「Tシャツデザイン」で、社会から孤立した若者を救え

「デザインに込めている思いは、とても一言では表せないわ。でも、私たちが『人と違うこと』がインスピレーションの源になって、今このブランドがあることは間違いないわね」

とは、ポートランド発のアパレルブランド「dfrntpigeon」のデザイナーのひとり。LGBTやホームレスの若者が描くオリジナルグラフィックには、「人と違う」からこその感性が垣間見えます。

自分たちならではのデザイン

もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくなじめるように。そんな思いから、2015年にブランドを立ち上げ、インターネットで販売を始めました。

このブランドのTシャツはどれも、彼らが見てきた世界、そこで感じ取った思いを素直に反映させたデザインに。

そこには、状況は違えど同じ時代に生きる若者たちの心に響くものが映し出されているのでしょう。

大事なことは
デザインを楽しむこと

Tシャツのデザイナーは、このように語っています。

「グラフィックを作るとき、いつも自分にこう問いかけるの。このデザインに意味はあるか、何かのコピーになっていないか、勇気を持って何かを訴えられているか、強烈な印象はあるか。そして何より、楽しめているかってね。この基準に当てはまらないものは、ひとつもないわ」

彼らの作るものがより広く世界に知れ渡り、誰もが個性を誇りに思って生きていける社会に繋がっていくことを望まずにはいられません。

Licensed material used with permission by dfrntpigeon

関連する記事

ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
「ZOZOTOWN」で、グリーンバックの特徴を活かし、画像や映像の素材を用いてデザインが変えられるオリジナルのTシャツが発売。特設サイトでは楽しみ方の提案...
「unusual usual things(よくあるモノを世にも珍しいモノへ)」をコンセプトに掲げるデザインスタジオ「March」の書き込めるTシャツ「C...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
新型コロナウイルスの影響で行き場を失ったTシャツ生地を使用し、抗ウイルス加工を施した「着るマスクTシャツ」がクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE...
現在、日本には200万人以上の「若年無業者」が存在する若者が仕事を失いやすく、誰もが無業(無職)になる可能性がある。そして、若者が働けないのは、個人に問題...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...