世界のどこにいても、大好きな人に「ハグ」を送れるぬいぐるみ

出張だったり、引っ越しだったり、家族や恋人と離れて過ごす時間は寂しく思う。そんな時は、お互いにメールや電話で「愛」を伝える努力はするけれど、言葉以外に相手を感じられるものがないから、少し物足りない気持ちになっちゃうんです。

そこで開発されたのが、ハグを届けてくれる「Parihugs」というぬいぐるみ。どんな場所にいてもリアルタイムで抱きしめた時の感覚を楽しめるらしいのです。

振動で「愛」をシェア

290a370b6ccb4fad02c8f8bac4268239c3133f7d

ぬいぐるみの中にはWi-FiとBluetoothが搭載。そして、専用アプリにハグを届けたい相手を登録します。送りたい人を選択して抱きしめると、相手の持っているぬいぐるみがリアルタイムで振動するのです。

「メールや電話と一緒に使って、愛情をより身近に感じられるように」と作られました。

A7d52f5eaec4d1995525fc48b0f8eff3f5e4d4d4

抱きしめると、もう一体のお腹の部分に連動。

Bb11d03f6801471d5a59018d3d9e77f19d1ad04e

心拍数の測定ができる『Fitbit』というデバイスとリンクさせれば、心臓の鼓動を送ることもできるとか。

出張が多いママからの
ギュ〜!

A089e399a4f3391c3125c90587ba32fcbce50999

たとえば、ビデオ電話をしながら「いってきます」のハグ。

4df2b103e62900e632b2e16d03d095ae19b3c8c2

「ママ、いってらっしゃい!」

かわいい孫たちに

69c5e9c4da39959071ab1bc8c3894286d3371932

なかなか会えない2人の孫との会話を楽しみながら、優しく抱きしめる。

F775e2ba6b2abd45bb3a2828d2392e38eefbe0b0

2つのぬいぐるみが同時に、おじいちゃんからの愛を届けてくれる。

「Parihugs」のカラーは、グレーと茶色と紫の3色。サイズは、約13㎝×6㎝の小さなタイプもあるので、持ち運びに困りません。ぬいぐるみのお尻の下のジッパーから、電子機器を取り出せば洗濯も簡単です。

現在クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金調達中。今なら75ドル(約8,330円)から。発送は、2017年の12月を予定しています。

このぬいぐるみがあれば、遠くにいる大好きな人といつでも一緒にいるような気持ちになれるかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Parihug
ウィスコンシン州にある小児医院「Children's Hospital of Wisconsin」のSNSに投稿された画像に、コメントが殺到しました。写っ...
cubcoatsの新製品は子ども向け。かわいいぬいぐるみの後ろのチャックを開くと、中から耳付きフードのパーカーが出てくる仕様。2歳、3歳、4〜5歳用の3つ...
小さい頃、とても大切にしていたぬいぐるみ。ときには話しかけ、そのおかげで落ち着いたり、励まされたという人も多いのではないでしょうか。じつは「ぬいぐるみ」は...
おもちゃと言って侮ってはいけない。お国柄によっても違うし、貧富の差によっても大きく違ってなかなか深い。どんなモノを持っているかによって、その子の「生き方」...
アメリカでビジネスを展開するPaladin Deception Servicesは、ちょっと変わった企業。お金を払えば、スタッフがあなたのためにウソをつく...
ベネチアのゴンドラで移動するスタイルを取り入れるそうなので、これに合わせたインフラも整備予定。
「いま子どもに買ってあげたいプレゼントNo.1」かどうかはわかりませんが、世のパパママたちから熱視線を浴びていることはたしか。だって、クラウドファンディン...
LA在住の31歳、Brent Estabrookさんは、ある日Redditにこう書き込みました。「やぁ、みんな。僕は自分の大好きなもののために、すべての時...
フェイエノールト対エクセシオールの試合での、素敵な話。
可愛い我が子がお絵かき帳に描いた、架空のキャラクター。ナニコレ!と思わずニヤケちゃうこともあると思いますが、一生懸命生み出したその個性をなんとか残してあげ...
料理教室やウォーキングクラブに行くことを処方箋に書けるようです。
子どもが大切にしていたぬいぐるみの脚がもぎれたり、耳がちぎれたり、破れてしまったら……。あとはもう、捨ててしまうだけでしょうか?大切なおもちゃを「修理」で...
子どもにとって、ぬいぐるみとは大切な親友のような存在です。米フロリダ州に住む6歳の少年、オーウェン・レーク君はヒューストンへ旅行に行く途中、大親友のトラの...
カナダのウエスタン・ホッケー・リーグ(WHL)のチーム「カルガリー・ヒットマン」と「スウィフト・カレント・ブロンコス」の試合で、大量のぬいぐるみが会場に降...
家のリビングや子ども部屋が、おもちゃで埋め尽くされていませんか?子どもはおもちゃが大好きですが、たくさん与えることがそのまま子どもの幸せにつながるかと言え...
パーツの組み合わせは数万通り世界に1冊だけの"オリジナルノート"を作れるお店HININE NOTE〒151-0064 東京都渋谷区上原1丁目3-5 SK代...
イケアが「ソフトトイお絵描きコンテスト」を開催中。自由な発想で描かれたキャラクターを募り、そのうち10の作品を商品化して世界中の店舗やオンラインショップで...
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...
現地時間9月11日、オランダ・ロッテルダム。この日行われたフェイエノールト対デンハーグの一戦には、上位対決という意味合いの他にもう一つの注目ポイントがあっ...
ほら、白いの、いるでしょう?
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
どんなにおもちゃを散らかしても、カンタンに後片付けができる。ゆえに子どもが後片付けを嫌がらないーー。そんな、魔法のようなバッグがノルウェーから登場しました...
「こんな洋服が着たいなぁ…」。女の子が描くお絵かきには、彼女たちの理想がたくさん詰まっています。「Picture This Clothing」は、そんな女...
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...