この「ぬいぐるみ」のメッセージに、気づけますか?

LA在住の31歳、Brent Estabrookさんは、ある日Redditにこう書き込みました。

「やぁ、みんな。僕は自分の大好きなもののために、すべての時間を使うことにしたよ。それは、アートさ」

コメントと一緒に投稿されたのは、たくさんのカラフルなぬいぐるみで埋め尽くされた画像。まるで写真のようですが、じつはすべて手で描かれた絵画なのです。確かにすごい技術ですが、どうして自分の時間をすべてを捧げるアートのモチーフが、ぬいぐるみ…?

そこで彼に、どうしてこのような絵を描こうと思ったのか、聞いてみました。返ってきたのは、夢を追いかける勇気がもらえる、とても素敵な答えだったのです。

「将来の夢は、なんだった?」

「人生のなかで、幸せに感じることってあるかい?本当に幸せだと思えることについて、もっと考えて欲しいんだ。

小さい頃はみんな夢いっぱいで、叶えるためならどこまでだって行けてしまうよね。宇宙飛行士になりたかったら、なれる。最高のシェフになりたかったら、なれる。ちなみに僕はアーティストになりたかったよ」

「でも大人になるにつれて、みんなそういう気持ちを忘れてしまう。本当にエキサイティングなこと、夢や情熱のありかを忘れてしまうんだ。

ぬいぐるみは、そんな子ども時代の象徴なんだ。もこもこふわふわしたぬいぐるみが大好きだった記憶、きっとみんなにもあると思う。その頃のことを思い出して欲しいんだ」

「もこもこしたぬいぐるみの感触を描くのは、確かに難しいよ。うまく表現できるまで、2年もかかった。モネとかゴッホとか、印象派の巨匠の筆使いを参考にしながら、一生懸命試行錯誤した。でも、夢中になれることほど上手になるものだよ。今ではようやく、満足がいく出来になってきたと思っている」

「じつは絵に関してはすべて独学なんだ。僕は、小さい頃からずっと絵を描いていた。思い出せないくらい昔からね。それで一応美大にも行ったんだけど、本当にアーティストになろうと決意したのは、ついこの間のことなんだ。

子どもの頃、アーティストになりたかったって話をしたね。そして僕は今、アーティストだ。君はどうだい?」

「本当に好きなことに
取り組もう」

本当に好きなことは何か、もう一度この絵を見ながら考えてみて欲しい。夢いっぱいだったあの頃を思い出して、本当に好きなことを、思いっきりやろうよ。

人生は一度きりなんだからさ。

Licensed material used with permission by Brent Estabrook, (Instagram), (Facebook)
フェイエノールト対エクセシオールの試合での、素敵な話。
cubcoatsの新製品は子ども向け。かわいいぬいぐるみの後ろのチャックを開くと、中から耳付きフードのパーカーが出てくる仕様。2歳、3歳、4〜5歳用の3つ...
小さい頃、とても大切にしていたぬいぐるみ。ときには話しかけ、そのおかげで落ち着いたり、励まされたという人も多いのではないでしょうか。じつは「ぬいぐるみ」は...
ウィスコンシン州にある小児医院「Children's Hospital of Wisconsin」のSNSに投稿された画像に、コメントが殺到しました。写っ...
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
心温まる動画をご紹介。
可愛い我が子がお絵かき帳に描いた、架空のキャラクター。ナニコレ!と思わずニヤケちゃうこともあると思いますが、一生懸命生み出したその個性をなんとか残してあげ...
子どもにとって、ぬいぐるみとは大切な親友のような存在です。米フロリダ州に住む6歳の少年、オーウェン・レーク君はヒューストンへ旅行に行く途中、大親友のトラの...
「いま子どもに買ってあげたいプレゼントNo.1」かどうかはわかりませんが、世のパパママたちから熱視線を浴びていることはたしか。だって、クラウドファンディン...
出張だったり、引っ越しだったり、家族や恋人と離れて過ごす時間は寂しく思う。そんな時は、お互いにメールや電話で「愛」を伝える努力はするけれど、言葉以外に相手...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
おもちゃと言って侮ってはいけない。お国柄によっても違うし、貧富の差によっても大きく違ってなかなか深い。どんなモノを持っているかによって、その子の「生き方」...
カナダのウエスタン・ホッケー・リーグ(WHL)のチーム「カルガリー・ヒットマン」と「スウィフト・カレント・ブロンコス」の試合で、大量のぬいぐるみが会場に降...
旅には、人生が凝縮されています。
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
ほら、白いの、いるでしょう?
コペンハーゲン在住のカリグラフィーアーティストJohan Deckmannは、心理療法士としての顔も持つ異色の経歴をいかし、人生に対する大きな疑問、不条理...
今の自分は、過去の自分の選択に基づいて生まれた結果。そして未来の自分はこれから自分が下す選択の積み重ねによって生まれる。 そう、人生において問われるのは「...
人生は「食べること」と「芸術活動」だそうです。
夢の中に階段が出てきたことはないでしょうか。階段は身近に存在するものですし、それほど気にならないかも知れません。しかし、夢に出てくる階段は、人生の状況を示...
「あなたの人生の目的は何ですか?何のために生きていますか?」そんなことを急に聞かれても、すぐに答えられる人は多くないでしょう。以前「Discover Yo...