世界中の子どもたちの「宝物」には、大きな違いがあった。

60ヶ国近い世界の子どもたちと、遊び道具を撮影してきたフォトグラファーのGabriele Galimberti。彼の「Toy Stories」を見て思ったのは、ただのおもちゃと侮ってはいけないということ。

時代によっても変わるし、お国柄によっても違う。貧富の差でも大きく異なるんだからなかなか深い。どんなモノを持っているかによって、その子の「生き方」が見えてくるかのよう。

牛と一緒に遊ぶ少女

Photo by © Gabriele Galimberti

イタリア出身のGabrieleがはじめに撮影したのは、トスカーナ州に住む友人の娘。自然いっぱいの場所で暮らす少女は、親友も同然の牛と一緒に遊ぶのが大好き。

上の写真を見ての通り、農業用フォークや一輪車など、“牛の世話係”には欠かせない道具ばかり。彼女がどんな風に育ってきたのか、おもちゃから見えてくるよう。

それぞれの生活感あふれる「子ども×おもちゃ」のポートレイトはまだまだある。

Photo by © Gabriele Galimberti
Photo by © Gabriele Galimberti
Photo by © Gabriele Galimberti
Photo by © Gabriele Galimberti
Photo by © Gabriele Galimberti
Photo by © Gabriele Galimberti
Photo by © Gabriele Galimberti
Photo by © Gabriele Galimberti
Photo by © Gabriele Galimberti
Photo by © Gabriele Galimberti
Photo by © Gabriele Galimberti
Photo by © Gabriele Galimberti
Photo by © Gabriele Galimberti
Photo by © Gabriele Galimberti

たくさんのぬいぐるみを持っている子もいれば、たった一台の車だけという子も。でも、どの国の子どもにとっても宝物だということは変わらない。

きっと彼らにとって「おもちゃ」は、お金よりも宝石よりも価値のあるもの。これは、世界共通のことなのでは?

Licensed material used with permission by Gabriele Galimberti, (Instagram)

関連する記事

マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちの暮らしについて紹介します。
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
子どもが大切にしていたぬいぐるみの脚がもぎれたり、耳がちぎれたり、破れてしまったら……。あとはもう、捨ててしまうだけでしょうか?大切なおもちゃを「修理」で...
フェイエノールト対エクセシオールの試合での、素敵な話。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
家のリビングや子ども部屋が、おもちゃで埋め尽くされていませんか?子どもはおもちゃが大好きですが、たくさん与えることがそのまま子どもの幸せにつながるかと言え...
「スノーピーク」が2024年春、栃木県鹿沼市に関東初となる直営キャンプフィールドを開業することが発表された。
アフリカ・コートジボワールの子ども達が持つスクールバッグには、ソーラーパネルが付いていて、通学中に貯めた電気で夜に照明を使うことができます。電気が通らない...
cubcoatsの新製品は子ども向け。かわいいぬいぐるみの後ろのチャックを開くと、中から耳付きフードのパーカーが出てくる仕様。2歳、3歳、4〜5歳用の3つ...
小さい頃、とても大切にしていたぬいぐるみ。ときには話しかけ、そのおかげで落ち着いたり、励まされたという人も多いのではないでしょうか。じつは「ぬいぐるみ」は...
コタキナバルが属するサバ州には、「Etania Green School」という名の、国籍を持たない子どもたちのための小学校があります。
可愛い我が子がお絵かき帳に描いた、架空のキャラクター。ナニコレ!と思わずニヤケちゃうこともあると思いますが、一生懸命生み出したその個性をなんとか残してあげ...
「世界一小さな町」と呼ばれるベルギー・デュルビュイには、8歳から15歳の子どもだけが泊まれるホテル「Kids Hotel」がある。
キックボード専門ブランド「マイクロスクーター」から、廃棄物をリサイクルして作った環境に優しい子ども用キックボードがオンライン限定で発売された。
カリフォルニアを拠点とする企業「Embodied, Inc.」から、子どものための教育ロボット「Moxie(モキシー)」が今秋発売される。Moxieは遊び...
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
ウィスコンシン州にある小児医院「Children's Hospital of Wisconsin」のSNSに投稿された画像に、コメントが殺到しました。写っ...
不要になった古着の子ども服を子どもたちから直接回収し、ドッグウェアに再生する「アップサイクルドッグウェアプロジェクト」。子どもたちに、物を大切にする気持ち...
3月19日、「Facebook」は「子ども版Instagram」を開発中と発表。2021年4月現在、Instagramは13歳未満の利用を禁止しているため...
子どもたちの「人助けをしたい」という願いを叶え、さらには行動力や実践力を身につけさせる米アトランタの非営利団体「Kids Boost」が注目を集めている。
ユニセフから今月3日に発表された「レポートカード」シリーズの最新報告書で、日本の子どもの幸福度の総合順位は、38か国中20位だった。
子どもの成長は早い。靴のサイズはすぐに合わなくなります。そのため、新しい1足を買う余裕のない途上国の子どもたちは、フィットしていないものを無理やり履き続け...
米玩具メーカー「Mattel(マテル)」が、おもちゃ回収プログラムをスタートさせた。その名も「Mattel PlayBack」。遊ばなくなったおもちゃを回...
LA在住の31歳、Brent Estabrookさんは、ある日Redditにこう書き込みました。「やぁ、みんな。僕は自分の大好きなもののために、すべての時...
世界的なビールブランドの発祥地、コペンハーゲンにあるインターナショナルスクール「European School Copenhagen」。この学校が建つ場所...
人々の命を守るワクチン。しかし、すべての国でその重要性が認識されているわけではない。アフガニスタンもそのひとつ。乳児死亡率が世界でも特に高いこの国では、そ...