この「サイン」に気づければ、悲劇は未然に防げるかもしれない

事実を知ったとき、全身に鳥肌が立ちました。

わずか2分30秒足らずの短編動画を、単なるラブストーリーと思って見ていると、あなたもその悲劇に気づくことができないままかもしれません。何を言わんとしているかは、もう動画で確認して、としか。 

淡い恋のものがたり
…のはずだった。

9ce92859f38be6d257ac039a1e81684b3761c11b

毎日を退屈しながら過ごしていた男子高校生(Evan)が、図書室の机のラクガキに答えてくれた、顔も知らない女子生徒に淡い恋心を抱いていきます。

8f6ebc0708c3178cdec9a001a8d77660c32cebaa4416739a27d59eedd45a17f870b7f9d5b3f79951C97f59a6741bbf71831ff8ddf189373edfc736b785887b18b454209a75d73c66b6c807692de0040c5523a5361848b0a4290dabc74ce41440183266af

いったいどの子がメッセージを書き残してくれているんだろう?気になりだしたら、もういてもたってもいられない。

4c8e27bc6b5f4f035f6b5c673e30132cf4c48c21

「キミは誰?」

C6cb82af581f3ffa641d11051e5d270f8c997e5b875dc3104727896e74d48b1e93f80873e91694b3

SNS上に、教室のなかに、まだ見ぬ愛しの人を追い求めるEvan。

124e344c89c3138bb7a68b830b3f14507b69b391

そしてある日、体育館で開催されたブックフェアの会場で、二人は偶然にも遭遇することに。最初に気づいたのは彼女のほうだった。彼が本にしたためた筆跡が、見覚えのあるそれだったから…。

と、誰もがハッピーエンドを想像するこのストーリーの結末。ところが実際はその逆。彼らを含めその場にいた学生たちの狂気の悲鳴がこだまするなか、映像は暗転していく。

そして、こうメッセージが浮かび上がってきました。

「Evanの心の動きを見ているあいだ、銃乱射の計画を立てていたもう一人の男子学生の存在があった。でも、そのことに誰も気づいていない」。

そこに隠されたサインを
見抜くことができるか

B3b6859144f3d1ca530b983ae8d0a936cd5b8406

周りがそのサインにさえ気づいてあげることができれば、銃による暴力は未然に防ぐことができる、と動画を制作した「Sandy Hook Promise」は強くメッセージを投げかけています。それというのも、アメリカで校内乱射事件を起こした犯人のおよそ80%が、事前に何らかのサインを発信していたことが報告されているからだそう。

ちなみに同団体も、2012年12月コネティカット州で起きたサンディフック小学校銃乱射事件で、凶弾に倒れた生徒の親たちが設立したもの。

本当に、サインがあるのだとしたら…それに気付いて事前に防ぐことができるのか。全米中に重い課題を突き付けたCMでした。

改めて動画を再生してみると、先ほどまでは存在すら気づいていなかった“彼”にしか、今度は目がいかなくなるはずです。

Licensed material used with permission by Sandy Hook Promise
生徒や教師たちが亡くなった事件に対するトランプ大統領の発言は、彼の想像とは裏腹に、アメリカ社会に大きな波紋を起こし、新たなソーシャルムーブメントを生むこと...
ここで紹介するのは、2017年にオランダのコメディー番組が制作した風刺動画。極端な論調ではありますが、厳しく銃規制がされている日本に暮らす人が見たら、ナレ...
避難訓練に見る、お国柄。写真はアメリカでの非難訓練風景。日本では見慣れないオレンジのマットにくるまる子どもたちは、何から身を守ろうとしているのか? // ...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
茹でてクタクタになった素麺が激変!
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
もし付き合っている相手が、自分に対して不満を抱えているとしたら…。後々、「まったく気付きませんでした」とはなりたくない。特に、手遅れになるようなことには。...
「もし大統領になったら、どんな問題を解決したいですか?」。人気動画「0-100」は、0歳から100歳までに同じ質問を投げかける企画。このたびの問には、貧富...
鬱病のサインをまとめた記事。どれも日常的に見逃してしまいやすいものばかり。頭の片隅に入れておくことで、自分や大切な人にもしもの事があった場合、早期発見に繋...
飛行機に乗っていると、客室乗務員同士でハンドサインのやりとりをしている様子をよく見かけます。その内容が気になったあるユーザーが「easyJetのハンドサイ...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
当たり前のように習慣化していたことを、急にしなくなる。反対に、まったく意識していなかったことに、関心を持ち始める。これらは、あなたが「人生を変化させたい」...
レーザーでも放つんじゃないだろうかというSF的なビジュアル。あながち間違いではありませんでした。これは、ドローンを撃ち落とさずに捕獲できる画期的な銃。2キ...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
6月24日にNetflixは、「アフリカ系アメリカ人とその文化をより描いていく」という内容の約1分間動画「A Great Day in Hollywood...
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
恋愛の本質は、自分よりも大切にしたいと思える相手と出会うこと。いつもは自分のことで頭がいっぱいなのに、恋愛をすると不思議と相手を優先するようになってしまう...
5月21日にラトビア銀行が、蜂の巣型の5ユーロ「Honey Coin」を3,000枚発行しました。
2024年のオリンピック開催地にパリが選ばれたことを機に、フランスの人権団体はアスリートと難民を比較した動画を作成しました。どれも30秒ほどですが、短い時...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
昨年の被害総額は、なんと約566億円。オレオレ詐欺に代表される「特殊詐欺」の被害は、過去最悪を更新し続けているのだそう。悲劇に遭う家族を、どうにかゼロにし...
9月10日は「世界自殺予防デー」です。日本の自殺率は世界でも高いなか、私たちには何ができるのでしょうか。アメリカの自殺予防団体が挙げる自殺のサイン。これを...
我慢しすぎの恋愛をしていませんか?関係を続けていくためにはある程度の妥協が必要ですが、自分ばかり我慢していては恋愛も楽しくありません。今の関係に少しでも違...
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...