最強のキワモノ……?「しいたけ味のキャンディ」が話題に

食の好みは人それぞれだが、世の中にはびっくりするような味のお菓子が数多く存在する。

そんな「どうしてこのフレーバーを選んだんだろう......」というお菓子が、このたびアメリカで発売された「しいたけ味のキャンディケイン」

クリスマスの飾り付けとしても定番の赤と白のキャンディが、華やかとは言い難い茶色と白に色を変え、6本入り$6.50(記事執筆時約680円)で販売されているようだ。

© archiemcphee/Instagram

強い旨味成分をもつしいたけは、米国でもすっかりお馴染みの食材存在だが、キャンディに合うのかどうかは想像が少し難しいところ……。

販売サイトには「誰もが納得できる味」との記載があるが、それがどういう意味なのかは定かではない(笑)。パッケージに薄気味悪いキャラクターが印刷されているところをみると、恐らくはネタ感重視の商品なのだろう。

勇気があれば、ぜひチャレンジして欲しいところだが、今のところ発送は米国のみとなっているようだ。

Top image: © iStock.com/tada
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

iHerb(アイハーブ)で買える「かわいい棒付きキャンディ」を3つご紹介。シュガーフリーキャンディ、マヌカハニーキャンディ、オーガニックキャンディをピック...
このキャンディを食べると虫歯予防になるといいます。
しいたけ狩りを体験すべく、茨城県つくば市の「なかのきのこ園」へ。ひょっとするとここの社長・飯泉さんは、つくばのC.W.ニコルなのかもしれない。そんなことを...
群馬県桐生市にある「桐生きのこ園」は、もともと生きくらげの専門店。社長の中島さんが自宅で食べるために100本のしいたけから1本だけいいものを残して育ててみ...
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
“世界一おもしろいお菓子屋さん”こと「パパブブレ」が、甘党以外の男性などにも楽しんでもらおうと、土佐の「酔鯨酒造」の協力のもと酒のつまみになるキャンディー...
お菓子の家が現実になってロンドンに期間限定オープン。宿泊予約サイト「Booking.com」はクリスマス限定の特別に造られたお菓子の家の予約を開始した。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
カカオの外皮「カカオハスク」を使用したアップサイクルコーヒー「カカオコーヒー」が誕生。
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...