真っさらでフレッシュな朝を写真でどうぞ。

おはようございます!

今ごろは、きっと通勤・通学中のことだと思う。真っさらでフレッシュな気分で迎える一日のうちでもっとも気持ちのいい時間帯。本来、朝とはそういうもの。

けれどウィークデイの朝はどうだろう。なかなかそういう心の余裕が持てない。満員電車、ジメジメ、汗だく……どの要素も、気持ちよさとは真逆のベクトルだ。 

そこで、美しい朝の写真で淀んだ気分を浄化させてみてはいかがだろう。ゆっくりと深呼吸するように、心を落ち着けて。さあ、新しい朝の始まり。

#1

Photo by Filip Eremita

#2

Photo by Filip Eremita

#3

Photo by Filip Eremita

#4

Photo by Filip Eremita

#5

Photo by Filip Eremita

#6

Photo by Filip Eremita

#7

Photo by Filip Eremita

#8

Photo by Filip Eremita

#9

Photo by Filip Eremita

#10

Photo by Filip Eremita

朝もやのカーテンに包まれたSavinjska Valley(スロベニア)のサンライズ。神秘的な姿を映し出すのはフォトグラファーFlip Eremita。

いつかどこかで見たような里山の風景に、心の隅々までデトックスできたんじゃないだろうか。さあ今日もがんばって行こう!

Licensed material used with permission by Filip Eremita
ニュージーランド、クライストチャーチにある植物園には、毎朝こんなにフレッシュな光景が。
フォトグラファーPascal Mannaertsさんは、10年間にわたり世界中を旅して、「朝8時の写真」を撮影し続けました。朝8時だけでこんなにも多様性が...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
中央ヨーロッパに位置するスロベニア。日本のように四季があり、小さい国だけれど素通りして欲しくなほど美しい景色が広がっています。同国の良さを、スロベニア出身...
ハッキリしたイメージがないからこそ、真っさらな目でみたら……。
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
科学的に裏付けられた、より良い朝を迎えるための6つの簡単な方法を紹介。
光の線やドットをヌードモデルのカラダに投影し、それを作品として動画や写真に撮るフランス人フォトグラファー、Dani Olivierさん。彼が手掛ける作品は...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
熱中症対策に飲むのももちろんOKなのですが、甘酒が輝くタイミングがもうひとつあるんです。それは、朝一番!
撮影が行われたのはニュージーランド・ノースアイランドにある「Waitomo Glowworm Caves」。3000万年前からある石灰岩でできた洞窟です。...
早起きをすれば、時間をもっと有効活用できることくらい。寝坊しがちな、私だってわかってるんです。それでもベッドから抜け出せない…。毎晩、明日こそは早起きをと...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
ちょっと大胆な発言になってしまうのだけれど、「朝のセックス」ってどうしてあんなに気持ちいいんだろう?大好きな人が目を覚ました時に、隣にいるって本当に幸せ。...
イタリア人フォトグラファーのRoberto Berteroさんは、自らの足でアルプス山脈を登り続け、絶景写真を撮りつづけている。その高さ、約3,000〜4...