この映画を観たら、気が置けない仲間と旅へ出たくなった

「人が旅をするのは到着するためではなく、旅をするためである」

これは、ドイツの詩人・ゲーテによるものだが、本作『50年後のボクたちは』は、まさにこの言葉を体現したような映画だ。

物語の主人公は、14歳の少年ふたり。変人扱いされてる冴えないマイクとヤバい匂いのする転校生チックだ。クラスのはみ出し者同士は、いつの間にか意気投合。夏休みには、無断で借用したオンボロ車に乗って旅へと出発する。

目指すのは、ドイツ語で“地図にのっていない未開の地”を意味するワラキア。つまり、目的地なんかテキトーであり、ふたりにとっては旅そのものが目的なのだ。一生忘れることができない14歳の旅。スクリーンの中でハチャメチャなことをしでかす少年たちに触発され、あなたもかつて抱いていた冒険心が蘇り、彼らと一緒に旅をしているような気持ちになれることだろう。

原作は
ドイツの大ベストセラー小説

2015d8b7acde4ed54c395bb649a978348b348936

この映画の原作は、ドイツ国内で220万部以上を売り上げた大ベストセラー小説『14歳、僕らの疾走』。ドイツ児童文学賞をはじめ多くの賞を総ナメにして、舞台版でも最多上映作品になるなど驚異的なヒットを飛ばした文学作品だ。ドイツだけではなく26ヶ国で翻訳されていることからも、世界中で共感を呼んでいるといえるかもしれない。

14歳という年齢はどこか不安定だ。それは、映画の主人公だけではなく僕ら自身も味わったはず。子どもから大人への階段をのぼる過程では、誰もが内なるエネルギーを持て余したり、好きな異性の前でもどかしい想いをしたり、思い通りにいかない経験を味わったに違いない。だからこそ、この等身大の物語は多くの支持を得ているのだという気がする。

旅は人を成長させる

88ee7712a6d8625ca74b6bcc70f02000f595c6b6

旅は、いろいろな意味で人を成長させてくれるものだ。それは、単純に視点が拡がるからであり、多くの見知らぬ人たちとの出会いを通じて、これまでの自分の人生には存在しなかった様々なものがインプットされるからだと思う。

5ca0a6038c0c7891b99ee774a049aa92d92ac114Bba774c0915b26efb9eefc4c6f5f98ecec416c2e

ティーンエージャーのマイクとチックもしかり。ふたりは、追いかけてくる警察を振りきったり、ガス欠になったり、野宿をしたり…日常では想像もつかないような出来事に遭遇する。それでも、ピンチを切り抜けて旅を続けることで、たくましく成長していく。

痛快だと思えたのは、自分には興味を示さないクラスメイトの女の子と彼女に恋したマイクの関係が逆転するところ。旅から帰ってきたマイク自身が、もう彼女のことなんてどうでもよくなっているシーンだ。心なしか、マイクの表情が男っぽくなり、身体全体からも自信がみなぎっているようにも見受けられる。旅は様々なことを僕たちに教えてくれるのだ。

作者のアナザーストーリー

A14efeb79de8a280dd86070527efd1d495361713

これ以上、書くとネタバレになってしまうのでストーリーについてはこのへんで止めておく。最後に、この小説を書いた作家ヴォルフガング・ヘルンドルフについて。

じつは彼、2013年に48歳という若さで他界している。異変に気づいたのは2010年のこと。脳腫瘍と診断され、もともと書きあげていたこの青春小説に加筆する決断をしたようだ。

死を強く意識しながらも、自分自身を疾走するマイクとチックに重ねて、全身のエネルギーを注いで物語を編み出したとのこと。個人的な想像ではあるが、人生の終焉を見据えながらヘルンドルフは、14歳の頃に戻りたかかったのではないだろうか。彼自身が、オンボロ車に乗って、不器用に、まっすぐに、どこまでも走り続けたかったのではないだろうか。

そんな背景をインプットしながらスクリーンに向かえば、よりエモーショナルに物語を堪能できるだろう。

『50年後のボクたちは』
2017年9月16日(土)よりヒューマントランスシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。公式サイトはコチラ

Licensed material used with permission by 50年後のボクたちは
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.45
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.57
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
はるか2,400kmの道のり。日本人の感覚からいえば、その距離を歩くだけでも信じられない。しかし、本作品『ラサへの歩き方』では、チベット人たちが「五体投地...
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
渋谷・道玄坂の人気クラブ「 VISION」で音楽と踊りと空間を満喫するパーティガールたちをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
60年代、NYのポップアート界で盲目の画家として注目されたマヌエル・カミンスキーって知ってるよね?アンリ・マティスに師事し、パブロフ・ピカソに嫉妬された画...
アウシュヴィッツ強制収容所でのホロコースト。もしも、加害者と犠牲者の孫世代が恋に落ちたら…。映画『ブルーム・オブ・イエスタディ』は、タブーの扉を開けた挑戦...
人気、実力共にフランスを代表する監督になったフランソワ・オゾン。最新作『婚約者の友人』は「嘘」について描かれた映画だ。第一次世界大戦後のフランスとドイツを...
『ドラえもん』で知られる藤子・F・不二雄氏の作品で1番僕が好きなのは『21エモン』かもしれない。宇宙へ旅に出たくて旅をする少年21エモン。そのキャラクター...
奈良県の「奈良漬け」は、白瓜やきゅうり、生姜などの野菜を酒粕で漬け込んだ漬物のこと。その歴史は西暦700年代、奈良に都があった平城京の時代にまで遡ります。...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
ハロウィンの時期も近づき、ホラー映画で恋人との距離を縮めるためにも、名作ホラー映画を一緒に鑑賞してみてはいかがだろうか。『エクソシスト』、『シャイニング』...
アレハンドロ・ホドロフスキー。カルト映画の巨匠とされるチリ出身の監督は、今年、88歳を迎えた。とはいえ、この年齢になっても精力的に映画をつくり続ける姿は、...
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
TABI LABOライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める記...
「後悔する」なんてことはわかっている。それなのに観てしまう。あれって人間の何を刺激しているんだろう?『Elite Daily』では、こんなふうに解説してい...
『アップリンク渋谷』は、2017年公開の話題作(全47作品だって!)を、12月23日(土)〜2018年1月26日(金)の約1か月間、特別に再上映してくれま...
飛躍的に増えた外国人観光客は、2020年開催の東京オリンピックでひとつのピークを迎えると言われている。国際社会における「ホントのおもてなしとは何か?」とい...