世界中の子どもたちの「宝物」には、大きな違いがあった。

60ヶ国近い世界の子どもたちと、遊び道具を撮影してきたフォトグラファーのGabriele Galimberti。彼の「Toy Stories」を見て思ったのは、ただのおもちゃと侮ってはいけないということ。

時代によっても変わるし、お国柄によっても違う。貧富の差でも大きく異なるんだからなかなか深い。どんなモノを持っているかによって、その子の「生き方」が見えてくるかのよう。

牛と一緒に遊ぶ少女

2dd13a474c27f114d13c453d7c96f73f20a8431d
Photo by © Gabriele Galimberti

イタリア出身のGabrieleがはじめに撮影したのは、トスカーナ州に住む友人の娘。自然いっぱいの場所で暮らす少女は、親友も同然の牛と一緒に遊ぶのが大好き。

上の写真を見ての通り、農業用フォークや一輪車など、“牛の世話係”には欠かせない道具ばかり。彼女がどんな風に育ってきたのか、おもちゃから見えてくるよう。

それぞれの生活感あふれる「子ども×おもちゃ」のポートレイトはまだまだある。

9cc336c5fb01f0fbbbd78c4be1291dda37a1af44
Photo by © Gabriele Galimberti
Dffffd663625f6589beee02e9bd6bf54f24c472c
Photo by © Gabriele Galimberti
6cf17f7e92472376c6817df5a2e6dd115a626983
Photo by © Gabriele Galimberti
40433eee8f2d767f08f280933974c11c2a11d1fa
Photo by © Gabriele Galimberti
316e0fd7293c13c60a4e3c57f0ddb7c397cfc98b
Photo by © Gabriele Galimberti
112082d065fcd7414483eaa88f9a2b21a6078519
Photo by © Gabriele Galimberti
35e399358eb721a1172b6e5b9084033790f4b96f
Photo by © Gabriele Galimberti
06ddce7031d37320a75b808e4d08b53f7717d899
Photo by © Gabriele Galimberti
44e817e4c9005003064afa3d7ef8bb50ecd1309e
Photo by © Gabriele Galimberti
089bc51e684a9edeb6d2566f98711b2622bbe4b4
Photo by © Gabriele Galimberti
419b15eb652de9d03c1c0a87f6d2a7966fb16e87
Photo by © Gabriele Galimberti
Ca9cc5981d813dabefa1fad7a86e57aaf6b78ee0
Photo by © Gabriele Galimberti
24aea00c63a7905635284f4b02597709018555b4
Photo by © Gabriele Galimberti
7512ef082fcc8b63322a8fbfa715d93d8bc80ccd
Photo by © Gabriele Galimberti

たくさんのぬいぐるみを持っている子もいれば、たった一台の車だけという子も。でも、どの国の子どもにとっても宝物だということは変わらない。

きっと彼らにとって「おもちゃ」は、お金よりも宝石よりも価値のあるもの。これは、世界共通のことなのでは?

Licensed material used with permission by Gabriele Galimberti, (Instagram)
子どもが大切にしていたぬいぐるみの脚がもぎれたり、耳がちぎれたり、破れてしまったら……。あとはもう、捨ててしまうだけでしょうか?大切なおもちゃを「修理」で...
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...
家のリビングや子ども部屋が、おもちゃで埋め尽くされていませんか?子どもはおもちゃが大好きですが、たくさん与えることがそのまま子どもの幸せにつながるかと言え...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
小さい頃、とても大切にしていたぬいぐるみ。ときには話しかけ、そのおかげで落ち着いたり、励まされたという人も多いのではないでしょうか。じつは「ぬいぐるみ」は...
cubcoatsの新製品は子ども向け。かわいいぬいぐるみの後ろのチャックを開くと、中から耳付きフードのパーカーが出てくる仕様。2歳、3歳、4〜5歳用の3つ...
可愛い我が子がお絵かき帳に描いた、架空のキャラクター。ナニコレ!と思わずニヤケちゃうこともあると思いますが、一生懸命生み出したその個性をなんとか残してあげ...
ウィスコンシン州にある小児医院「Children's Hospital of Wisconsin」のSNSに投稿された画像に、コメントが殺到しました。写っ...
子どもの成長は早い。靴のサイズはすぐに合わなくなります。そのため、新しい1足を買う余裕のない途上国の子どもたちは、フィットしていないものを無理やり履き続け...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
LA在住の31歳、Brent Estabrookさんは、ある日Redditにこう書き込みました。「やぁ、みんな。僕は自分の大好きなもののために、すべての時...
もしも、世界中の人々がひとつの街に住んでいたら、どうなるんだろう?国と国との境界線をなくした時、同じ街で暮らす住人として仲良く過ごすのか。それとも、考え方...
いつでも好きなアニメや番組をたっぷり楽しめる時代。“テレビっ子”が増えていっても仕方ないし、そうなるのも当たり前なような気がしてしまう。でも、Donna ...
8歳の少女が世界を見つめる姿を撮り続けるのはフォトグラファーである父。しかし写真は娘のためではなく、自分のためだそう。彼の不安や憂鬱は、清廉で特別にも見え...
フォトグラファーのJosh Rossiさんは、心臓病やガンなどの病気と戦っている子どもたちをスーパーヒーローに変身させ、写真を撮っています。なぜなら彼らこ...
子どもと犬。これはもう最強の組み合わせと言っても過言ではありません。ロシア人の写真家、Andy Seliverstoffは「おおきな犬とちいさな子どもたち...
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
世界中にペンパルが欲しいーー。そんな考えを実現してしまったのが、イギリスのToby Littleくん。書いた手紙は890通、そのうち返信は378通(201...
子どもにとって、ぬいぐるみとは大切な親友のような存在です。米フロリダ州に住む6歳の少年、オーウェン・レーク君はヒューストンへ旅行に行く途中、大親友のトラの...
ローンチ以来、世界中で熱狂の渦を巻き起こし社会現象化しつつある「ポケモンGO」。その人気は内戦の続くシリアでも。けれど、この国でのプレイの目的は、よその国...
『白雪姫』や『人魚姫』などおとぎ話というのは、いつだって私たちに夢を見させてくれます。フォトグラファーのAnna Isabella Christensen...
イケアが「ソフトトイお絵描きコンテスト」を開催中。自由な発想で描かれたキャラクターを募り、そのうち10の作品を商品化して世界中の店舗やオンラインショップで...