光の魔術師がデザインした、泊まれるアート作品『光の館』

『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつ。

宿泊できるアート

展示がはじまったのは2000年のこと。常設展示となっているため、先に紹介した芸術祭の期間外にも閲覧できます。日中に見学したり、会議で利用したり、さらには宿泊することも。

作品を設計するにあたりインスピレーションを得たのは、小説家・谷崎潤一郎の文学作品『陰翳礼讃(いんえいらいさん)』。"陰翳"には、薄暗く趣のある変化があるという意味があります。

光のアーティストととも呼ばれる設計者ジェームス・タレル氏は、作中にある「われわれが既に失いつつある陰翳の世界」という一節を、外の光との調和によって表現しました。

豪雪地域のため、家屋は伝統的な高床式となっており、四季折々の風景を高さのある視点から楽しめます。キッチンが自由に利用でき、自炊可能。

天井に四角い窓があるこちらの部屋は、屋根がスライドで開く仕組み。そのため、眩しい太陽光と切り離した状態で青空を眺められます。

夜空の色彩変化を意識する機会はなかなかありません。ここなら畳に寝転びながら空を眺め、徐々に移り変わる微妙な色の違いをゆっくりと感じられます。

光の演出やそのコントラストが醍醐味。もとになったコンセプト「瞑想の館」の雰囲気が伝わる場所。

光に触れる浴室

これは宿泊者だけの特権。まるで光に触っているかのような感覚に。タレル氏ならではの光の知覚が味わえます。

宿泊にはいくつか条件が。

タレル氏は、3つの家族がこの宿で1晩交流することを望んでいるため、少人数のグループで予約する際には、他の団体と同泊になることも。

もちろん、それぞれの部屋は別々ですが、鍵などはなく、施設の利用もすべて譲りあい。宿泊者同士の距離感を楽しむのも一興というわけ。詳細はWEBサイトで。

Licensed material used with permission by 光の館
高知の街の象徴である日本三大夜城の「高知城」が、インタラクティブな光のアート空間に変わる。「チームラボ 高知城 光の祭 2019-2020」は2019年1...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
光の線やドットをヌードモデルのカラダに投影し、それを作品として動画や写真に撮るフランス人フォトグラファー、Dani Olivierさん。彼が手掛ける作品は...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
QOLとは実は医療の現場で使われ始めた言葉。この記事では、QOLの意味や高めるためのヒントをご紹介。
光を遮りたいから用いるブラインド。ところが、その性質を逆手にとった、こんなアイデア照明がありました。
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
2018年で7回目の開催となる「Amsterdam Light Festival(アムステルダムライトフェスティバル)」。アムステル川沿いを中心に街のいた...
12月12日に、目に入る光の量を自ら調節するテクノロジーを搭載したコンタクトレンズ 「アキュビュー オアシス トランジションズ スマート調光」の...
ナガタタケシとモンノカヅエによるアートデュオTOCHKAは、キャンバスではなく、空中に描く光のアニメーションを制作。アーティストたちが描くのではなく、プロ...
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
「Gates of Light(光のゲート)」は、オランダの「締切大堤防」にある60基の水門に、マイクロプリズムシートが取り付けられてできたインスタレーシ...
台湾での買い物や街歩きって楽しいけれど、ガイドブックでよく見る観光地にはもう飽きたな。お土産も似通うし。そんな人に行ってみてほしい、台中の「綠光計畫」。
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
米テネシー州で、電気ウナギによるクリスマスツリーの点灯が話題に。ツリーが水槽の横に設置され、水槽内のセンサーが電気を感知すると光を灯すという仕組み。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
感染予防にはモノと手の衛生を「長時間持続」させることが重要。そこでおすすめは、48時間効果が持続する「手」の抗菌化が可能なハンドフォーム「EZ BARRI...
次世代シューズ「ACBC」は特許取得済みの技術により、ひとつのソールに複数のアッパーが付け替え可能。ジッパーで合体させるだけのラクラク設計。
2016年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART ...
ボゴタにアートギャラリーのようなベーカリーカフェがオープンしました。デザインを手がけたのは、ニューヨークを拠点に活動するデザインスタジオ「Studio C...
鮮やかな色の光が、木々のあいだを駆け巡る。森の中に大量のLEDを置いて…?と一瞬思ってしまいますが、これはすべて拡張現実(AR)での世界。森の映像にグラフ...
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
「種子島宇宙芸術祭」は、日本で唯一の大型ロケット発射施設を有するなど、宇宙を固有資源とする種子島を舞台に開催予定。2012年からプレイベントとして開かれて...
イギリス人写真家のLloyd Evans。彼の作品が注目される最大の理由は、劇場の照明デザイナーという専門スキルをもつフォトグラファーだからと言えるでしょう。