にオープンしました。

© peckhamlevels/Instagram
© peckhamlevels/Instagram
© peckhamlevels/Instagram
© peckhamlevels/Instagram
© peckhamlevels/Instagram

「Peckham Levels」のフロアプランは常に変化していますが、現時点ではオフィス、イベントスペース、キッズ・エリア、バー、カフェ、ヘアサロン、講堂、ヨガスタジオなどを備えています。

なんでもアリです(笑)。

そのカラフルな空間は、現在でもとても活気に溢れていて刺激的ですが、まだまだ無限の可能性を秘めています。

ロンドンを訪れることがあったら、是非「Peckham Levels」へ。ここのバーで一杯やるだけでも、ロンドンのクリエイティブシーンの空気を感じることができます。

Top image: © 2018 TABI LABO
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
自分は20歳若い!ということで、69歳のオランダ人男性Emile Ratelbandさんが「49歳」を正式な年齢と認めるようにと訴訟を起こしました。
ひとつで複数の機能をもつ「マルチツール」は、乱雑になりがちなデスク周りをシンプル&クリーンに保ってくれるオフィスワーカーの強い味方。今回は「レザーマン」か...
誰だってその国の首都のことは、知っているつもりになるものですよね。特にそこに住んでいれば尚のこと。たとえばロンドン。ウェストミンスター、バッキンガム宮殿、...
2月中旬、ロンドンの中心へ、はるばる福島県からやってきた日本人がいた。
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
一流シェフ直伝の料理を提供してくれる『Moley Robotics』社が開発中の調理ロボット『Robotic Kitchen』。再現できるレシピ数は200...
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
クイーンズ・パーク・レンジャーズFC(通称QPR)のホームスタジアムがロンドン西部にある「ロフタス・ロード」。
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
宿泊客同士のコミュニケーションを重視するソーシャルホテルのなかでも、アメリカ・マイアミに2ヵ所ある『Life House』のシステムはとくにおもしろいです。
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
「Terra Hale」はすでに3つの店舗がロンドンにオープンしていて、地球に優しいとして注目されています。
一見何の変哲もない、普通に家具や家電がレイアウトされた部屋です。だけど、利用者は宿泊目的でこの部屋を借りるわけじゃない。
イギリスに住む人々の悩みのひとつが、高騰する家賃。顕著なのがロンドン中心部で、1ベッドルームで1,000ポンド(約14.5万円)が平均的な相場のようだ。そ...
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...
メーガン・マークルという名前を聞いたことがありますか?日本でもリメイクされた米テレビドラマ『Suits』で知られる女優です。彼女は今年イギリス王室の王位継...