アメリカ社会の「希望の光」となる写真

最近、困っている人に手を差し伸べている人を見かけましたか?

「他人を想う気持ち」は、多くの人の心を動かすパワーがあるのだと、改めて実感させてくれる写真が、今注目を集めています。

ショッピングセンターで目撃した
「優しさの瞬間」

25cfae0923930e55d53989c6b888aa1b557e5195

この写真を撮ったのは、偶然近くを通りかかったPaula Accorsi Picardさん。場所はショッピングセンターの中。左側に立っている老人はエスカレーターの前で不安そうに立ち止まっていたそう。後に続こうとしていた人たちが足止めを食らう中、「何か助けは必要ですか?」と声をかけたのが右側に立っている若者でした。

話をよく聞いてみると、以前エスカレーターのトラブルに巻き込まれたことがあり、乗るのが怖いという。だから若者は、そっと腕を差し出したのです。その光景に胸が熱くなったPaulaさんは、スマホで撮影せずにはいられなかったのだとか。

約45万いいね
「暗闇の中の希望だった」

その後PaulaさんはFacebookに写真を投稿。約45万人の「いいね!」が集まりました。

ですが、なぜこれほどまでに、人の心を打つ結果になったのでしょう。もしかしたら、今のアメリカ社会の状況が関係していたのかもしれません。Paulaさん、実はこのような言葉を投稿に添えていました。

「今夜もニュースを見れば、分裂、人種間の争い、政治的な中傷合戦、銃撃などばかりが目につくわ。ひとりの人間が見知らぬ人を助けた今日、暴力、人種、年齢、政治、その他社会的な境界線は薄くなったの。

私はふたりを抱きしめたい気持ちになった。どこの誰かはわからないけれど、あなたの家族とあなたに感謝よ。だから皆さん、逆境にめげずに希望の光を探しましょう」

困っているお年寄りに今時の若者がそっと手を差し伸べる。一言で言ってしまうとただそれだけのことなのですが、やっぱりこれってなかなか難しいこと。加えて、暗いニュースばかりを目にする昨今だからこそ、その行動はより輝きを増したのかもしれません。

Licensed material used with permission by Paula Accorsi Picard
カメラの前で、キュートな笑顔を咲かせている「ふたりの赤ちゃん」。パッと見だと似ていませんが、イリノイ州で生まれた双子の女の子で、初めて迎える誕生日の記念に...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...
長年にわたり世界中の「お酢」を探求してきた専門家が語る、お酢の魅力。
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
テレビやネットを通しては見れない、リアルなアメリカを映す写真がある。被写体は皆、ベッドルームにいるBarbara Peacockさんの写真だ。様々な年代や...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
アメリカのネブラスカ大学リンカーン校が、男性がポルノを初めて見た年齢とその人の性傾向についての関係性を発表。年齢が低い男性ほど女性への支配欲が強く、遅いと...
生徒や教師たちが亡くなった事件に対するトランプ大統領の発言は、彼の想像とは裏腹に、アメリカ社会に大きな波紋を起こし、新たなソーシャルムーブメントを生むこと...
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
動画メディア「Cut」が支持政党が違う若者3人を呼び、マリファナを吸って彼らにアメリカの「政治」の現状を語らせた。初めは民主党派と共和党派で揉めていたが、...
アメリカの女性向け雑誌「O, The Oprah Magazine」。この5月号では、フォトグラファーのChris Buck氏による、3枚の写真が掲載され...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
サイズは23.5センチ、色はホワイトシルバー。一足いかが?
ブルックリン・ネッツでプレーするジェレミー・リン選手は、元NBAオールスター選手であるケニオン・マーティンから人種差別発言を受けました。でも、彼の機転の効...
1980年代後半のアメリカで生まれた「イスラモフォビア」。日本語に訳せばイスラム恐怖症。宗教自体に、それを信仰する人々に対して嫌悪感を示す偏見のこと。この...
アメリカでいま、初めて女性が紙幣に起用されようとしています。ジェンダーの平等では、日本よりも意識が高いはずのアメリカですが、意外にもこれまで紙幣になった女...
現代社会は闇だとか、生きづらいとか。そんな批判をすることもできますが、だからこそ面白いこともきっとあるはず。Francesco Bongiorniさんが今...
男女平等は大切だけど、やっぱり男性と女性は「違う生き物だなぁ」と感じることっていっぱいありますよね。男性と女性は、生物学的にももちろんですが、社会的な行動...
男女平等や女性の社会的権利を訴える方法を考えると、まず思い浮かぶのは「デモ」に参加すること。その他といえば、イラストや写真を使って表現するといったことだろ...