キャンディマン、キャンディマン、キャンディマン――ベンのトピックス

皆さん、ベンのトピックスにおかえりなさい!

今まで映画についていろいろと書いたことがありますが、今回は懐かしい映画についての話です。

ティーネイジャーの時は、映画館がよく行ってました(ロンドンの最安の映画館は家から近く…600円ぐらい)。インターネットはまだまだだったので、イギリスの深夜放送でよくやってた80年代〜90年代のホラー映画にハマってました。ジョン・カーペンター、ウェス・クレイヴンやジョージ・A・ロメロの作品はやはりクラッシック(90年代のデビッド・フィンチャーのホラーも大好き)。日本の監督では黒沢清の『CURE』と『回路』もイギリスのテレビで見ました。『リング』については言わずもがなです。

そして、最近ジョーダン・ピールの『キャンディマン』リメイクのトレーラーを見たことで2つのことを思い出しました。

a)ジョーダン・ピールは80〜90年代のホラーが持っていたスタイルや雰囲気をとらえた、すごい監督である。

b)過小評価されているイギリスのホラー・マスター、クライヴ・バーカーの『キャンディマン』と『ヘル・レイザー』は、やはり素晴らしい作品だった。

『キャンディマン』を知らない人へ

1992年公開の『キャンディマン』を知らない人にもオススメしたいと思います。

現在のホラーはSFXや「Jump-scare」(Weblioの説明によると「突然の大きな音と映像の変化で観る人を驚かせる手法」)を使いすぎて、違和感や歪んでいる雰囲気を作るよりショックホラーに中心にする映画が多いんですね。10人以上が死ぬスラッシャーホラーにはあまり興味がありません。『キャンディマン』はゆっくりとテンションを作っていく、世界観やストーリーを重視した映画です。

監督のバーナード・ローズは、バーカーのイギリスの労働階級の都市伝説をもとにした短編小説に舞台シカゴの住宅団地「カブリーニー・グリーン」へとうつしました。

この映画は超自然的なホラーと人種隔離の歴史的背景をかき混ぜた、かなりプログレッシブな作品です。「キャンディマン」の名前を三回連続言ったら、本人はキャンディマンは殺されるというルールがストーリーの根底にあります。こう言うシンプルなルールからおもしろいストーリーが展開されていきます。……が、この記事ではネタバレなしです!見てください。

そして、プロダクションはかなりユニークだと思います。サウンドトラックは天才ミニマリストコンポーザー、フィリップ・グラスが作ったもの、本当にマスターピースと言えるものだと思います。そして、この映画では、蜂がよくフィーチャーしていますが、現在ではSFXを使うところを90年代的に本当の蜂を使ってます。

キャンディマンの俳優、トニー・トッドは口の中で何十もの蜂を入れたので、契約では一回刺されたら$1000を貰うシステムになってたそうです。なお、トッドさんは23回刺されたそうです。

そして、主演女優、ヴァージニア・マドセンはキャンディマンに会うシーンでは、催眠術をかけてから撮影にいどんだとか。この映画はクレイジーですよ。

今年の夏の『キャンディマン』を楽しみにしています。

Top image: © MarinaP/Shutterstock.com
世田谷在住のイギリス人・ベンのトピックス読んで!

関連する記事

「フロリダ・マン(フロリダ州の男)が……」で始まるニュースのヘッドラインは、日本ではありえないようなおかしい内容のことが多いです。今回はそれについて紹介します。
iHerb(アイハーブ)で買える「かわいい棒付きキャンディ」を3つご紹介。シュガーフリーキャンディ、マヌカハニーキャンディ、オーガニックキャンディをピック...
このキャンディを食べると虫歯予防になるといいます。
「コールマン」から、ブランド初のキャラクターとなるゾンビファミリー「ザ・コールマンズ」が誕生。公式YouTubeで公開中の短編アニメーションも注目。
見た目は靴下のようでいて、靴に劣らずタフで多機能。「Makuake」にて先行販売を開始したシューズ「Skinners2.0」。
いろんなミントキャンディを試した結果、ここに落ち着きました。
コラムニストのベンです!今回は「アンフルエンサー」ということについて紹介します。
11月はノーベンバーではなくて、ヒゲを伸ばす月「モーベンバー」としても知られているんです。
このたびアメリカで発売された「しいたけ味のキャンディケイン」。クリスマスの飾り付けとして定番の赤と白のキャンディが、華やかとは言い難い茶色と白に色を変え、...
スマートフォン向けゲームアプリ「PAC-MAN GEO」が今秋リリース予定!世界中の実在するマップからメイズ(迷路状のルート)を成形し、ゲームをプレイ。無...
こんな時代だからこそ紹介したい、イギリスの研究チームにより明らかになった「勤務時間とメンタルヘルスの関係」を示した研究結果。
日本にはないイギリスのチャリティー・ショップの紹介です。なんで日本にはないのでしょう?
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
「The Toe of Satan」は、hellfireと呼ばれるチリを使用。その辛さは、じつにハラペーニョの900倍なんだとか。ここまで辛いとなると、も...
僕はテクノロジーには疎いタイプです。2005年ぐらいまでVHSを使ってたし、DVDは2015年ぐらいまで。Blu-Rayは完全にスルーしました(笑)。そし...
コラムニストのベンです! ミレニアル世代は、インフルエンサー世代でもありますよね。今回はママグラマーのお話をします。
“世界一おもしろいお菓子屋さん”こと「パパブブレ」が、甘党以外の男性などにも楽しんでもらおうと、土佐の「酔鯨酒造」の協力のもと酒のつまみになるキャンディー...
10月の「楽天ファッション・ウィーク東京」を結構楽しんで、考えたことを書きます。
2019年のフェスティバル・シーズンのピークになってますよね!今週、ベンはサマーソニックに行ってきます。で、 今回のトピックはベンが何回も行ったことあるし...
コラムニストのベンです。今回はアメリカのコメディ・ローストについて紹介します。
「シークレット・シネマ(Secret Cinema)」は、ファビアン・リガルがロンドンで始めた映画上映アトラクションです。2007年にスタートしてから、観...
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今回は実録映画『それでも夜は明ける』の監督スティーヴ・マックイーンのプロジェクト「#year3project」に...
お花見自粛ムードのなかでの小さな楽しみに。「パパブブレ」から、このシーズン恒例の「桜ミックス」キャンディが今年も登場。 「桜ラテ」や夜の桜を新しい表現方法...
悪名高いエスコバルはカリスマがあっても、冷酷な犯罪者でしたが、Netflixがアナウンスした『Cocaine Hippos』は、エスコバルが輸出したモノ(...
みなさん、ベンのトピックスですよ!今回のトピックは、いま世界中のシングルさんの日常生活に普通にあるものについてです。ということで、テーマは「マッチングアプ...
ベンは外国人なんですよ。ロンドンで生まれで、身長193㎝、金髪です。見た目的には“外国人っぽい”外国人です。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい! 今日のトピックは、日本メディアですでに話題になっているけど、この記事で違う視点で紹介したいっていう内容……...
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい!僕は一度だけミス・コンテストを見たことがありますが、コンテンストについて正直よくわかりません。女性を外見だけで...