大人の時間を楽しむための「クラフトキャンディー」

少量生産でもこだわりの味を提供する。サードウェーブコーヒーにはじまり、マイクロブリュー、Bean to Barと、いまやフードビジネスにおける“クラフト”ムーブメントは、飲/食を問わずグローバルに定着した感がある。ならば、もちろんキャンディーにだってそれを当てはめることもできるはず、ではある。だけどクラフトキャンディーって、いったいどんな味なんだろう。

この果実感が新鮮!
大人の口にぴったりなロリポップ

8d5e0fc8fdc912cf677e9042df53334e293c53e3

こんな表現は正しくないかもしれないが、「大人が安心して食べられる」キャンディー、これが私のファーストインプレッション。ここで言う安心とは、食の安全うんぬんよりも、まじめに果実の味と向き合わせてくれる、という感覚で。香料っぽさや、度を超えた甘ったるさがほとんどないのだ。子どもっぽいのロリポップのイメージと、あまりに掛け離れた大人な味わいにうれしい不意をつかれた。

キャンディーづくりは
果実のうまみを引き出すことから

Fbe42084523ff82f8a82f1d78c6adacf14c23a62Ca985fd0dcd5da6b2b12ebbace02ac93036f54ae

キャンディーは、まず素材となる果物のペーストをつくることころから始まる。余分な砂糖や添加物は極力加えず(この正直さに共感)、素材のもつ本来の甘さや色味をていねいにキャンディーに移していくそうだ。果肉のほかにときおり果皮がキャンディーに透けていることもあるけれど、これだって素材の持ち味のひとつ、だからそのまま。

たとえば「グリーンアップル&白ワイン(シャルドネ)」のフレーバーができるまでを見てみよう。昨年12月に製造されたものだが、この時季甘みと香りがぐんと増す国産の青リンゴ「王林」を皮付きのままペーストにして、じっくり弱火で煮込んでいく。こうしてできたペーストに水飴を加え、今度はひと匙分ずつ冷やし固めていく作業。キャンディーの形がふぞろいだったりするが、果実と同じ個性と思えば、これはこれで味がある。

考えてみれば、素材選びから持ち味を引き出す工夫まで、とっても手間のかかること。そこにきちんと向き合い、納得いくものづくりの積み重ねる。「BARBER'S」というこのブランドが、わざわざ“クラフトキャンディー”と銘打っている理由はそこにあるんじゃないだろうか。

大人の時間を楽しむ
コミュニケーションツール

D49c7a65630ec31078153eda700a5ac0ec127eeb

最後に、どうしても気になるブランド名BARBER'Sの出自を。オーナーの足立 枇東美さんは、小さいころ行きつけの床屋で、帰りがけに店主がくれる棒付きアメをいつも楽しみにしていたそう。あのワクワク感や味わいを、大人も楽しめるロリポップにして再現したい、こんな背景があったようだ。

記憶をたどって行けば、きっと誰にだって似たような経験があるもの。そうしたむかし話をしたくなる場面への手土産にBARBER'Sをオススメしたい。気心知れた仲間たちとなら、ロリポップだって悪くない。果実香にのって懐かしい情景がよみがえってきたりして。

大人の時間を楽しむためのコミュニケーションツールになり得るもの、そういうものをクラフトと呼ぶのかもしれない。

A2ae8d0926ab84d44965b24a6f74e17bf64f20d387c360cfc2e47e98420f4855909a025bbedc4c96

5本入りのフレーバーは「ブルーベリー&ストロベリー」、「巨峰&キルシュ」、「ソルト&バターキャラメル」、「ハニーマーコットオレンジ&レモン」、「グリーンアップル&白ワイン(シャルドネ)」、「ゆず&ミント」の全6種類、各864円。ちなみに期間限定販売ながら、「限定バレンタインMIX」と「限定ホワイトデーMIX」が1月23日(月)より順次発売スタート。こちらは6本入りでそれぞれ1,026円。

全国のライフスタイルショップおよび、オンラインショップにて販売中。

Licensed material used with permission by BARBER'S
バレンタインに送った気持ちは、ちゃんと返ってきましたか?
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
デパートのチョコレート戦争が終わり、きれいな包み紙の切れ端もごみ箱から消え去った。バレンタイン後、女子が抱えている想いは十人十色。「気になる彼に想いを伝え...
いっときのサードウェーブ系コーヒーショップのように、いまだに長い行列をつくる台湾茶スタンド。お目当はもちろんタピオカ入りミルクティーなんでしょうけど……。
港につけた船から朝採りの牡蠣を直接売っているところもありますが、それ以上に新鮮です!
バレンタインデーまで、もうあとひと月。例年のようにずバレンタイン商戦は活況で、とくに今年は男性が自分のために買う「俺チョコ」なるものが流行るとかなんとか。...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
今話題になりつつあり、これから急成長するだろうクラフトコーラの専門店「伊良コーラ」の紹介です。
チョコレート界隈が騒がしくなる時期がやってきました。バレンタインのチョコというと、カラフルなチョコや、クリームが中に入っているようなトリュフを思い浮かべる...
いま、東京でもっとも勢いのあるレストランを牽引する"破廉恥"シェフ(これ、ほめ言葉です)-鳥羽 周作-小学校教諭を辞め32歳で料理の世界に飛び込み、わずか...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
クラフトビール、クラフトコーヒーに続く、新たな「クラフト」トレンドといえば、ミルク。ビール、ピザ、ハンバーガーなど幼き、若き頃のコンフォート・フードを「ハ...
日本ではまだまだ知られていない博物館「The Neon Museum Las Vegas」。ここはラスベガスのダウンタウンから北に10kmほど離れた場所に...
「子連れで楽しめる」を特徴として押し出す宿泊施設がある一方、「子ども禁制」をウリにするところも世の中にはありまして。もちろん、差別だなんだという話でないこ...
カラフルなアイスキャンディー。なぜ大人限定なのかというと、お酒が入っているからなんです。「poptails」は、フレッシュなフルーツとアルコールだけを使用...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
明日はホワイトデーだから、プレゼントもずっと前から用意している。そんな男性は、素敵だと思う。ただ、そのプレゼント本当に大丈夫?女性たちの生の声、集めました...
若い頃は、最初のドキドキでなんとなく関係を続けられていたものの、大人になると、そればかりに頼ってられない…と気付くでしょう。「大人な関係」を「幼稚な関係」...
IPA=インディア・ペール・エール。クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラ...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
いろんなミントキャンディを試した結果、ここに落ち着きました。