社会人なら押さえておきたい、いま全米で起きているムーブメント「#ArmMeWith」

今月14日、アメリカ・フロリダ州パークランドの高校で、男が校内に進入し銃を乱射。生徒や教師など計17人が犠牲となる事件が発生した。

多くの人々に衝撃を与えてから約1週間後、トランプ大統領は「教師たちが銃で武装していれば、より速やかに鎮圧できただろう」という旨の発言をしている。

このコメントの引き金になっているのは、銃保有権を推進する団体「全米ライフル協会(NRA)」の政策だと、BCCなどのメディアは報道。ちなみに、2016年の大統領選のときには、NRAは約32億円(3,000万ドル)をトランプ大統領のために使ったとされている。

さて、何を言いたいのか?と言うと…。

生徒や教師たちが亡くなった事件に対するトランプ大統領の発言は、彼の想像とは裏腹に、アメリカ社会に大きな波紋を起こし、新たなソーシャルムーブメントを生むことになったのだ。

#ArmMeWith

ざっくりと言えば、銃で武装しろと言われたアメリカの教師たち。だけど、他にも事件を未然に防ぐ方法があるとして、「#ArmMeWith」と書かれた紙に、彼らはそのために大切な要素を書いてSNSに投稿している。

例えば、ソーシャルムーブメントのきっかけになった投稿をしたとされるBrittany Wheatonさんは、このように書いている。

「精神的な問題を抱える生徒たちを助けるための、十分な資金という武器を与えて欲しい」

他にも、たくさんのメッセージが拡散されている。

「私が与えて欲しいのはリスペクトという武器。なぜなら教師はそれができるプロフェッショナルだから」

toriさん(@recycled_charm)がシェアした投稿 -

「本という武器が欲しい。そうすることで、生徒たちの精神も成長させられるし、ストーリーを通して何が正しいのかの決断を助けられ、彼らと繋がることができる」

「コモンセンスと銃規制という武器が欲しい」

ここで紹介したのは、氷山の一角にすぎない。すでにInstagramでは、このハッシュタグを使った投稿が1万以上されている。

ただ否定するだけでなく、トランプ大統領の発言を逆手に取り、自分たちの意見を発信する。実際にどれくらいの賛同者がいるのかは測れないが、銃の存在に異議を唱える人も多くでてきているようだ。

蛇足だが、デルタ航空とユナイテッド航空は、「全米ライフル協会」との関係を絶つと表明した。対して、トランプ大統領は、26日に「銃を持っていなくても(事件現場に)突入しただろう」と発言している。

ここで紹介するのは、2017年にオランダのコメディー番組が制作した風刺動画。極端な論調ではありますが、厳しく銃規制がされている日本に暮らす人が見たら、ナレ...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
セグウェイから新製品が登場!その名も「Segway Drift W1 e-Skates」。軽くて小さいから持ち運びも簡単です。
長年にわたり世界中の「お酢」を探求してきた専門家が語る、お酢の魅力。
ドヤったはずが、大間違い。社会人として知っておきたい「日本語」
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
避難訓練に見る、お国柄。写真はアメリカでの非難訓練風景。日本では見慣れないオレンジのマットにくるまる子どもたちは、何から身を守ろうとしているのか? // ...
「もし大統領になったら、どんな問題を解決したいですか?」。人気動画「0-100」は、0歳から100歳までに同じ質問を投げかける企画。このたびの問には、貧富...
噂の「スイカドレス」現象。インスタで「#watermelondress」と検索すると、現在6,000件以上のスイカを洋服に見立ててポーズをとる人たちを見る...
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
全米規模で行われる伝統的なミスコンの「ミス・アメリカ」が現地時間9月10日に開催されました。そこで候補者のテキサス代表のMargana Woodさんがイン...
不平等な社会を訴えるべく、フォトグラファーMarinka Masséusとイラン女性たちは、「自由を表現する写真」と「鮮烈なメッセージ」を発信しています。
アイスバケツチャレンジを覚えているだろうか。ALS(筋萎縮性側索硬化症)の研究支援と、この難病を広く世の中の人に知ってもらう目的で、2014年アメリカから...
いま、アメリカでは「理想の人生像」を求めるあまり、命に関わる問題にまで発展する事象が起きているそうです。その原因の発端にあるものを一言で表現すれば「完璧さ...
学歴社会では「社会が頭の良い大学に行くと、人生が上手くいく」というイメージを植えつけますが、実際にどれくらいの弊害が生まれているのでしょうか。この疑問を人...
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...
日本でも有名なキング牧師。2018年は、暗殺された彼の死から50年目に当たります。「Ram Trucks」は彼のスピーチを引用し、トラックの映像を組み合わ...
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
事実を知ったとき、全身に鳥肌が立ちました。わずか2分30秒足らずの短編動画を、単なるラブストーリーと思って見ていると、あなたもその悲劇に気づくことができな...
1月29日、2019年シーズンからクリーブランド・インディアンスが、チームマスコットの使用を取り止めると発表。いわゆる「ワフー酋長」をネイティブアメリカン...
公共福祉のための寄付や、チャリティーの精神が浸透しているアメリカで、新たにこんなすてきなコミュニティサービスがスタートしました。もちろん、すべてが市民レベ...