子どもたちの描いた絵がぬいぐるみになるコンテスト。選ばれたものは世界中で販売へ!

イケアが「ソフトトイお絵描きコンテスト」を開催中。自由な発想で描かれたキャラクターを募り、そのうち10の作品を商品化して世界中の店舗やオンラインショップで販売!します。

未来の天才デザイナーたちが描いた過去の独創的ぬいぐるみたちを見てみて。愉快な出来栄えについ頬が緩みますが、作者のコメントも必見ですよ。

「甘いものが大好きな虫歯のばいきんはこんな風かなって思って描きました。ばいきんは自分はきれいな歯をしてて、笑いながら私たちを虫歯にしているの」。

Chutirada(5歳)

ママから、お絵描きしてみればって言われたときから、描くものを決めていました。いっしょに遊べる犬です。このぶちの犬を描くのにたったの4分しかかかりませんでした。犬の名前はターピーです。

Miro(7歳)

「これはユンヌスって名前のライオンです。やわらかいっていう意味で、この動物にぴったりの名前です。ぼくはライオンが大好きだけど、本物は見たことがないんだ」。

Irmak(5歳)

「ぼくが描いた恐竜はアパトザウルスで、大昔にいた恐竜です。でもぼくのソフトトイは、本物の恐竜みたいに絶滅したりしないんだ。抱きしめたいときにいつだってそばにいてくれます」。

Yik(7歳)

「ぼくはきれいな色を使ってニコニコ顔のおひさまを描きました。名前はスーパーソレイユ。おひさまのことだよ。たくさんの子供たちをハッピーにしてくれるソフトトイになればいいな」。

Leonard(6歳)

「私のソフトトイは、ブタの鼻とサルのしっぽをもつカエルです。グルブイユって名前にしました。フランス語のカエル(グルヌイユ)とほとんど一緒かな。きれいでおもしろいカエルになりました」。

Maia(6歳)

「ぼくのソフトトイはあたまが二つでからだが一つの鳥です。名前ドュプタージェック。ツインバード(ふたごの鳥)の意味です。最初はロケットを描こうとしたけど、こっちにしました」。

Lukas(6歳)

「このソフトトイは、馬と恐竜のミックスでホースザウルスです。名前はアレル。とてもおとなしい動物です」。

Naurazka(9歳)

「私はあひるが大、大、大好き!それで黄色いアヒルを描こうと思いつきました。彼女の名前はスースー。私みたいに、子供たちをハッピーにするのが好きです」。

Chutirada(5歳)

わたしは恵まれない子供たちのために、かわいいフクロウを描きました。名前はパチョンです。メキシコの言葉で、やわらかくて抱きしめたくなるものっていう意味です。メキシコ人のママから教えてもらいました。

Amina(6歳)

これらすべてが「SAGOSKATT/サゴスカット限定コレクション」として、11月20日から販売開始。ソフトトイ1つにつき1ユーロが、貧困に苦しむ子供の支援事業に寄付されます。そのことを理解して描いている子どもたちもいるようですね。

応募条件は、IKEA FAMILYメンバーであり、0~12歳以下であること。受付は11月20日まで。今年選ばれた作品は、2017年の冬に商品化予定です。詳細はコチラから確認してみて。

Licensed material used with permission by イケア・ジャパン
可愛い我が子がお絵かき帳に描いた、架空のキャラクター。ナニコレ!と思わずニヤケちゃうこともあると思いますが、一生懸命生み出したその個性をなんとか残してあげ...
「こんな洋服が着たいなぁ…」。女の子が描くお絵かきには、彼女たちの理想がたくさん詰まっています。「Picture This Clothing」は、そんな女...
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちの暮らしについて紹介します。
アメリカのテキサス州にある子ども病院では、患者とその家族に喜んでもらおうと看護師が絵を描いている。使用するのは施設内にあるホワイトボードとカラーペンのみ。...
cubcoatsの新製品は子ども向け。かわいいぬいぐるみの後ろのチャックを開くと、中から耳付きフードのパーカーが出てくる仕様。2歳、3歳、4〜5歳用の3つ...
小さい頃、とても大切にしていたぬいぐるみ。ときには話しかけ、そのおかげで落ち着いたり、励まされたという人も多いのではないでしょうか。じつは「ぬいぐるみ」は...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
『えがないえほん』は、正真正銘の歴史的大ヒット作。世界中の子ども達が“絶対に大爆笑する”と謳われ、つい最近日本にも上陸したけれど、そこには他国と変わらず大...
まだ自分が小さかった頃、毎日のように絵を描いては、得意げに父や母に見せていた記憶があります。やがて大きくなったとき、両親は大切に保管していたその絵を、宝も...
フェイエノールト対エクセシオールの試合での、素敵な話。
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
おもちゃと言って侮ってはいけない。お国柄によっても違うし、貧富の差によっても大きく違ってなかなか深い。どんなモノを持っているかによって、その子の「生き方」...
Gong Greemさんが手がけるタトゥーは、細いラインと淡い色使いが特徴的。まるで色鉛筆で描いたスケッチのように見えるそれは、ピンタレストを中心に世界中...
LA在住の31歳、Brent Estabrookさんは、ある日Redditにこう書き込みました。「やぁ、みんな。僕は自分の大好きなもののために、すべての時...
左は、グチャグチャ〜っと、思いのまま手を動かしてできた子どものラクガキ。この時点では、何を描いているかなんてわかりません。でも、そんな子どもならではの創造...
毎年アメリカで行われている「Sexiest Vegan Next Door Contest」。エントリーしたヴィーガンの人の中から最もセクシーな人を選出す...
コタキナバルが属するサバ州には、「Etania Green School」という名の、国籍を持たない子どもたちのための小学校があります。
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
ウィスコンシン州にある小児医院「Children's Hospital of Wisconsin」のSNSに投稿された画像に、コメントが殺到しました。写っ...