ロンドンの注目スポット「ペッカム・レベルズ」って知ってる?

ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。

1960年代のこのエリアは、イギリスのみならず、ヨーロッパで最も貧しい地域のひとつでした。安い家賃の高層住宅が多数建設され、住人の半数以上はアフロカリビアン。そこに、パフォーマーやアーティスト、写真家といった若く、クリエイティブで、だけど経済的にはあまり恵まれていない人たちが住み着いたのが、はじまりです。

当時のペッカムはロンドンのなかでも交通の不便な場所でしたが、近年の発展によってアクセスが簡単になり、ペッカムのクリエイティブ産業は急激に活気づいています。いわゆるジェントリフィケーションですね。

その流れに乗って、地方議会はあまり使われていない駐車場をクリエイティブ・スペースに作り変える公募プロジェクトを発表。応募されたアイデアの中から、廃ビルや空き地を活用して空間デザインを行うMake Shiftのチームによる『Peckham Levels(ペッカム・レベルズ)』が選ばれ、2017年12月にオープンしました。

© peckhamlevels/Instagram
© peckhamlevels/Instagram
© peckhamlevels/Instagram
© peckhamlevels/Instagram
© peckhamlevels/Instagram

「Peckham Levels」のフロアプランは常に変化していますが、現時点ではオフィス、イベントスペース、キッズ・エリア、バー、カフェ、ヘアサロン、講堂、ヨガスタジオなどを備えています。

なんでもアリです(笑)。

そのカラフルな空間は、現在でもとても活気に溢れていて刺激的ですが、まだまだ無限の可能性を秘めています。

ロンドンを訪れることがあったら、是非「Peckham Levels」へ。ここのバーで一杯やるだけでも、ロンドンのクリエイティブシーンの空気を感じることができます。

Top image: © 2018 TABI LABO

ベンが書いた、ほかの記事はコチラ

他の記事を見る
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
「シークレット・シネマ(Secret Cinema)」は、ファビアン・リガルがロンドンで始めた映画上映アトラクションです。2007年にスタートしてから、観...
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
Bella Foxwellさんのアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
ロンドンの建築デザイン事務所が、超高層ビル「The Tulip(チューリップ)」のプロジェクトを発表。通称「ガーキン」の隣に建設され、新たな観光名所になる...
このマップは、ロンドン各地にゆかりのあるバンドの名前や曲名、歌詞で表現。ミュージシャンの生まれた場所や暮らしていた場所を知れるだけでなく、レコーディングス...
ここで紹介するのは、シティ・オブ・ロンドンの近くにあるブティックホテル「Cuckooz」にある、子宮みたいなカタチをしたベッドルームです。
日本でも80'sカルチャーが見直されていますが、それはヨーロッパでも同じ。エリオ・フィオルッチによって1967年に設立されたブランド「FIORUCCI(フ...
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(Twitterのアカウント名)。募集した人からのメ...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
誰だってその国の首都のことは、知っているつもりになるものですよね。特にそこに住んでいれば尚のこと。たとえばロンドン。ウェストミンスター、バッキンガム宮殿、...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...