自分でデザインしたワンピースを着てみない?

「こんな洋服が着たいなぁ…」。女の子が描くお絵かきには、彼女たちの理想がたくさん詰まっています。

Picture This Clothing」は、そんな女の子たちの夢をかなえるサービス。ぬり絵がそのままワンピースになっちゃうんです。

デザイナーは「私」

4aaaaf00d784af0d84cb200f8fe16c4e6d8d5805

以前、子どもの描いた絵がそのままぬいぐるみになるサービスを紹介しましたが、こちらは、ぬり絵がそのままワンピースになるというもの。

Tシャツの前面にオリジナルプリントをするというサービスは見かけますが、これは全体にプリント。世界中どこを探したって見つからない、オリジナルのワンピースができるんです。

Bc8948922fc60976d21a12ea7cdab757fc05567b9ff30f34da62ee05ccc32549ba0741907d58b89a

デザインは
「ぬり絵」のように。

注文プロセスは、いたって簡単。

1.注文したいサイズのワンピースのテンプレートを「Picture This」からダウンロードして印刷。

2.ぬり絵と同じ要領で、ワンピースをデザイン。はみ出さなければクレヨンでも色鉛筆でもなんでもOK。

3.スマートフォンなどで撮った画像を「Picture This」にアップロードして送付。

注意すべきポイントは、画像を撮るときになるべく色がはっきりとわかる明るい場所を選び、影がかからないようにすること。あとは届くのを待つだけ。絵は服の両面にプリントされます。

38123aa2ae037212ae329fff2ca2b7b2a9ae278e

こんな風に、袖裏にはデザイナーとして自分のサインまで入れられるので、記念になること間違いなし。お気に入りの人形ともお揃いです。

ママのアイデアが
想像以上のビジネスへ。

Cea8b020b8fd02e7b9805ff5106b0437b7d56a69

「Picture This Clothing」を立ち上げたのは、ジェイミー・ニューベリーさんとその仲間たち。2人の娘を持つニューベリーさんは、娘の絵を服にしたところ、友人やその両親からとても好評だったため、ビジネスにしようと思い立ったんだそう。

でも実際にビジネスとして考えると、絵を忠実に再現するにはコストが掛かりすぎるというところがネックに。そこで、ぬり絵のようなテンプレートを用意し、その形通りに白い生地にプリントし、縫製するという方法に至りました。販売開始前にTwitterで紹介したところ、ウェブサイトには数時間でサーバーが落ちるほどのアクセスが殺到。現在は、アメリカ国内でも納品に約6~8週間かかるほど注文が殺到しているとのこと。

「お気に入りのデザインを選ぶのは難しいわ。今までの5,000枚以上のワンピースを出荷したけれど、どれも素敵だったから」

2017年には、Tシャツも。

今のところはワンピースだけですが、2017年にはTシャツや小物などのパターンも増やし、サイズ展開も広げる予定。男性物や大人用にも期待の声が上がります。

価格は、1着につき45ドル。15ドル追加でアメリカ以外への発送も可能ですが、到着まで約50~60日ほどかかるそう。

Licensed material used with permission by Picture This Clothing
屋外でスポーツを楽しんだあと、男性たちのようにその場で汗だくのシャツが脱げたら、どれほど楽なものか。トイレや車の中で小さくなって着替えるあのストレスを少し...
人目を気にしながら着替えるのって、結構手間ですよね。そんなときに役立つのがコレ。まずは脱衣の仕方から。はじめに、ワンピースを腰まで上げて、首ひもをブラの下...
グッドデザイン賞2017を受賞した「さがデザイン」という取り組みを、同取り組みの一貫であるオンラインポストカードをとっかかりとして紹介する。「さがデザイン...
2014年夏、全米で話題となった99歳のおばあちゃんLillian Weberさん。当時、彼女にはある目標があった。「100歳の誕生日までに1,000着の...
少し前の話ですが、スイス西部のジュネーブの湖畔に舟を浮かべる少女のランドアートが出現しました。それは、難民に関するメッセージを伝えるためでした。
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
写真は、5歳のCianくん。スーパーヒーローや自動車が好きな普通の男の子です。でも、彼にはもうひとつ大好きなものが。ワンピースやスカートなどのいわゆる女性...
『10YC』は、「10年着続けられる服」をコンセプトに持ったブランド。商品価値はもちろんのこと、生産者の想いや技術を伝え、「長く着られること」の素晴らしさ...
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
無人運転を想定した、ブダペスト地下鉄1号線用の新車両デザインです。
自己紹介の日にこのTシャツを着て行けば、出身地を聞かれたらお腹を指すだけで済むし、きっと皆はすぐにあなたを覚えるでしょう。「え〜っと、名前はわかんないけど...
かつての皇居を飾った天井画が、「季節のぬりえ帖」となりました。明治20年(1887年)に造営され、戦前まで使われた皇居の明治宮殿。その一室「千種之間(ちく...
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
中国の海南航空は、制服を一新することを発表した。注目すべきは、そのスタイル。まるでファッション誌に登場するくらいにスタイリッシュなのだ。デザインを担当した...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
照明にとって最も重要なのは光る部分かも。そこがデザインされてないのはもったいない。D-DIGN Lightシリーズは、そんなコンセプトから誕生しました。
スニーカーは選ぶのではなく、変化させる時代になるのかも。理想のデザインとの出会いが稀で、新しく買った洋服とのマッチングが気になったりすること、あるかもしれ...
4月に開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク」に、音の風景が展示される。
誰でも手軽に「漬物作り」を楽しめるようにーー。そんな思いが込められた、現代のライフスタイルに溶け込む新しい漬物瓶「Picklestone」が話題になってい...