世界中の子どもたちの「宝物」には、大きな違いがあった。

60ヶ国近い世界の子どもたちと、遊び道具を撮影してきたフォトグラファーのGabriele Galimberti。彼の「Toy Stories」を見て思ったのは、ただのおもちゃと侮ってはいけないということ。

時代によっても変わるし、お国柄によっても違う。貧富の差でも大きく異なるんだからなかなか深い。どんなモノを持っているかによって、その子の「生き方」が見えてくるかのよう。

牛と一緒に遊ぶ少女

Photo by © Gabriele Galimberti

イタリア出身のGabrieleがはじめに撮影したのは、トスカーナ州に住む友人の娘。自然いっぱいの場所で暮らす少女は、親友も同然の牛と一緒に遊ぶのが大好き。

上の写真を見ての通り、農業用フォークや一輪車など、“牛の世話係”には欠かせない道具ばかり。彼女がどんな風に育ってきたのか、おもちゃから見えてくるよう。

それぞれの生活感あふれる「子ども×おもちゃ」のポートレイトはまだまだある。

Photo by © Gabriele Galimberti
Photo by © Gabriele Galimberti
Photo by © Gabriele Galimberti
Photo by © Gabriele Galimberti
Photo by © Gabriele Galimberti
Photo by © Gabriele Galimberti
Photo by © Gabriele Galimberti
Photo by © Gabriele Galimberti
Photo by © Gabriele Galimberti
Photo by © Gabriele Galimberti
Photo by © Gabriele Galimberti
Photo by © Gabriele Galimberti
Photo by © Gabriele Galimberti
Photo by © Gabriele Galimberti

たくさんのぬいぐるみを持っている子もいれば、たった一台の車だけという子も。でも、どの国の子どもにとっても宝物だということは変わらない。

きっと彼らにとって「おもちゃ」は、お金よりも宝石よりも価値のあるもの。これは、世界共通のことなのでは?

Licensed material used with permission by Gabriele Galimberti, (Instagram)
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちの暮らしについて紹介します。
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...
子どもが大切にしていたぬいぐるみの脚がもぎれたり、耳がちぎれたり、破れてしまったら……。あとはもう、捨ててしまうだけでしょうか?大切なおもちゃを「修理」で...
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
家のリビングや子ども部屋が、おもちゃで埋め尽くされていませんか?子どもはおもちゃが大好きですが、たくさん与えることがそのまま子どもの幸せにつながるかと言え...
フェイエノールト対エクセシオールの試合での、素敵な話。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
廃棄物ゼロを目指すフランスのバイオテクノロジー企業「geochanvre」が、マスク需要の高まりを受けて、堆肥化可能な材料で出来たマスクを開発し注目が集ま...
cubcoatsの新製品は子ども向け。かわいいぬいぐるみの後ろのチャックを開くと、中から耳付きフードのパーカーが出てくる仕様。2歳、3歳、4〜5歳用の3つ...
小さい頃、とても大切にしていたぬいぐるみ。ときには話しかけ、そのおかげで落ち着いたり、励まされたという人も多いのではないでしょうか。じつは「ぬいぐるみ」は...
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
アフリカ・コートジボワールの子ども達が持つスクールバッグには、ソーラーパネルが付いていて、通学中に貯めた電気で夜に照明を使うことができます。電気が通らない...
可愛い我が子がお絵かき帳に描いた、架空のキャラクター。ナニコレ!と思わずニヤケちゃうこともあると思いますが、一生懸命生み出したその個性をなんとか残してあげ...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
横浜の「アソビル」で開催されている「バンクシー展 天才か反逆者か」の会期が10月4日(日)まで延長となった。
コタキナバルが属するサバ州には、「Etania Green School」という名の、国籍を持たない子どもたちのための小学校があります。
ウィスコンシン州にある小児医院「Children's Hospital of Wisconsin」のSNSに投稿された画像に、コメントが殺到しました。写っ...
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
カリフォルニアを拠点とする企業「Embodied, Inc.」から、子どものための教育ロボット「Moxie(モキシー)」が今秋発売される。Moxieは遊び...
子どもの成長は早い。靴のサイズはすぐに合わなくなります。そのため、新しい1足を買う余裕のない途上国の子どもたちは、フィットしていないものを無理やり履き続け...
LA在住の31歳、Brent Estabrookさんは、ある日Redditにこう書き込みました。「やぁ、みんな。僕は自分の大好きなもののために、すべての時...