真っさらでフレッシュな朝を写真でどうぞ。

おはようございます!

今ごろは、きっと通勤・通学中のことだと思う。真っさらでフレッシュな気分で迎える一日のうちでもっとも気持ちのいい時間帯。本来、朝とはそういうもの。

けれどウィークデイの朝はどうだろう。なかなかそういう心の余裕が持てない。満員電車、ジメジメ、汗だく……どの要素も、気持ちよさとは真逆のベクトルだ。 

そこで、美しい朝の写真で淀んだ気分を浄化させてみてはいかがだろう。ゆっくりと深呼吸するように、心を落ち着けて。さあ、新しい朝の始まり。

#1

2126ff434c327e9c85e0e7bca0e0cfd9e5dcdc54

Photo by Filip Eremita

#2

4ca8dd91f80781a9f1ae8cf15dce17d14c36b11a

Photo by Filip Eremita

#3

43dc8f34d7760c135ab61db227d6dc6e58c1c722

Photo by Filip Eremita

#4

Fe4c25dc846ed9cbce1422b300b6a26e3017465b

Photo by Filip Eremita

#5

5f13b9694d3a5f943e983113fe5f0c1a01b0979a

Photo by Filip Eremita

#6

D53a134470e09e92d172a3b27f295b9c7d3047b8

Photo by Filip Eremita

#7

A894d9db7942bb80fb6d21da8d7001dbcd5bab1e

Photo by Filip Eremita

#8

Cdbd117ecfc0b3f0b365c93442a5d4f8b5bfeeac

Photo by Filip Eremita

#9

227a222713e2cd7d066cf7c6f922a0be5140afb4

Photo by Filip Eremita

#10

A0c6e682b395347660273326830d4bd5ba77cf61

Photo by Filip Eremita

朝もやのカーテンに包まれたSavinjska Valley(スロベニア)のサンライズ。神秘的な姿を映し出すのはフォトグラファーFlip Eremita。

いつかどこかで見たような里山の風景に、心の隅々までデトックスできたんじゃないだろうか。さあ今日もがんばって行こう!

Licensed material used with permission by Filip Eremita
ニュージーランド、クライストチャーチにある植物園には、毎朝こんなにフレッシュな光景が。
ハッキリしたイメージがないからこそ、真っさらな目でみたら……。
中央ヨーロッパに位置するスロベニア。日本のように四季があり、小さい国だけれど素通りして欲しくなほど美しい景色が広がっています。同国の良さを、スロベニア出身...
科学的に裏付けられた、より良い朝を迎えるための6つの簡単な方法を紹介。
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で初秋の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
「Original Travel Company」は、独自の視点で旅をプロデュースしてくれるイギリスの旅行代理店です。
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
撮影が行われたのはニュージーランド・ノースアイランドにある「Waitomo Glowworm Caves」。3000万年前からある石灰岩でできた洞窟です。...
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
早起きをすれば、時間をもっと有効活用できることくらい。寝坊しがちな、私だってわかってるんです。それでもベッドから抜け出せない…。毎晩、明日こそは早起きをと...
ちょっと大胆な発言になってしまうのだけれど、「朝のセックス」ってどうしてあんなに気持ちいいんだろう?大好きな人が目を覚ました時に、隣にいるって本当に幸せ。...
『National Geographic(ナショナルジオグラフィック)』は、アメリカに本部を置く非営利団体「ナショナルジオグラフィック協会」の公式雑誌とし...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
イタリア人フォトグラファーのRoberto Berteroさんは、自らの足でアルプス山脈を登り続け、絶景写真を撮りつづけている。その高さ、約3,000〜4...
これで朝の習慣が変わるなら…。
熱中症対策に飲むのももちろんOKなのですが、甘酒が輝くタイミングがもうひとつあるんです。それは、朝一番!
ブダペストのフォトグラファー「Márk Mervai」氏は、写真について「Boredpanda」でこうコメントしています。「わたしにとって最も美しいひとと...