「生きろ!生きろ!生きろ!」88歳の映画監督からの魂のメッセージ

アレハンドロ・ホドロフスキー。カルト映画の巨匠とされるチリ出身の監督は、今年、88歳を迎えた。とはいえ、この年齢になっても精力的に映画をつくり続ける姿は、世界中を熱狂させている。

本作品『エンドレス・ポエトリー』のベースとなっているのは、ホドロフスキー自身の自伝。前作『リアリティのダンス』の続編となる本作は、青年時代のストーリー。チリの首都サンティアゴへ舞台を移し、様々な芸術家たちとの刺激的な出会いの日々が描かれている。その手法は、虚実入り交じったマジックリアリズム。夢と現実が交錯したような独特の映像は、唯一無二の存在だ。

詩人からの素晴らしい言葉

「歳をとることは屈辱じゃない。たとえすべてを失っても、君は輝かしい人間になるのだから」

この言葉は、ホドロフスキーが影響を受けたといわれる偉大なるチリの詩人ニカノール・パラのもの。彼が存命中に、ホドロフスキーは出会いを果たすことになる。そして、当時、101歳のパラに対して「その歳で、素晴らしいことはなんですか?」という質問を投げかけると、このように答えてくれたという。

ホドロフスキーの人生にとても大きな意味を与えてくれたこの言葉は、実際、本作の中でも台詞として使われているほど。同時に、このポジティブなメッセージは、僕たちの心にもしっかりと届けられる。

順風満帆ではなくても
「生きる」ことを諦めない

もともと、ホドロフスキーの名前を世に知らしめたのは、『エル・トポ』という作品。映画を観たアンディ・ウォーホールやデニス・ホッパーたちは、大絶賛した。その世界観にすっかり虜になったジョン・レノンは『エル・トポ』と次作の『ホーリー・マウンテン』の配給権を45万ドル(約5,050万円)で買い取った。そんな逸話も残っている。

しかし、その後、ホドロフスキーは、大きな困難にぶつかることになる。1995年、息子のテオを交通事故で亡くしたのだ。その後、しばらくは、映画を製作する意味を見失っていた。ようやく前作『リアリティのダンス』の中で家族を再生して、再び、映画に向かい合うようになったとのこと。23年ぶりにカムバックした際には、世界中で大きな話題となった。

今、ホドロフスキーのファンは全世界にいる。それは、順風満帆ではない人生でも、決して「生きる」ことを諦めない哲学にあるように感じるのだ。

世界中のファンから
クラウドファンディング

ホドロフスキーのイマジネーションを実現させるために、プロデューサー陣はクラウドファンディングに目をつけた。それは、カルト界の巨匠として世界中に知られるホドロフスキーの新作なら、資金集めができるかもしれないという狙いからだった。しかし、ホドロフスキー自身、物乞いをするようなことはしたくないという。

そんな彼を説得したのが、出資者に見返りとしても物や経験を与えるのではなく、出資額と等価の新たな通貨と両替をするといったアイディアだった。その通貨は、映画のタイトルにちなんで、ポエティックマネー。つまり、100ドル資金提供すれば、100ポエティックマネーと両替される。金額が大きい場合は、本人のサイン入り小切手と両替されるのだ。

ピカソの小切手をもらった人は、そのサインの価値を重視して、銀行で換金しないまま持っているらしい。将来、ホドロフスキーのポエティックマネーや小切手の価値も上がるはずだという。

このアイディアによって、「Kickstarter」で合計442,313ドル(約4,964万円)、さらには、「INDIEGOGO」で336,514ドル(約3,776万円)もの製作資金が集まったとのことだ。この映画、フランス、チリ、日本の合作ではあるが、出資者レベルでは世界60ヶ国の共同製作だといえるらしい。ポエムとアートと歌舞伎が同居したような奇想天外なストーリー、ホドロフスキーワールドは、ぜひ、劇場で堪能して欲しい。

『エンドレス・ポエトリー』
2017年11月18日(土)より、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷アップリンクほかで絶賛上映中。公式サイトは、コチラ

(C) 2016 SATORI FILMS, LE SOLEIL FILMS Y LE PACTE

Licensed material used with permission by エンドレス・ポエトリー
コーヒーとチェリーパイと1枚の写真、下世話なテディベア、ドラッグ入りのミルク……。
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
私は耳が聞こえないことを障がいだとは思わない。そう語るのは、映画監督の今村彩子さん。彼女は生まれながらにして耳が聞こえない。学校では友達の輪に入ってお喋り...
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
『CASSHERN』『GOEMON』の紀里谷和明監督が完成させた5年ぶりの新作映画『ラスト・ナイツ』が、11月14日(土)より全国公開される。紀里谷氏が処...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
映画を学ぶために12歳で単身渡英した後、ロンドンで暮らしながら海外アーティストのミュージックビデオ制作などで活躍するようになった映画監督・木村太一。自主制...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
サウジアラビア文化情報省が、12月11日に映画館の営業を35年ぶりに解禁することを発表した。一番最初に公開されるのが『少女は自転車にのって』ということを知...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
『黒帯KURO-OBI』『ハイキック・ガール!』など、凄いアクション映画を日本から世界に送り出すことを可能にした映画監督西冬彦。海外の映画を買い付けるバイ...
三浦半島城ケ島公園で、初の野外映画祭「星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN」が、9月30日に1日限定で開催されます。映画監督専用のギャ...
アウシュヴィッツ強制収容所でのホロコースト。もしも、加害者と犠牲者の孫世代が恋に落ちたら…。映画『ブルーム・オブ・イエスタディ』は、タブーの扉を開けた挑戦...
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
『CASSHERN』『GOEMON』の紀里谷和明監督が完成させた5年ぶりの新作映画『ラスト・ナイツ』が、本日11月14日(土)に公開となった。「すべての問...