映画監督・紀里谷和明が再始動。新作で「壮大なチャレンジ」に臨む

映画『CASSHERN』『GOEMON』『ラスト・ナイツ』の紀里谷和明監督が挑む新作『新世界』の制作に先駆け、パイロット映像の制作応援サポーターの募集が「Makuake」で開始された。

©KIRIYAPICTURES

ハリウッド初進出作品である『ラスト・ナイツ』の公開から5年。

自身が思い描いてたような興行成績を収めることはできず、その敗因を「圧倒的ではなかったから」と語っていた紀里谷和明監督が、再び映画制作をスタートさせる。

『新世界』の舞台となるのは近未来の東京。登場キャラクターのモチーフは戦国時代に名を馳せた個性豊かな歴史上の人物たち。

紀里谷監督のストイックかつ美しい世界観に再び触れることができるのは楽しみだが、それにも増して注目したいのは、クリエイティブに立ちはだかる「制約条件」という壁への挑戦が、本制作に含まれている点だ。

©KIRIYAPICTURES

「真のクリエイティブ」復興への挑戦

「Makuake」のページには、このようなことが書かれている。

「クリエイターにとって、ものづくりをするための物理的な環境や資金問題などがより厳しい状況になった。

 

様々な制約条件の中でも真の『クリエイティブ』を追求する映像制作をおこなうことで、芸術の本質を問いかけ、次世代のクリエイターたちにもその姿を見てもらいたいと考えています」

具体的なことは明らかにされていないが、誰もが困難としていた「ビジネス」と「真のクリエイティブ」を両立させる構想が垣間見える。

「制約条件」という逆境が、制作からマネタイズまでの新たな手法を生み出すならば、これは 「敵」ではなく、むしろ「味方」となるのではないか。むしろそうなることを願ってやまない。

自由な表現の解放への道を、紀里谷監督が開拓してくれることを応援するとともに、ひとりでも多くのクリエイターたちが、『新世界』制作サポーターとなってプロセスを目撃し、後に続くことを期待したい。

©KIRIYAPICTURES

Makuake」の応援購入で得られるのは、制作動画ダウンロードといった「モノ」だけでなく、制作過程や、監督と制作チームによるオンライントークイベントの視聴、監督との1on1セッション、出張講演など、最先端を行くクリエイターの思考やプロセスに触れることができる特典ばかり。他に類を見ないプロジェクトと言えるだろう。

なお、つい先日、『新世界』の制作にGACKTの参加が発表されたばかり。以下のようにコメントを寄せている。

「世界中が混沌の淵にある。

 

そんな中で、こういった質の高い芸術が日本から生み出されることにボクGACKTも心打たれました。ともすれば地球上からエンターテイメントが消滅しかねない状況でクリエーターやアーティストが立ち上がり、力を結集させて、そしてそれを支持するサポーターたちが立ち上がってくれる。

 

ただ観衆になるだけではなく、誰もが一緒に創り上げてゆく。盟友・紀里谷監督だからではなく、この作品の在り方に対して、ボクもひとりの日本人アーティストとして参加します」

Top image: © KIRIYAPICTURES

関連する記事

『CASSHERN』『GOEMON』の紀里谷和明監督が完成させた5年ぶりの新作映画『ラスト・ナイツ』が、本日11月14日(土)に公開となった。「すべての問...
『CASSHERN』『GOEMON』の紀里谷和明監督が完成させた5年ぶりの新作映画『ラスト・ナイツ』が、11月14日(土)より全国公開される。紀里谷氏が処...
紀里谷 和明/Kazuaki Kiriya映画監督・演出家・写真家1968年熊本県生まれ。83年15歳で渡米、マサチューセッツ州ケンブリッジ高校卒業後、パ...
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
足けりバイク・キックスケーター・自転車の3つのモードで乗ることが可能な幼児用自転車「Kiccle」が、先週4月5日(月)から発売!
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア世の中がザワザワしているーー。戦後70年をむかえる2015年8月。戦争、防...
ポーランドを知るなら映画から入るのもアリでしょう。というのも、同国は古くから映画先進国だったから。そんなポーランドの映画に対する関心度の高さがわかるホテル...
コーヒーとチェリーパイと1枚の写真、下世話なテディベア、ドラッグ入りのミルク……。
映画『アイリッシュマン』を日本国内のスクリーンで観ることは諦めるしかない。日本では11月5日に「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」で3回上映されるのみ。チケ...
米国で2番目の規模を誇る大手映画館グループ「リーガル・シネマズ」が、10月5日、全米にある536の映画館のすべてを閉鎖すると発表。閉鎖の原因は、新型コロナ...
地球を周回する軌道上の人工物が、これまで考えられていた以上に夜空を明るくしていることが判明。
台湾を代表する映画監督、ツァイ・ミンリャンが手がけ、ヴェネチア国際映画祭で発表&絶賛された『蘭若寺の住人』が、東京・六本木の「ANB Tokyo」にて期間...
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
Netflixでおすすめ! 恋愛がしたくなる「Netflixオリジナル作品の映画」を紹介。『マリッジ・ストーリー』『マーダー・ミステリー』『いつかはマイ・...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
今まで映画についていろいろと書いたことがありますが、今回は懐かしい映画についての話です。
世界初のセレクトショップ「コレット」。その閉店までの日々を追ったドキュメンタリー映画『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』」...
『ラ・ラ・ランド』を手掛けたダミアン・シャゼル監督が、iPhoneでショートフィルムを撮影。迫力のあるアクションシーンを含む全編がYouTubeで観られる!
動物搾取の事実を取り上げたり、ヴィーガンメッセージを含んだヴィーガンフレンドリーな映画。そのジャンルに特化してリスト化した「VegMovies」がオープン...
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...

おすすめ記事

2010年に建設が決定した台湾のサステイナブルなマンション「陶朱隠園(Tao Zhu Yin Yuan0」が、今年、ついに完成予定だ。約23000本の樹木...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
単純に、「すごい」ってなるはず。
先日3日、米「Netflix」が新しいサービス「Fast Laughs」を発表した。公式アプリのひとつの機能として追加されたこのサービスは、「TikTok...
エドヴァルド・ムンクによる有名な絵画『叫び』のオリジナルバージョンには、左上に「狂人にしか描けない!」と鉛筆で書かれたメッセージが1904年に見つかってい...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...