群馬県・前橋にあるチーズ工房から“愛って?”を考えた

群馬県前橋市にあるチーズ工房「Three Brown」
敷地内には、牛舎、放牧場、自宅まであり、牛を育てるところから、チーズを作って販売するところまで、すべてをご夫婦二人で担っています。

ここへはじめて行ったとき、チーズを試食させてもらいながら、奥さんから色んな話を聞きました。初対面にも関わらず、ご主人との馴れ初めとか、これまで大変だったこと、もちろんチーズのことも。

そしてこのとき、ここのテーマは「愛」一択だ、と思ったんです。

〜夫婦愛〜
「牛を飼って、チーズを作る」は
高校生のときからの夢

ご主人(北海道出身)と奥さん(群馬出身)お二人が出会ったのは、三重県の農業高校でした。この時から、ご主人は、牛を飼ってチーズを作りたいという夢を抱きます。そして、一緒に奥さんも夢を追いかけることになったんです。

簡単に言ってしまえば、そこから工房がオープンする2013年まで20年。その間ずーっとお二人は夢の実現に向けて奮闘されたということ。

もちろん、酪農もチーズもすべて一から。牛舎だって手作りです。しかも、その間にご結婚、3人のお子さんの誕生など、環境の変化もめまぐるしくて……。これ、詳細はぜひ、奥さんが綴られているブログを読んでみてください(私がここで簡単に説明するより、詳しくてわかりやすいです)。


ちょっとだけ先に言っておくと、話のなかでこんなことを聞きました。

「まだ始めたばっかりの頃、子どもたちに『お母さん、冷蔵庫にチーズしか入ってないよ?』って言われてハッとしたことがあって……」

笑顔でおっしゃっていましたが、そんな状況になるくらい、毎日必死で一生懸命だったってこと。でも、同時に心から好きなことを追及する楽しさも伝わってきました。あと、話の随所にご主人への愛が盛り込まれていました(笑)。


それにしても、高校生の時に抱いた夢を20年間も追い続けられるって(しかも二人で)、本当にすごい。思わず、自分は高校生の時何考えてたっけ?なんて考えてしまいました。

〜チーズ愛、牛愛〜
こだわりのチーズは
おいしいミルクがあってこそ。

このかわいい白い建物が工房兼お店です。

中に入ると、ショーケースにはチーズが10種類ほど。
奥さんが、説明と一緒においしい食べ方を教えてくれます。

人気なのは、ひょうたん型の「カチョカバロ」(一番左・100g 530円)。そのままでもおいしかったんですが、スライスして焼いて食べるのもおすすめだそうです。おすすめは「ジル」(一番右・640円)。私の一番のお気に入りは「ドリー」(真ん中・写真はドリーとクランベリー・530円)です。有機クランベリーとフロマージュのバランスがちょうどよくて、どれだけでも食べていられる感じでした。

7頭いる牛たちは、みんな、ブラウンスイス種です。一頭一頭に、ハンコック、チョッパー、ひまわりちゃんなど、ちゃんと名前がついていました。家族同然の愛情をかけて育てられている牛たちは、奥さんにとても懐いていました。

「うちは今は4頭しか搾っていないから、チーズに、顕著にミルクの感じが出ちゃうんです。だから、という訳でもないんだけど、いつも牛さんたちにおいしいミルクを出してもらえるように努力をしています。それでも『あれ、今日どうしたんだろう。ミルクの味がない』という時だってあります。ミルクの状態でチーズの味も全然違うから、主人と私の間で幅を決めていて、そのラインに入らないと販売しないようにしています。その分ちょっと無駄になるかもしれないけど、自分たちが良しとするものだけしか店頭に並べない、というのは徹底しています」

次は、何年越しになるだろう。

20年越しの夢を叶えた2013年から5年。
今はまた、新たな夢があるんだそうです。

「どこにいても食べられるというのも、ひとつの魅力かもしれないけど、私は“そこへ行かないと食べられない”というのがもっと魅力だと思っています。そこには、やっぱり、土地でのコラボというのをすごく考えていて、まだ実現できてはいないんだけど、粕川(この土地の名前)にある酒造さんの酵母とかお酒を使ったチーズができたら、唯一無二だと思っています。まさにここでしか食べられないチーズだと思っていて。発酵食品同士どんなことになるのかも興味深いなーって。ほかにも地域ならではっていうのができたらいいなと思っているんだけど、まだ途上段階で。実は酒造さんにもお声がけはできていなくて……(笑)」

って、やっぱりチーズのことでした。
あとはこんなことも。

「せっかくおいしいミルクを出してくれる牛さんがいるから、いつかジェラートをやりたいです。いつになるか……もう少し先だと思うけど」

 愛ってなんでしょう……。

最後、こんな話にもなりました。
辿りついたこたえは……

「愛って……。もう、すべて。私の人生全部、愛と感謝です」


山の麓の小さな工房は、ステキなストーリーと愛に溢れた場所でした。
続きはぜひ、奥さんから直接聞いてみてください。

チーズ工房「Three Brown」
住所:群馬県前橋市粕川町中之沢384-96
(カーナビやスマホの地図では検索されない可能性あり。詳細な道案内はHPで確認を)
TEL:027-285-6862
販売日:水曜日、日曜日、月末の土曜日
営業時間:10:00〜16:00

※保冷バック、保冷BOXの持参がおすすめ(保冷袋有料)
※野菜の販売もあり

Photo by 稲垣正倫
取材協力:群馬県
草津、伊香保、四万、水上。いわゆる四大温泉の他にも、群馬県には温泉地がたくさんあります。その数なんと200以上。今回は、地元の人に聞いたおすすめ温泉を紹介...
モッツァレラ、チェダー、リコッタ……。このチーズの順番はというと? チーズ料理で失敗した経験がある人も、これからチーズ料理に挑戦する人も、読み終わったころ...
2014年にオープンしてから、ずっと変わらずに"月に1回しか営業しない"というスタイルばかり注目されている。なぜこのスタイルに行き着いたのか?チーズに込め...
群馬県桐生市にある「桐生きのこ園」は、もともと生きくらげの専門店。社長の中島さんが自宅で食べるために100本のしいたけから1本だけいいものを残して育ててみ...
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
世界のベストスイーツTOP10に選ばれた台湾で人気NO.1の新食感かき氷 ICE MONSTER〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目3-7http...
「暑い」と、毎年ニュースでとりあげられがちなのが、岐阜県多治見市や埼玉県熊谷市や高知県四万十市。そして、群馬!そんな暑いまち・群馬の高崎市で気になったのが...
群馬県はすき焼きに入れる食材を県産で揃えることができ、「すき焼き自給率100%」の県と言われています。上州和牛、こんにゃく、下仁田ねぎ、生しいたけ、しゅん...
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
群馬県で世代を超えて親しまれている上毛かるたがモチーフの「上毛かるたせんべい」。伝統的な絵札を線画イラストでリデザイン。原料も素材も群馬県産にこだわり、郷...
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...
オリーブオイルとハーブさえあれば、どれだけ普通のチーズであっても魅力的なアペタイザーに。秘密は「マリネ」にありました。
高崎パスタ、焼きまんじゅう、おっきりこみ。小麦がたくさん獲れる群馬県では、ソウルフードのひとつとして、よく「粉もの料理」が食べられます。そんな群馬県民が愛...
ワインのお供にと、背伸びして買った「高級チーズ」。食べきれなかったからって、アルミ箔やラップで巻いちゃダメみたい。じゃあどう保存したら長くもつでしょうか。
チャームポイントはパッケージだけかと思いきや、意外と中身もいいんです。
約50年前、ドイツ人のシェフとともに日本人好みのチーズケーキを開発したパティシエのお店「ガトーフリアン」は、異国情緒ただよう長崎県は南島原市にありました。
エジプトの古代都市メンフィスの市長だった人物の墓で見つかったのは、なんと約3,300年前のチーズ!世界最古のチーズとみられています。
グンマあるある集めました。そして、県庁職員にぶつけてみました。「デートスポットは県庁かイオン」「中高生にセーブオンの39円アイスが人気」「学校の号令は、起...
200以上の温泉を有する温泉天国、「群馬県」。温泉玄人の県民曰く「温泉は泉質で選ぶ」とのこと。ここでは草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉など、群馬県...
濃厚チーズをふんだんにかけたマカロニを、とにかく食べたい。
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...
両親、家族、好きな人……。大切な人を想うための場所が、群馬県の嬬恋村(つまごいむら)にありました。その場所とは、ずばりキャベツ畑の中。