600万円の「大人のおもちゃ」は、オフィスにぴったり!?

サンフランシスコを拠点とするデザイン会社「Hero Design」。彼らがつくった“ビジネスマン向けのおもちゃ”が話題を呼んでいます。その名も「Everbright」。どんなものか見ていきましょう。

使用しているのは、
464色に変化するLED照明!

everbright-2

その使い方は簡単。ディスプレイに設置されている一つ一つのLEDライトのダイヤルを回すと色が変わる仕掛け。変化する色の種類、なんと464色!

everbright-5

自分の好きな色を使って、さまざまな作品を作れます。たとえばこんな感じ。

everbright-6

まさに十人十色。作れるものは無限大。

everbright-3

使用後は、ボタンを押すだけで簡単に元の状態にリセットできます。使わない時は、自動的に数種類のアニメーションが流れるようにプログラムされているので、単純に壁の“飾り”としても機能してくれます。

疲れた頭をリフレッシュ!
会議室を遊び場に!?

同社ウェブサイトには、「このEverbrightは、新しいことを探求するクリエイティブな人たち向けのオモチャ。使うだけで疲れた頭をリフレッシュしてくれます!」と紹介されています。everbright-4

加えて同社では、企業にこそ買ってほしいとアピール。コーヒーを飲んで夜遅くまでチームビルディングのことを話すより、「Everbright」で遊ぶほうがよほどクリエイティブだとか。
アイデアにいき詰まった時に遊ぶと、思いがけないひらめきが起こるかも!?

everbright-6

値段は大きさにもよりますが、14,000〜50,000ドル(約170〜600万円)とかなり高め。

everbright-7

ぜひ、動画もチェックを!

Licensed material used with permission by Hero Design

クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp世界的な建築家と数多くのプロジェクトを作りあげてきた...
家のリビングや子ども部屋が、おもちゃで埋め尽くされていませんか?子どもはおもちゃが大好きですが、たくさん与えることがそのまま子どもの幸せにつながるかと言え...
おもちゃと言って侮ってはいけない。お国柄によっても違うし、貧富の差によっても大きく違ってなかなか深い。どんなモノを持っているかによって、その子の「生き方」...
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
湖でパパのバス釣りにお付き合いのエイブリーちゃん。愛用の釣竿は、おもちゃの「Barbie Fishing Pole」。真似ごとのつもりが、少女のロッドをし...
お値段199ドル、日本円にしておよそ2万2,000円。あえて価格から紹介するのも、この手の海外モノの照明にしては、かなりコストパフォーマンスが高い方だと思...
メキシコの写真家、Felix Hernandez Rodriguez(フェリックス・ヘルナンデス・ロドリゲス)さんの写真は、一見映画のワンシーンのようで、...
かつてないほど高度な情報化を迎えた私たちの社会に、必要不可欠となった「プログラミング」の技術。優秀なプログラマの育成が世界各国で課題になるなど、その教育の...
ただただ“明るくて、表示をシンプルにしたら、わりと洒落た雰囲気になった”って感じ。そこがおもしろいと思います。チープだとか、おもちゃみたいだとか、この時計...
子どもが大切にしていたぬいぐるみの脚がもぎれたり、耳がちぎれたり、破れてしまったら……。あとはもう、捨ててしまうだけでしょうか?大切なおもちゃを「修理」で...
パティシエが作るお菓子はとても美味しそうですが、デザインのプロが手がけたクッキーは…キュート&カラフル!パントーンを選ぶところがさすがプロ!細かいアイシン...
パッと思い浮かんだのは、ハイパーヨーヨー。「ループ・ザ・ループ」や「ウォーク・ザ・ドッグ」「アラウンド・ザ・ワールド」…いろんな技があったよなあ。TVで見...
いまや、低価格で安全な小型ドローンがおもちゃ屋にずらっと並ぶ時代です。アイデア商品もたくさん出ていますが、ドローンを「作れる」おもちゃがあるのをご存知です...
ちょっとした照明の使い方で、部屋のムードはがらっと変わるもの。とくに間接照明は光を和らげて、一日の終わりを彩ってくれる和やかなものです。こちら、ドイツ発の...
僕は、基本的に手ぶらが好きなんです。大きなカバンを持ち歩くことも多いですが、手荷物は、ポケットの中におさまるくらいでちょうどいい。いつでも身軽でいたいんで...
〈THE PARK SHOP(ザ・パーク ショップ)〉の「レンジャー ボックス カート」。玄関先のツールボックスとして活躍中です。
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
日本でも、地方をドライブしていると“かつてはガソリンスタンドだった”ような場所をよく見かけます。でも、ここは地方ではなくロンドン。ホワイト・シティ地区にあ...
〈PENCO〉の「Squeeze Case」。子どもたちに人気のスクイーズと同じく、思わず握ってしまうラバーの感触が楽しいペンケース。どこか海外製品のよう...
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...