「人生なんてそんなもんさ。だけど逆転することもある」名セリフで楽しむ映画10選

イラストレーター長場 雄と、映画ライターの鍵和田啓介による絵本のような書籍『みんなの映画100選「あのシーン」「あのセリフ」』(株式会社オークラ出版)。二人が好きな映画から、好きなワンシーンを抜き出して描き、好きなセリフを抜き出して好き勝手に解説を書いた本書が、どうして「みんなの映画」と名付けられているか。

読んでいく中で「そうそう!」と膝を打つものもあれば、「これは違うな」と顔をしかめたくなるものもあるはず。あるいは「なんであれが入ってない」とツッコミたくなることだって。そうやって、101作品目を自分でイメージすることも、この本の楽しみ方。

ということで、TABI LABO的独断と偏見で、好き勝手に選んだ10作品をどうぞ。

01.

「人生なんてそんなもんさ。だけど逆転することもある」名セリフで楽しむ映画10選

家族を大切にしないヤツは本当の男にはなれない。

──『ゴッドファーザー』

02.

ほんの数回だけ他者と真の関係を築けたことがある。それだけが僕の人生に意味を与えてくれた。

──『シングルマン』

03.

誰かの“所有物”になるなんて最悪。私は自分自身でいたいの。

──『(500)日のサマー』

04.

「人生なんてそんなもんさ。だけど逆転することもある」名セリフで楽しむ映画10選

「お前にもチャンスは来る。そのとき自体は一変するわ」

「いつ変わるの?」

「期待するのをやめたときかしら」

──『夢のチョコレート工場』

05.

「確かに僕は君を愛した。そして、お互いに憎み合い、支配し合おうとして、苦しめあった」

「それが結婚よ」

──『ゴーン・ガール』

06.

“現在”って不満なものなんだ。それが人生だから。

──『ミッドナイト・イン・パリ』

07.

「人生なんてそんなもんさ。だけど逆転することもある」名セリフで楽しむ映画10選

 私はどこにでもいる平凡な男だ。平凡な人生をあゆみ、名を残すことなくじきに忘れられる。でも1つだけ、誰にも負けなかったことがある。命懸けである人を愛した。私にはそれで十分だ。

──『きみに読む物語』

かつてノアとアリー(主人公)は情熱的に愛し合った。身分違いの恋だったし、周囲の反対も凄かった。恋敵が登場したり、すれ違いもあったけど、それでも2人は狂おしいまでに愛し合っていた。

これは誰にも覆せない事実である。しかし、2人ともすっかり老け込んでしまった今、この愛は一方通行になってしまった。どうしてか。ノアは彼女を変わらず愛してはいるが、アニーが認知症になってしまったからだ。

しかし、ノアは諦めない。初めて会ったかのように接してくるアニーに対して、自分たちの愛の物語を読み聞かせるのだ。「何だか聞き覚えがある」と反応してくれたりもする日もあれば、まったく興味を示してくれない日もある。それでも、ノアは思い出すまで読み聞かせを続けることを止めない。これほどまでに人を愛せるノアってやつは、凄いとしかいいようがない。

08.

大人になるってのは、責任を果たして、かつ遊べるようになることさ。

──『ウェインズ・ワールド2』

09.

貧困の中に高貴さなどない。俺にはリッチだったときも、貧乏だったときもあった。そして、いつでもリッチであることを選んできた。

──『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

10.

人生なんてそんなもんさ。だけど逆転することもある。

──『トゥルー・ロマンス』

「人生は山あり他にあり」なんて言葉があるが果たして本当か。実際のところ、山も谷もない平坦な人生を送っている人が大多数なのではないか。クラレンスとアラバマ(登場人物)もまた、それぞれに平坦な人生を送ってきた。しかし、2人が出会い、たちまち恋に落ち、コールガールをしているアラバマの雇い主をクラレンスが殺してしまったことから事態は一変する。
平坦な大陸プレート同士が衝突し、地面が劇的に隆起したかのように(雇い主を殺した旨をクラレンスから告げられたアラバマの反応もいい。いわく「殺したなんて…なんてロマンチックなの!」)。
映画の冒頭でつぶやかれるこのセリフが指しているのは、おそらくそんな事態だ。たとえ「そんなもん」でしかない人生であろうとも、ひょんな出会いから「ロマンチック」になりうる。だから人生、捨てたもんじゃないと。