600万円の「大人のおもちゃ」は、オフィスにぴったり!?

サンフランシスコを拠点とするデザイン会社「Hero Design」。彼らがつくった“ビジネスマン向けのおもちゃ”が話題を呼んでいます。その名も「Everbright」。どんなものか見ていきましょう。

使用しているのは、
464色に変化するLED照明!

everbright-2

その使い方は簡単。ディスプレイに設置されている一つ一つのLEDライトのダイヤルを回すと色が変わる仕掛け。変化する色の種類、なんと464色!

everbright-5

自分の好きな色を使って、さまざまな作品を作れます。たとえばこんな感じ。

everbright-6

まさに十人十色。作れるものは無限大。

everbright-3

使用後は、ボタンを押すだけで簡単に元の状態にリセットできます。使わない時は、自動的に数種類のアニメーションが流れるようにプログラムされているので、単純に壁の“飾り”としても機能してくれます。

疲れた頭をリフレッシュ!
会議室を遊び場に!?

同社ウェブサイトには、「このEverbrightは、新しいことを探求するクリエイティブな人たち向けのオモチャ。使うだけで疲れた頭をリフレッシュしてくれます!」と紹介されています。everbright-4

加えて同社では、企業にこそ買ってほしいとアピール。コーヒーを飲んで夜遅くまでチームビルディングのことを話すより、「Everbright」で遊ぶほうがよほどクリエイティブだとか。
アイデアにいき詰まった時に遊ぶと、思いがけないひらめきが起こるかも!?

everbright-6

値段は大きさにもよりますが、14,000〜50,000ドル(約170〜600万円)とかなり高め。

everbright-7

ぜひ、動画もチェックを!

Licensed material used with permission by Hero Design

他の記事を見る
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp世界的な建築家と数多くのプロジェクトを作りあげてきた...
おもちゃと言って侮ってはいけない。お国柄によっても違うし、貧富の差によっても大きく違ってなかなか深い。どんなモノを持っているかによって、その子の「生き方」...
家のリビングや子ども部屋が、おもちゃで埋め尽くされていませんか?子どもはおもちゃが大好きですが、たくさん与えることがそのまま子どもの幸せにつながるかと言え...
アメリカでの「Black History Month」で、2月にはアフリカ系の人々に敬意を表するイベントやキャンペーンが多く行われていて、Nikeは毎年の...
開催日は2月19日〜21日。作品を展示するのはナイジェリア系アメリカ人アーティストであるAmarachi Nwosuさん。
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
湖でパパのバス釣りにお付き合いのエイブリーちゃん。愛用の釣竿は、おもちゃの「Barbie Fishing Pole」。真似ごとのつもりが、少女のロッドをし...
お値段199ドル、日本円にしておよそ2万2,000円。あえて価格から紹介するのも、この手の海外モノの照明にしては、かなりコストパフォーマンスが高い方だと思...
メキシコの写真家、Felix Hernandez Rodriguez(フェリックス・ヘルナンデス・ロドリゲス)さんの写真は、一見映画のワンシーンのようで、...
ラジオ・ニュージーランドが作成したニュージーランドの地図。いくつもの星マークが表示されていて、クリックするとその土地にゆかりの曲のタイトルと短い紹介文がで...
ただただ“明るくて、表示をシンプルにしたら、わりと洒落た雰囲気になった”って感じ。そこがおもしろいと思います。チープだとか、おもちゃみたいだとか、この時計...
かつてないほど高度な情報化を迎えた私たちの社会に、必要不可欠となった「プログラミング」の技術。優秀なプログラマの育成が世界各国で課題になるなど、その教育の...
イギリス人写真家のLloyd Evans。彼の作品が注目される最大の理由は、劇場の照明デザイナーという専門スキルをもつフォトグラファーだからと言えるでしょう。
子どもが大切にしていたぬいぐるみの脚がもぎれたり、耳がちぎれたり、破れてしまったら……。あとはもう、捨ててしまうだけでしょうか?大切なおもちゃを「修理」で...
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
2月9日、ランジェリーブランド「RAVIJOUR(ラヴィジュール)」と渋谷・円山町のクラブ「WOMB」がタッグを組み、バレンタインイベントを開催。そこでス...
このLEDネオンライト。80年代のレトロな雰囲気も演出できるし、かわいくて手頃です。送料込みのアンダー1万円で手に入っちゃう。スモールサーズもあるから、プ...
オラファー・エリアソンが手がけた、デンマークの投資信託会社Kirk Kapitalのオフィスです。
照明にとって最も重要なのは光る部分かも。そこがデザインされてないのはもったいない。D-DIGN Lightシリーズは、そんなコンセプトから誕生しました。
もうすぐ、バレンタイデーですね。
パティシエが作るお菓子はとても美味しそうですが、デザインのプロが手がけたクッキーは…キュート&カラフル!パントーンを選ぶところがさすがプロ!細かいアイシン...
ただの照明器具?それとも、便利な機械?たぶん、もっと新しい、友だちのような存在。
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。フツーのキャリアから始...