桐生で育つ究極の超肉厚しいたけ。このために、群馬に行ける

100個を犠牲にして1個を育てる!
きのこの中のきのこを育てるために

これは、群馬県桐生市にある「桐生きのこ園」の「しいたけ ふくふく」について。どういうことだろう?って思いました。と同時に、すべての食べ物のなかでベスト5に入るくらいにきのこが好きな私は、これはもう、行くしかない!と。

最初は自家用で
楽しむつもりだったけど

「桐生きのこ園」は、もともと生きくらげの専門店。

社長の中島さんが、自宅で食べるために、100本のしいたけから1本だけいいものを残して育ててみたところ、誕生したのが「ふくふく」。食べてみても理想どおり、きのこ専門家からも太鼓判ということで、少量ながらも商品化することになったんだそうです。

その究極のしいたけがこちら。

4564102630342656
「生しいたけ ふくふく」 写真は1200円セット

ご覧のとおりふっくら肉厚。
見るからにおいしそうだと思いませんか?

通常、きのこは横にどんどん開いてしまうんだそうです。大きいきのこを開かないようにするのには、かなりの技術が必要だそうで。

「(きのこが)成長したいときにグッと温度を下げてやって、それの繰り返し。きのこ自体、目的としては子孫を増やすために出てくるんですよね。危険を感じるから出てくるんですよ。ぬくい(気持ちの良い)状態だと出てこない。負荷をかけてやんないと。これがまさに、うちの『ふくふく』です」

だから、収穫できるのは10月〜3月下旬の寒い時期。

「あと、うちのきのこは広葉樹を使っています。広葉樹っていうと、よくカブトムシがたかって樹液を吸っていますよね。シンプルにいうとそういうことなんです。だから、うちのきのこはえぐみがなくて甘いんですよ。見えないところに贅沢なのが、うちのきのこであり、こだわりです」

5797411314204672


社長の中島さんは「肉厚なので結構(調理に)時間かかりますよ(笑)」という前置きとともに、オススメの食べ方を二つ教えてくださいました。

ふくふくレシピ(1):しいたけのかさを下にして、ひだの部分にチーズを入れて、ハムをのせて、オーブンで焼く。じわ〜っと焼けてきたら、それが食べごろ。

ふくふくレシピ(2):シンプルに岩塩をふって焼く。じわ〜っと水滴をもったら、それが食べごろ。

とてもシンプル……!
ちなみに私は家に帰ってすぐ、レシピ(2)の食べ方でいただきました。
最後の1本を食べてしまうのが本当に惜しくて、感想はタイトルそのもの。「このきのこをゲットするため」という理由だけで群馬に行けるなって思いました。

きのこ好きのための直売所
(きのこをこよなく愛する社長の解説つき)

6602642688049152

桐生きのこ園に併設されている直売所「街のきのこ屋さん」は、2016年11月にオープン。真心込めて育てられた数種類のきのこや、きのこのお惣菜、お菓子が販売されています。

6729472535429120

イチオシの「はつえおばあちゃんの手作りおなめ」(500円)は農家伝統の味。糀(こうじ)、お米、大豆で作られる食べ物です。お客さんからの熱望もあり、社長が幼い頃から親しんだ味を、キクラゲを入れて再現したんだそうです。

5888250308722688

店内にはこんな釜もあり、これでもか!ってくらいに季節のきのこをのせた「ミックスピザ」(780円)は、予約をするとテイクアウトで提供してもらえます。

5325300355301376

店内商品は、社長の中島さん、奥さんのまゆみさんの解説付き。オススメの食べ方とかこだわりとか、きのこ愛がひしひしと伝わってくる感じが、すごく心地よかったです。


最近は、遠方からのお客さんも増えたんだそうですが、容易に納得がいきました。ここを訪れる人たちは、きのこそのものに魅了され、そして、この直売所の空気感が好きで、きっと、私と同じような思考回路なんだろうなって。
一方で、手慣れた感じで「これとこれ」ってきのこを選ぶご近所さんにも遭遇しました。名前の通り「街のきのこ屋さん」である姿もしっかり垣間見ることができました。

6508401978769408

「桐生きのこ園」(街のきのこ屋さん)
住所:群馬県桐生市浜松町2-6-23
TEL:0277-46-3089
営業:11:00〜16:00
定休日:日曜日(不定休)

Photo by 稲垣正倫
取材協力:群馬県
愛すべきクレイジー、群馬県
「桐生にイケてる人が集まってるらしいよ」。そんなふわっとした噂を確かめてみたくてはじめた、まち巡り。今回、「リップル洋品店」「Purveyors」「わびさ...
棟方志功、坂口安吾、シャンソン歌手の石井好子……。著名な文化人に愛される、群馬県桐生市にあるカレー店「芭蕉」。創業は昭和12年。店内には巨匠・棟方志功の壁...
群馬県はすき焼きに入れる食材を県産で揃えることができ、「すき焼き自給率100%」の県と言われています。上州和牛、こんにゃく、下仁田ねぎ、生しいたけ、しゅん...
しいたけ狩りを体験すべく、茨城県つくば市の「なかのきのこ園」へ。ひょっとするとここの社長・飯泉さんは、つくばのC.W.ニコルなのかもしれない。そんなことを...
最近少しずつテレビに出始めている群馬のはっちゃんこと、田村はつゑさん(83)。桐生市にある彼女が営むバイキング屋さん「はっちゃんショップ」には取材で2度行...
高崎パスタ、焼きまんじゅう、おっきりこみ。小麦がたくさん獲れる群馬県では、ソウルフードのひとつとして、よく「粉もの料理」が食べられます。そんな群馬県民が愛...
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
群馬県前橋市、赤城山の麓にある「チーズ工房 Three Brown」。敷地内には、牛舎、放牧場、自宅まであり、牛を育てるところからチーズを作って販売すると...
200以上の温泉を有する温泉天国、「群馬県」。温泉玄人の県民曰く「温泉は泉質で選ぶ」とのこと。ここでは草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉など、群馬県...
草津、伊香保、四万、水上。いわゆる四大温泉の他にも、群馬県には温泉地がたくさんあります。その数なんと200以上。今回は、地元の人に聞いたおすすめ温泉を紹介...
紅葉は見に行きたいけど、渋滞にハマるのはイヤですよね。そこで、電車やバスを使って行ける「群馬の紅葉スポット」を紹介したいと思います。「東京駅」から群馬の主...
グンマあるある集めました。そして、県庁職員にぶつけてみました。「デートスポットは県庁かイオン」「中高生にセーブオンの39円アイスが人気」「学校の号令は、起...
きのこや野菜など、旬の味覚をお味噌汁を取り入れることで、季節の移ろいを感じることができます。具材の変化はもちろんですが、『毎日のお味噌汁』の著者・平山 由...
もともとソウルフードとは、アメリカ南部で黒人奴隷たちが、通常は捨てられる食材をなんとか食べられるように加工した料理のこと。チタリングス(豚のモツ)やハムホ...
結婚式やお葬式の際、ご祝儀袋や不祝儀袋はどのように持参するのがマナーなのか知っていますか?ふくさに包んで持っていくことは知っていても、渡し方や色の選び方ま...
キノコの真のポテンシャルの高さを知りました。
北海道厚真町で、農家の跡取りとして原木しいたけを栽培する堀田昌意さんにインタビュー。PR方法を工夫したり、販売ルートを変更して販売量を確保するなど、経営に...
まさか、きのこを「優雅」と形容する時が来るなんて。きのこに、ねえ。
ふくらはぎの真ん中の位置にすそがある、ミモレ丈。引き続きトレンドとなっていますが、人によっては「一番足が太く」見えてしまう長さなのです。体型を気にせずファ...