調香師と学生が考案した「香りで社会問題を解決する方法」とは?

スイスの香料会社「Firmenich」の調香師と、ロンドンのデザインスクール「Central Saint Martins」の学生が協働して、「フレグランスが私たちの未来に与える影響」をテーマに、21種類の作品を開発した。

各学生が作り上げた装置に応じて、熟練した知識を持つ調香師が香りをつけるユニークな試みから、2種類をご紹介しよう。

1つ目は、摂食障害へのアプローチとして、Alessia Yu氏が考案した「Mindful Dining(マインドフル・ダイニング/心が満たされる食体験)」

音声ガイドに従って操作をしていくと、ディフューザーボックスから発せられる香り映像によって、これから食べるデザートの材料が紹介されるというものだ。

Yu氏は、食事において嗅覚が大きな役割を担うことに着目して、自分が味わっているものに対して、改めて意識を働かせることで、より楽しい食体験を提案してみせた。

このアイデアを香りの面から支えたのが、調香師のAlexis Grugeon氏。

「Smell The Taste(味わいを嗅ごう)」という技術を用いて、バナナブレッドやみつきになる香りを再現した。

© 2021 Central Saint Martins, UAL

2つ目は、住民が自分たちの住む地域の未来に対して、より関心を持てるようにと、Aliza Ruzavina氏が考案した「Scent Fountain(セント・ファウンテン/香りの噴水)」

このデバイスは、新しい建物の開発や地域の問題について問う住民投票の際に、結果に応じた香りのチューブを嗅いでから、ボタンを押して投票ができるというユニークな仕組みになっている。

つまり、将来その地域がどのような香りになるかを、実際に自分たちが、あらかじめ“嗅いで判断”できるということだ。

調香師のHamid Merati-Kashani氏は、街中でも力強く育つマグノリアの香りを中心に、都市の中の自然というコンセプトにあったフレグランスを調香した。

© 2021 Central Saint Martins, UAL

そのほかにも、社会問題を解決する新たな糸口になりそうなアイデアが盛りだくさん。

フレグランスはただの嗜好品ではなく、人々の心を動かし、未来を変える力を持っているのかも?詳しいラインナップはコチラから。

Top image: © 2021 Central Saint Martins, UAL
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「メゾン クリスチャン ディオール」の専属調香師である、フランソワ・ドゥマシー氏に2年間密着したドキュメンタリー映画『NOSE 調香師 ‒ 世界で最も神秘...
フレグランスのセレクトショップ「NOSE SHOP」が2021年1月15日より、同日から公開する映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』の特別キャンペ...
シックなデザインのものからユーモアの効いたものまで、オススメのお香立てを5つピックアップ。
「メゾン マルジェラ」の香水シリーズ「レプリカ」から、新作「Matcha Meditation(抹茶と瞑想を)」が2月から発売に。"思い出が纏う香りの再現...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
「OKOLIFE」は、その名の通り「お香」が定期的に届くサブスクリプションサービスだ。
お香の先っぽを折って、ぶら下げるかたちで使用する。燃えている部分は缶の中になるので、灰が飛び散らない。風が強い外で使用しても大丈夫。
「カルバン・クライン」より、ユニセックスで使えるヴィーガンフレグランスがお目見え。定番人気アイテム「CK One」を環境に優しい逸品にアップデートした「C...
「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー」と「ルーブル美術館」のコラボレーションが実現。
葉っぱをモチーフとしたお香「HA KO」より、秋冬の季節を感じる新作が登場。
自分で焼いてつくる、BBQ専用おせんべい「Baker」
お香をスタンドの中に入れてカバーをかぶせると、山のてっぺんから煙が出るという粋なデザインが特徴的な「Aroma Mountain」。お香の香りを静かに広げ...
アメリカのメイン州発の〈Paine Products〉のお香は、木をそのまま炊いたような香り。化学物質もオイルも一切なしなので安心して使えます。
クールでオシャレなマッチタイプのお香「hibi」は、上級者向けの大人っぽい香りをラインナップした「hibi deep.」を販売中。父の日のプレゼントにぴっ...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
紙香といえば、〈サンタ・マリア・ノヴェッラ〉や〈パピエダメニイ〉などのブランドが有名で、どちらかというと女性っぽいアイテムだと僕は思ってました。でも、〈C...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
読書のモチベーションを高める「フレグランス除菌スプレー」が登場。平日にビジネス本などを集中して読むための「WEEKDAY」と、休日に趣味の本や小説などをリ...
お香の名産地として知られる淡路島で約130年続く老舗の「薫寿堂」のお香「HA KO(ハコ)」を紹介。職人の手で一枚一枚大切に作られた、葉っぱがモチーフの和...
「メゾン マルジェラ」の香水シリーズ「レプリカ」のなかで、ひときわ人気を集める「レイジーサンデーモーニング」。そんな香りの世界観を、空間まるごと体感できる...
8月13日、AppleはiPhoneとApple Watchを使用した「Wallet学生証」をアメリカの大学12校が新たに導入すると発表した。
アメリカ・ミシガン州立の高校、North Farmington High Schoolでは、自分の好きなコスプレをして、学生証の写真撮影をするのが流行って...
社会人と学生の違いが鮮明に描かれた漫画。ライフスタイルや人間関係など、読んでいるとおもわず頷いてしまう内容だ。ジョークもすべて英語で書かれているため、わか...
平安時代に活躍した陰陽師の安倍晴明(あべのせいめい)を祀る「晴明神社」が、今年から導入した「非接触型おみくじ」。木箱を振れないのは寂しいが、手をかざして新...
もともとは宇宙飛行士のトレーニングの一環として、出発前の宇宙飛行士たちに宇宙の香りに慣れてもらうために作られた「NASA」謹製のフレグランス「Eau de...
香りと言葉を相互に変換するAIシステム「KAORIUM(カオリウム)」が開発された。曖昧で捉えにくい香りの印象を、言葉を使って可視化することはもちろん、あ...
都内で間借り営業中の「アロマ喫茶カホリト」が、9月から香りだけのメニューを揃えた「aroma-bar(アロマバー)」をスタート。香りを中心にメニューを組み...
新生活がはじまりに、こだわりたいのは。
2020年春、JR中央線東小金井駅~武蔵小金井駅間の高架下に、学生向け賃貸住宅「Chuo Line House KOGANEI」ができる。部屋はいくつかの...
「JR東日本」は「高輪ゲートウェイ駅」をコンセプトにしたオリジナルエッセンシャルオイルと入浴剤「高輪ゲートウェイ駅の香り」を、3月23日より無人AI決済店...