社会人なら押さえておきたい、いま全米で起きているムーブメント「#ArmMeWith」

今月14日、アメリカ・フロリダ州パークランドの高校で、男が校内に進入し銃を乱射。生徒や教師など計17人が犠牲となる事件が発生した。

多くの人々に衝撃を与えてから約1週間後、トランプ大統領は「教師たちが銃で武装していれば、より速やかに鎮圧できただろう」という旨の発言をしている。

このコメントの引き金になっているのは、銃保有権を推進する団体「全米ライフル協会(NRA)」の政策だと、BCCなどのメディアは報道。ちなみに、2016年の大統領選のときには、NRAは約32億円(3,000万ドル)をトランプ大統領のために使ったとされている。

さて、何を言いたいのか?と言うと…。

生徒や教師たちが亡くなった事件に対するトランプ大統領の発言は、彼の想像とは裏腹に、アメリカ社会に大きな波紋を起こし、新たなソーシャルムーブメントを生むことになったのだ。

#ArmMeWith

ざっくりと言えば、銃で武装しろと言われたアメリカの教師たち。だけど、他にも事件を未然に防ぐ方法があるとして、「#ArmMeWith」と書かれた紙に、彼らはそのために大切な要素を書いてSNSに投稿している。

例えば、ソーシャルムーブメントのきっかけになった投稿をしたとされるBrittany Wheatonさんは、このように書いている。

「精神的な問題を抱える生徒たちを助けるための、十分な資金という武器を与えて欲しい」

他にも、たくさんのメッセージが拡散されている。

「私が与えて欲しいのはリスペクトという武器。なぜなら教師はそれができるプロフェッショナルだから」

「本という武器が欲しい。そうすることで、生徒たちの精神も成長させられるし、ストーリーを通して何が正しいのかの決断を助けられ、彼らと繋がることができる」

「コモンセンスと銃規制という武器が欲しい」

ここで紹介したのは、氷山の一角にすぎない。すでにInstagramでは、このハッシュタグを使った投稿が1万以上されている。

ただ否定するだけでなく、トランプ大統領の発言を逆手に取り、自分たちの意見を発信する。実際にどれくらいの賛同者がいるのかは測れないが、銃の存在に異議を唱える人も多くでてきているようだ。

蛇足だが、デルタ航空とユナイテッド航空は、「全米ライフル協会」との関係を絶つと表明した。対して、トランプ大統領は、26日に「銃を持っていなくても(事件現場に)突入しただろう」と発言している。

ここで紹介するのは、2017年にオランダのコメディー番組が制作した風刺動画。極端な論調ではありますが、厳しく銃規制がされている日本に暮らす人が見たら、ナレ...
弾を詰め込んで発砲する銃とは違い、人を傷つけることなく動きを止められる「BolaWrap 100」。スタンガンや催涙スプレーとも一線を画す存在です。
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
10月27日、Instagramは自殺・自傷行為に関する規制を強化するためポリシーをアップデートした。今回のアップデートでInstagramはアニメや漫画...
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
ドヤったはずが、大間違い。社会人として知っておきたい「日本語」
フェスで盗撮された女性がソーシャルムーブメントを生み出し、今イギリスの法律を変えようとしています。
デンマーク政府がインフルエンサーのコンテンツを規制する方針を明らかにしたと報じられた。同国の児童・教育省は、インフルエンサーに対し、従来のメディア同様に“...
Instagramが投票率アップを目指して立ち上がりました。
噂の「スイカドレス」現象。Instagramで「#watermelondress」と検索すると、現在6,000件以上のスイカを洋服に見立ててポーズをとる人...
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
17歳の少女をレイプしたとして、27歳の男性が罪に問われた裁判がアイルランドで先月行われていたことを知っていますか?そしてこの時のことがきっかけで、あるム...
避難訓練に見る、お国柄。写真はアメリカでの非難訓練風景。日本では見慣れないオレンジのマットにくるまる子どもたちは、何から身を守ろうとしているのか? // ...
「もし大統領になったら、どんな問題を解決したいですか?」。人気動画「0-100」は、0歳から100歳までに同じ質問を投げかける企画。このたびの問には、貧富...
車社会アメリカならではのサービスとして1930年代より全土に広まったドライブスルー。その存在が「地球温暖化」によって消えるかもしれない。
アラバマ州にあるフォードの販売店が、自動車を購入した人に「アメリカの国旗」と「聖書」をあげるというキャンペーンを行なっています。
ノルウェーのSommarøyという島で、ちょっと興味深いムーブメントが起きています。彼らは「時間」を廃止しようとしているんです。
今夏、全米の大学生の学生証に「メンタルヘルス相談窓口」の連絡先を記載することが法律で義務付けられた。この施策が若者のメンタルヘルス改善にどのような影響を与...