今、買うべき「お香立て」オススメ5選

香水にハンドクリーム、ハンドソープ。リモートワークがすっかり当たり前となった今、気分転換の手段としての「香りアイテム」に注目が集まっている。

その最たるものが「お香」であることは間違いないが、意外と悩ましいのが「お香立て」ではないだろうか?

シックなデザインのものからユーモアの効いたものまで、オススメを5つピックアップしてみた。

01.
Subtle Bodies/Brass Incense Holder (i)

© subtle_bodies.japan/Instagram

原料は香木とタブノキだけ。メルボルン出身のデザイナーが、世界中からサステイナブルな環境で作られた原料のみを厳選して作るお香ブランド「Subtle Bodies」のお香立ては、つなぎ目のない真鍮製。曲線美がエレガントだ。

ロンドンでハンドメイドされており、微妙な個体差アリ。時間の経過とともに変色するうえ、磨きをかけて光沢を出したりと真鍮ならではの楽しみ方も。

オリジナルのギフトボックスに入れて届けてくれるため、プレゼントにもぴったり。送料が無料という点も嬉しい。形は全3パターン。気になる人はその他もチェック

価格:7150円(税込)
購入は公式オンラインストアから

02.
OBJT by Lee Geonmin/"REVERSE" INCENSE HOLDER

© hunt_tokyo/Instagram

2017年にソウルで立ち上げられた韓国ブランド「OBJT」の人気プロダクト「"REVERSE" INCENSE HOLDER」。

日本での取り扱いは「Hunt Tokyo」のみで、逆さまに燃焼する構造に一目惚れする人が続出。長らく品切れ状態が続いていたが、再入荷して今なら買える!

こちらも生産工程の大部分はハンドメイド。写真のゴールドのほかシルバーもアリ。ユニークな一品が好きな人は選択肢に入れてみて。

価格:9460円(税込)
購入はコチラから

03.
DEN/Fountain Incense Holder

© maw_sapporo/Instagram

タイ・チェンマイのアートブックショップ「DEN」のオリジナルプロダクト。

見ての通り、現代アートの父ともいわれる某アーティストの作品を模した男性用便器型。もうこのセンスにビビッとくるか否か。多くは語るまい。

製作はタイのセラミックファクトリーにて。短いお香のほか、三角香、パロサントの使用も可能。なんなら灰皿としても。用途は広い。

価格:6479円(税込)
購入はコチラから

04.
BP./INCENSE-HOLDER_ST

© fridge.setagaya/Instagram

なかなかのイイお値段ながら、やっぱり紹介したい「BP.」の「INCENSE-HOLDER_ST」。これはもう、一生モノのお香立て。

マグネットを利用して壁掛け、横置き、縦置きの3wayで使用可能。多くの穴を通して立ち昇る煙が拡散され、香りをやさしく空間へと広げてくれる。

燃焼部が露出していないから、場所を選ばす安心して使える。灰が飛び散らず、内部に溜まって処理もラクラク。気分や使用スペースに合わせて3wayを使い分けよう。

「APOTHEKE FRAGRANCE」のBP.オリジナルのお香がセットなので、特別な人へのギフトにも。

価格:2万9700円(税込)
購入はコチラから

05.
SEE SEE/SK8 Okoutate

©2021 NEW STANDARD
©2021 NEW STANDARD

伝統工芸「静岡挽物」を継承するブランド「SEE SEE」。最近は一気にウェアに注目が集まっているが、見逃してはいけないのがフラワーベースなどのインテリアアイテムだ。

なかでもこの「SK8 Okoutate」は秀逸。スケートボードと思いきや、裏返すとお香立て。一輪挿しの機能もある。

伝統と革新を融合させ、常に痛快なユーモアも忘れない。そんなモノ作りの姿勢が支持されないわけがないよなあと。

価格:7590円(税込)
購入は公式オンラインストアから

Top image: © 2021 NEW STANDARD

関連する記事

お香の先っぽを折って、ぶら下げるかたちで使用する。燃えている部分は缶の中になるので、灰が飛び散らない。風が強い外で使用しても大丈夫。
「OKOLIFE」は、その名の通り「お香」が定期的に届くサブスクリプションサービスだ。
おうち時間のお供にぴったりの食べ物や飲み物、(仕方のない)外出時に便利な非接触棒などを、応援の意味も込めて「日本の老舗」からピックアップ!
アメリカのメイン州発の〈Paine Products〉のお香は、木をそのまま炊いたような香り。化学物質もオイルも一切なしなので安心して使えます。
新しい時代の都市と自然と人々のありようや、新たな建築、空間のありようを模索する建築集団「チームラボアーキテクツ」が保育園を設計。
クールでオシャレなマッチタイプのお香「hibi」は、上級者向けの大人っぽい香りをラインナップした「hibi deep.」を販売中。父の日のプレゼントにぴっ...
紙香といえば、〈サンタ・マリア・ノヴェッラ〉や〈パピエダメニイ〉などのブランドが有名で、どちらかというと女性っぽいアイテムだと僕は思ってました。でも、〈C...
お香をスタンドの中に入れてカバーをかぶせると、山のてっぺんから煙が出るという粋なデザインが特徴的な「Aroma Mountain」。お香の香りを静かに広げ...
数ある〈KUUMBA〉の商品の中から“まず1アイテム”をオススメするなら、「FRAGRANCE FABRIC SPRAY(フレグランス ファブリック スプ...
お香の名産地として知られる淡路島で約130年続く老舗の「薫寿堂」のお香「HA KO(ハコ)」を紹介。職人の手で一枚一枚大切に作られた、葉っぱがモチーフの和...
「触ってるだけで落ち着く」「手持ちぶさた解消」など、不思議な中毒性で大人がどハマりするフィジェットトイ(暇つぶし用玩具)に、新たなアイテムが登場
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
「メゾン クリスチャン ディオール」の専属調香師である、フランソワ・ドゥマシー氏に2年間密着したドキュメンタリー映画『NOSE 調香師 ‒ 世界で最も神秘...
インテリアショップにある傘立てって、いかにも“デザインしています”って感じのものが多いんですが、陶製でマリンテイストのボーダー柄。シンプルです。
かつて、脳卒中の割合が全国1位にもなった長野県。塩辛い食生活がその原因らしい、ということで官民一体となって行なったキャンペーンのひとつが「塩の代わりにスパ...
フレグランスのセレクトショップ「NOSE SHOP」が2021年1月15日より、同日から公開する映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』の特別キャンペ...
マッチを擦るように火をつけて、立ちのぼる自然の香りに身をゆだねる。ここで紹介する「hibi」は、着火具がなくても手軽に使えるお香スティックです。「hibi...
新生活がはじまりに、こだわりたいのは。
傘をさすのが嫌いな人って、私だけじゃないと思う。使い終わったのを乾かすのが面倒だし、畳んだとき足元に雫が落ちるのもイヤ。でも、この傘立てはその雨粒を思いも...
心が強くなければ、戦えない。でも、強い心を手にするのは、決して簡単じゃない。トップアスリートはどのようにして“強い心”を手にし、それを発揮してきたのか。「...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
カナダのアパレルデザイナーが開発したパンツ専用のハンガー「The Jean Hanger」がシンプルなのにスゴイ。ハンガーラックにかけられてシワの発生を防...