ロンドンの注目スポット「ペッカム・レベルズ」って知ってる?

ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。

1960年代のこのエリアは、イギリスのみならず、ヨーロッパで最も貧しい地域のひとつでした。安い家賃の高層住宅が多数建設され、住人の半数以上はアフロカリビアン。そこに、パフォーマーやアーティスト、写真家といった若く、クリエイティブで、だけど経済的にはあまり恵まれていない人たちが住み着いたのが、はじまりです。

当時のペッカムはロンドンのなかでも交通の不便な場所でしたが、近年の発展によってアクセスが簡単になり、ペッカムのクリエイティブ産業は急激に活気づいています。いわゆるジェントリフィケーションですね。

その流れに乗って、地方議会はあまり使われていない駐車場をクリエイティブ・スペースに作り変える公募プロジェクトを発表。応募されたアイデアの中から、廃ビルや空き地を活用して空間デザインを行うMake Shiftのチームによる『Peckham Levels(ペッカム・レベルズ)』が選ばれ、2017年12月にオープンしました。

© peckhamlevels/Instagram
© peckhamlevels/Instagram
© peckhamlevels/Instagram
© peckhamlevels/Instagram
© peckhamlevels/Instagram

「Peckham Levels」のフロアプランは常に変化していますが、現時点ではオフィス、イベントスペース、キッズ・エリア、バー、カフェ、ヘアサロン、講堂、ヨガスタジオなどを備えています。

なんでもアリです(笑)。

そのカラフルな空間は、現在でもとても活気に溢れていて刺激的ですが、まだまだ無限の可能性を秘めています。

ロンドンを訪れることがあったら、是非「Peckham Levels」へ。ここのバーで一杯やるだけでも、ロンドンのクリエイティブシーンの空気を感じることができます。

Top image: © 2018 TABI LABO

ベンが書いた、ほかの記事はコチラ

ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今回は実録映画『それでも夜は明ける』の監督スティーヴ・マックイーンのプロジェクト「#year3project」に...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
「シークレット・シネマ(Secret Cinema)」は、ファビアン・リガルがロンドンで始めた映画上映アトラクションです。2007年にスタートしてから、観...
「ヴィクトリアズ・シークレット」初の日本人モデルは、小椚ちはるさん。2020年春コレクションを今すぐチェックすべし。