名言のように心に響く、あのセリフ。「みんなの映画100選」。

映画が世に誕生して100年以上。無声だった映画に音声が加わってからというもの、どんな作品にも忘れがたいシーンとセリフが登場してきました。

『みんなの映画100選「あのシーン」「あのセリフ」』(株式会社オークラ出版)は、そんなシーンとセリフにまつわる本。もしかしたら、絵本という表現の方が正しいのかも。

人物の特徴を絶妙に捉えた線画は、イラストレーター長場 雄によるもの。そこに映画ライターの鍵和田啓介が添えるセリフ、さらに解説。抜群の相性をみせるシーンとセリフ。聞けばこれ、2人が好き勝手に抜き出したものだとか。「そうそう」も「ツッコミ」もオールOK!ゆえに「みんなの映画」ということだそうですから。

あ〜、帰りにレンタルショップに寄るか、Netflixで検索しようかな。

01.

あなたはどこも劣ってない。非凡なだけだよ。

──『シザーハンズ』

02.

キャリアは20世紀の遺物だ。

──『イントゥ・ザ・ワイルド』

03.

彼らは個人の自由についてならいくらでも話すだろう。だけど、実際に自由な個人を見るのは怖いのさ。

──『イージー・ライダー』

04.

アインシュタインは2度も落第した。ベートーヴェンは耳が聞こえなかったし、ヘレン・ケラーは目が見えなかった。チャンスはあるはず。

──『ロッキー』

05.

何事も成せば成る。

──『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」ということわざがある。行動さえ起こせば成果は得られるという意味だ。

何かしらの行動を起こさなければ、何の成果も得られないというのは本当だろう。しかし、何かしらの行動を起こしたところで、何の成果も得られないことがある。というか、世の中にはそんなことの方が多い。ここから道は二つに別れる。それならば動かないという道と、それでも動くという道に。

発明家であるドクはこの言葉を口癖にして後者を選んだ。そして、タイムマシンを見事に完成させた。加えて、この口癖は彼を慕う青年マーティが自身の未来を変えるべく行動するためのきっかけにもなった。動かないことを選ぶのもそれはそれで有意義だろう。しかし、よりダイナミックな人生を歩みたいなら動くべきなのだ。

06.

あまり思い詰めずに気軽にやる。色んな奴を見てきたがそれが一番だ。

──『タクシードライバー』

07.

本当の負け犬とは、勝てないことを恐れて挑戦もしない奴のことだ。

──『リトル・ミス・サンシャイン』

08.

私は外見の美しさに興味はないの。長続きしないから。……重要なのはその人が何をしたいか。

──『ギルバート・グレイプ』

09.

男には戦うべきときと、受け入れるべきときがある。戦い続けるのは愚か者だが、私は愚か者だった。

──『ビッグ・フィッシュ』

エドワードはたまたまサーカスの会場で目撃した見知らぬ女に瞳を奪われる。一目惚れというやつだ。彼女こそ「運命の人」だと直感したエドワードが、サーカスの団長に件の女のことを尋ねると、悪どい団長は「彼女についての情報を月に1つ教える代わりに無償で働け」という途轍もなくブラックな条件をつきつけてくるではないか。しかし、猪突猛進型のエドワードはこの条件をポジティブに飲み込み、数年掛かりで件の女の住所を手に入れる。一目散に彼女の家に赴き、満を辞してプロポーズしたエドワードだったが、何と彼女には既にフィアンセがいるという。これにめげるはずもない彼が心の中で呟いたのがこの言葉だ。人には物わかりの悪い愚か者に進んでならなければならないときがある。エドワードにとってはこの瞬間がまさにそのときだったのだろう。

10.

人間関係っていうのはサメと同じで、常に前進していないと死んでしまうのさ。

──『アニー・ホール』

好きな映画から好きなワンシーンを抜き出して描くイラストレーター長場 雄と、好きなセリフを抜き出し好き勝手に解説を描いたライターの鍵和田啓介。6つのジャンル...
ジャケット写真も、出演者の情報もない。たったひとつのセリフだけをみて、心に刺さった作品を選んでみる。
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
NetflixやAmazonプライムで何千という映画が観られる時代。ずらりと並ぶ映画一覧を前に、何から観ればよいか迷ってしまうこともしばしば。そんなときに...
スーツに見える作業着「ワークウェアスーツ(WWS)」と、アパレルブランド「ジャーナル スタンダード レリューム(JOURNAL STANDARD relu...
Netflixでおすすめ! 恋愛がしたくなる「Netflixオリジナル作品の映画」を紹介。『マリッジ・ストーリー』『マーダー・ミステリー』『いつかはマイ・...
ポーランドを知るなら映画から入るのもアリでしょう。というのも、同国は古くから映画先進国だったから。そんなポーランドの映画に対する関心度の高さがわかるホテル...
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
「Collective-Evolution」に人生観を変える名作映画10選が掲載されているのでご紹介。これは、ライター兼ブロガーとして活躍中のJeff R...
ハロウィンの時期も近づき、ホラー映画で恋人との距離を縮めるためにも、名作ホラー映画を一緒に鑑賞してみてはいかがだろうか。『エクソシスト』、『シャイニング』...
アパレル業界の廃棄課題に取り組むブランド「Rename(リネーム)」がおこなうアップサイクルプロジェクト「Rename X(リネームクロス)」から、リラッ...
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
いつまでも記憶にのこるシーンには、頭から離れないセリフがつきもの。それを文字(レタリング)におこすことで映画から名場面を抜き出したアーティストがいます。そ...
思い出してさめざめと泣くわけじゃない。こんなオトコに二度と引っかからないよう、私の、そして誰かの教訓にするために。本当にあった、私の人生、最悪なセリフ。
炭酸水で割って楽しむもよし、ミルクで割ってチャイラテとして楽しむもよし!スペシャルティコーヒー専門店「LIGHT UP COFFEE」から、コーヒーのクラ...
着用型ロボット、パワードスーツ「ATOUN MODEL Y + kote」は、腰と腕を同時にアシストし、重いものをカンタンに持ち運ぶことが可能。腰への負担...
Twitter上にアップされて多くの話題を呼んだのが、今では名作として語られる映画作品が80年代から90年代にガーナで上映された際に作成されたポスターの数々。
今まで映画についていろいろと書いたことがありますが、今回は懐かしい映画についての話です。
愛犬と一緒に行ける映画館がないなら自分で作ってしまおう、という考えのもとできた「K9 Cinemas」。愛犬と一緒に映画鑑賞を楽しむことができる!
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
思い出してさめざめと泣くわけじゃない。こんなオトコに二度と引っかからないよう、私の、そして誰かの教訓にするために。本当にあった、私の人生、最悪なセリフ。
いつでも未来にワクワクしていたい。だけど忙しく働く日々の中では、どうしても自分の可能性を、信じられない時もあって。だからこんな名言が、みなさんの体のどこか...