あなたが「今いる場所」をTシャツに。

自己紹介の日にこのTシャツを着て行けば、出身地を聞かれたらお腹を指すだけで済むし、きっと皆はすぐにあなたを覚えるでしょう。「え〜っと、名前はわかんないけど…千葉の人だよね!」こんなふうにね。

衛星写真を、
「着る」という楽しみ方

今自分のいる場所や、日本国内の好きな場所の衛星画像を使って、オリジナルTシャツをつくれるという「WEAR YOU ARE」。またこれは斬新な発想。「なぜ洋服のデザインに?」と、気になってインタビューをしてみたところ、衛星写真には男心をくすぐる要素があったとのこと。なるほど…こういった埋立地の様子も、上から撮ると男性好みなカッコよさになるのですね。

「特別な場所」を
デザインにしてみる

つくりかたは簡単。公式HPにアクセスして、上のトップページが出てきたら、「現在地でつくる」「場所を指定してつくる」のどちらかを選択。この時点でもう半分のプロセスが完了。地図をズームしたり、位置を微調整したら、あっという間にデザインが完成するのです。

フィルターをかけて色味を変えたり、ポインターを好きな位置に押して、文字入れをすることもできますよ。「ここで生まれました」「ここが思い出の場所です」など、用途に合わせてカスタマイズを楽しみましょう。

こんなにクールな郷土愛のアピールの仕方、今までありました?

 Tシャツだけでなく、iphoneケースも同じようにつくることができます。(サイズは5から7plusまで対応)

今は国内のみですが、ゆくゆくは全世界から好きな場所を選んでつくれるようにしていきたいそう。訪れたことのある国を、世界地図にポインターを押してデザインにする、というのも面白そうですよね。

6月16日(金)23:59まで
特別価格

6月7日から16日まで、リリースを記念して全てのアイテムが1,000円OFFになっています。Tシャツは片面プリントなら2,460円(税抜)、iphoneケースなら1,800円(税抜)でゲットできますよ。

4月に入社、入学してから2ヶ月経ったけれど「イマイチ皆に覚えてもらえてないかも……」なんて心配があるなら、衛星写真に力を借りてみるのはどうでしょう?

Licensed material used with permission by WEAR YOU ARE
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
バックプリントに一目惚れして購入。レンゲから肉汁溢れる小籠包のイラストに食欲を刺激されまくりです。
「undetroze(アンデトローゼ)」は、日本製のTシャツにシルクスクリーンプリントを施した一点物ブランド。この印刷方法を使って多色刷りをする場合、1色...
古着のフットボールTシャツからインスパイアされた「ハイナベイTシャツ」。最先端の冷却機能を持つオムニフリーズゼロと吸水速乾機能のオムニウィックと二つの機能...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
大阪の紙製収納用品専門メーカー「バンドー株式会社」が作ったのは、Tシャツを同じ大きさで簡単にたため、本棚に収納できる「TATEMU」。いわば、“彼ら”に新...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
「こんな洋服が着たいなぁ…」。女の子が描くお絵かきには、彼女たちの理想がたくさん詰まっています。「Picture This Clothing」は、そんな女...
以前に流行ったペアルックとは違い、まったく同じデザインのTシャツというわけではない。1人1人のデザインが微妙に違っていて、2人揃ってこそ完全体になれるので...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
プレゼントやメッセージカードが「何だか物足りないな」というときや、無地のTシャツをちょっと変えたいなんてとき、DIYプリントを試してみませんか?初級編から...
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
ちなみに、サラダパンは『つるやパン』の人気No.2商品(え……)。No.1はまるい食パンにハムとマヨネーズをはさんだサンドイッチだそう。
あくまでも個人的見解ですが、2014年頃に盛り上がりを見せたノームコアブームは、約3年が経過した今でも色褪せていない印象。街を歩いても、かつてはよく目にし...
『ナチョサウルス』と名付けられた、ナチョス専用の入れ物。背中部分にある隙間にスナックを入れると、写真のとおり恐竜の完成!ディップやケチャップ、マヨネーズな...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
蚊が嫌う、有効成分を繊維の奥に定着させた「Anti-mosquito Tee」。カジュアルなコットンの素材感にも注目。適度なカッパリングが入ったラウンドネ...
間もなく、iPhoneの絵文字がアップデートされるのはみなさんご存知ですよね? 待ちきれなくて、個人的に大注目の絵文字をピックアップしました!
クラウドファンディングサイトで決して低くない目標額である約200万円を、わずか4時間で調達したのが「Labfresh」だ。いくら汗をかいても、服に黒いシミ...
〈MXP(エムエックスピー)〉と〈BRIEFING(ブリーフィング)〉のコラボ「DAY ONE POUCH SET」。マキシフレッシュプラスと異形断面糸ポ...
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
『10YC』は、「10年着続けられる服」をコンセプトに持ったブランド。商品価値はもちろんのこと、生産者の想いや技術を伝え、「長く着られること」の素晴らしさ...
まさかアンディ・ウォーホルとジャン=ミシェル・バスキアとキース・ヘリングのTシャツが、全部あわせて5,000円以内で買えるとは!