あの名作映画が、カラフルでアイコニックなポスターに。

イギリス・マンチェスターに住むヨルダン・ボルトンさんは、映画に出てくる小物などを集めてアイコニックなポスターを制作するアーティスト。

映画好きなら、見ているだけでワクワクしてきませんか?

カオナシのお面に、ソフィーの三つ編み。
「ジブリ」がいっぱい

千と千尋の神隠し(2001年)

もののけ姫(1997年)

となりのトトロ(1988年)

ハウルの動く城(2004年)

めくるめく
ウェス・アンダーソンの世界

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ(2001年)

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年)

ムーンライズ・キングダム(2012年)

ファンタスティック Mr.FOX(2009年)

もちろん、あの名作も。

ショーシャンクの空に(1994年)

ティファニーで朝食を(1961年)

キャロル(2015年)

アメリ(2001年)

パルプ・フィクション(1994年)

次は「キル・ビル」?
それとも「2001年宇宙の旅」?

独特の世界観があること、ぱっと目をひく色づかいがされていること、細かい描写で溢れていること。

僕はポスターを作るとき、こういう観点で映画を選んでいるんだ。だからかな、ジブリとウェス・アンダーソンの作品が多いのは。

次は、他の映画監督しばりで作ってみたくてね。挑戦したいのは、タランティーノ監督キューブリック監督スパイク・ジョーンズ監督の作品たちなんだ」

そんなヨルダンさんの作品は「JordanBoltonDesign」で購入することもできます。映画やアートが好きな人たちはぜひ。
Licensed material used with permission by Jordan Bolton(Instagram), (Etsy)
他の記事を見る
世界中のウェス・アンダーソンのファンが偶然出会った、映画のような実在の風景がたくさん集められているinstagramアカウント「accidentallyw...
クリスマスが近づくと見たくなる映画ってありますよね。今度からそのラインナップに、H&Mのショートフィルムが仲間入りをするかもしれません。なぜなら『ダージリ...
NetflixやAmazonプライムで何千という映画が観られる時代。ずらりと並ぶ映画一覧を前に、何から観ればよいか迷ってしまうこともしばしば。そんなときに...
コーヒーとチェリーパイと1枚の写真、下世話なテディベア、ドラッグ入りのミルク……。
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
散らかった部屋をキレイに整理整頓した時のような、満足感を与えてくれる水泳選手たち。暑い夏にプールで泳いで涼むのとはまた違うスカッとした爽快な気分にさせてく...
宮﨑駿監督のアニメーション作品が大好きだという外国人フォトグラファー。彼がつくりあげる世界観は、私たちの世界をまるで別世界に変えている──。
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
「ブレイド・ウール・ラグ」は、ウールの質感と同心円状に編み込まれたデザインが、フローリングに合います。映画で観たことある、あの感じ。アメリカンヴィンテージ...
ハロウィンの時期も近づき、ホラー映画で恋人との距離を縮めるためにも、名作ホラー映画を一緒に鑑賞してみてはいかがだろうか。『エクソシスト』、『シャイニング』...
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
好きな映画から好きなワンシーンを抜き出して描くイラストレーター長場 雄と、好きなセリフを抜き出し好き勝手に解説を描いたライターの鍵和田啓介。6つのジャンル...
2020年に出港を始めるクルーズ船「Mardi Gras」には、ジェットコースターが設置されるとのこと。その名にふさわしくクレイジーですね。
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
愛犬と一緒に行ける映画館がないなら自分で作ってしまおう、という考えのもとできた「K9 Cinemas」。愛犬と一緒に映画鑑賞を楽しむことができる!
「Collective-Evolution」に人生観を変える名作映画10選が掲載されているのでご紹介。これは、ライター兼ブロガーとして活躍中のJeff R...
アレハンドロ・ホドロフスキー。カルト映画の巨匠とされるチリ出身の監督は、今年、88歳を迎えた。とはいえ、この年齢になっても精力的に映画をつくり続ける姿は、...
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
従来の花火大会のものと異なり、写真ではなくイラスト、しかも秀逸なコピーまで載った5パターンのポスターが、この夏SNS上で話題に。これは第68回呉の夏まつり...