「映画の気分だけど、特に観たいものはない」そんなときはコレ。

NetflixやAmazonプライムで何千という映画が観られる時代。ずらりと並ぶ映画一覧を前に、何から観ればよいか迷ってしまうこともしばしば。

そんなときにチェックしたいのが「100 Essential Films Scratch-Off Chart」だ。

マストウォッチな名作映画100本

ポスターメーカー・Pop Chart Labがつくった「100 Essential Films Scratch-Off Chart」は、マストウォッチな名作映画100作品が並んだポスターだ。

1916年のサイレント映画『イントレランス』から、『羊たちの沈黙』、『市民ケーン』、『サウンド・オブ・ミュージック』、『ショーシャンクの空に』、『トイ・ストーリー』、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』──そして日本では今年10月に公開されたばかりのホラー映画『ゲット・アウト』まで。過去100年で映画館を賑わせた作品がシンプルなグラフィックで表現されている

ちなみに、この100選を誰が選んだのかは定かでない。「あの映画、名作なのに入っていない!」と憤るのもまた一興。

観たらスクラッチ

ポスターに描かれている100のグラフィックは、どれも銀箔で覆われている。そう、このポスターはスクラッチ形式。映画を観たあとに銀箔を削ると、イラストが完成する仕組みなのだ。

必読小説100本バージョンも

Pop Chart Labの名作100選ポスター、実は映画版のほかに海外小説版も。

100 Essential Novels Scratch-Off Chart」は1605年の「ドン・キホーテ」から2007年の「Tree of Smoke」まで、海外の名作小説が100選描かれたポスターだ。小説版も映画版同様に金箔で覆われており、読み終わったらスクラッチする仕様。

映画や読書好きの人は鑑賞・読書記録として。そうでない人には、新しい世界への道案内役として。秋の夜長のお供にどうだろう?

Licensed material used with permission by 100 Essential Films Scratch-Off Chart

関連する記事

Twitter上にアップされて多くの話題を呼んだのが、今では名作として語られる映画作品が80年代から90年代にガーナで上映された際に作成されたポスターの数々。
今年も「アップリンク」の「見逃した映画特集」が開催。12月18日(木)〜2021年1月21日(金)、渋谷・吉祥寺・京都の3館で延べ100作品以上が上映予定。
好きな映画から好きなワンシーンを抜き出して描くイラストレーター長場 雄と、好きなセリフを抜き出し好き勝手に解説を描いたライターの鍵和田啓介。6つのジャンル...
Netflixでおすすめ! 恋愛がしたくなる「Netflixオリジナル作品の映画」を紹介。『マリッジ・ストーリー』『マーダー・ミステリー』『いつかはマイ・...
アメリカを拠点とする「Allergy Amulet Inc.」は、創業者兼CEOの「Abigail Barnes」氏の幼少期の体験をもとに、食品に含まれる...
ポーランドを知るなら映画から入るのもアリでしょう。というのも、同国は古くから映画先進国だったから。そんなポーランドの映画に対する関心度の高さがわかるホテル...
Netflixでおすすめの映画・ドラマ・ドキュメンタリーを18作品紹介。全て「Netflixオリジナル作品」からピックアップしました。
映画『アイリッシュマン』を日本国内のスクリーンで観ることは諦めるしかない。日本では11月5日に「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」で3回上映されるのみ。チケ...
好きな映画から好きなワンシーンを抜き出して描くイラストレーター長場 雄と、好きなセリフを抜き出し好き勝手に解説を描いたライターの鍵和田啓介。6つのジャンル...
ジャケット写真も、出演者の情報もない。たったひとつのセリフだけをみて、心に刺さった作品を選んでみる。
ライフスタイルマガジン「Hanako」が、バナナ「こだわリッチ」とコラボ。パッケージにてバナナに込められた生産者の想いを可視化するほか、シールをめくってQ...
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
ハロウィンの時期も近づき、ホラー映画で恋人との距離を縮めるためにも、名作ホラー映画を一緒に鑑賞してみてはいかがだろうか。『エクソシスト』、『シャイニング』...
動物搾取の事実を取り上げたり、ヴィーガンメッセージを含んだヴィーガンフレンドリーな映画。そのジャンルに特化してリスト化した「VegMovies」がオープン...
“100人の100歳越えによる100歳になるアドバイス”をまとめたWEBサイトの紹介です。
色使いや絵のタッチなど、日本のソレとは大きく異なる東欧のポスター。ポーランドの首都ワルシャワには、世界初のポスターの博物館「Muzeum Plakatu ...
「Tribecca Studios」とYouTubeがタッグを組んだオンライン映画祭「We Are One: A Global Film Festival...
『アップリンク渋谷』は、2017年公開の話題作(全47作品だって!)を、12月23日(土)〜2018年1月26日(金)の約1か月間、特別に再上映してくれま...
昨年約110万人が来場した大人気映画祭「HIBIYA CINEMA FESTIVAL(日比谷シネマフェスティバル)2020」が、10月16日〜11月8日、...
世界初のセレクトショップ「コレット」。その閉店までの日々を追ったドキュメンタリー映画『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』」...
「ButterflyAudio」は、テレビで映画を観る際に最適な首掛けのワイヤレススピーカー。耳に限りなく近い位置に大口径のスピーカーを搭載し、迫力ある重...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
米「Amazon」は、先月末、プライムメンバー向けに「Watch Party(ウォッチパーティー)」という「Co-watching(共同視聴)」機能を提供...
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
映画『ホーム・アローン』の公開30周年を祝うべく、「DISNEY+(ディズニープラス)」が起用したのは、イギリス人フードアーティストのMichelle W...
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
12月3日、米エンターテインメント企業「ワーナー・ブラザース」が、2021年に公開予定の作品を映画館だけでなく動画ストリーミングサービス「HBO Max」...