光と紙でできた「夕暮れと水平線」の写真。

『Paperworks(See/Sea)』
Artist:Maija Savolainen

この作品、じつは折り目を付けた白いA4紙です。太陽光が紙に反射している様子を撮影することで絶妙な色合いが生まれているのだとか。以下、写真をいくつか。フレームがあるからか、まるで夕暮れ時の海を撮影したかのように見えて不思議です。

遠目には水平線があるように見えますが、拡大すると折り目に寄る細かなしわが見えてきます。

C0c0f591be16164000f1708ef91e93e7593ef037696943210ebaa5374fcc15777fd2a5e23b874df08a0e6aec4d3ed79cb56a01ac0bd50fbced1486b8Dc2389ec39b7a98530e4f6907326c2caef23e0ed16ae3960a0525d0ee820c830c7f8152f77bb4eab

時間帯や季節によって変わる日光の色や、写真の見え方を研究したものだそう。“白いA4紙”の全体像を想像しながら、当たっている太陽光の色から逆算していくと、周囲にどんな環境があったのかが見えてくるかもしれません。じっと眺めちゃいますね。

その他の写真は「Gallery Talk Person」で閲覧できます。

Licensed material used with permission by Maija Savolainen
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
ナガタタケシとモンノカヅエによるアートデュオTOCHKAは、キャンバスではなく、空中に描く光のアニメーションを制作。アーティストたちが描くのではなく、プロ...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
いろんなストーリーが浮かんできます。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
2008年、ニューヨークのイーストリバーに4つの滝をつくったオラファー・エリアソン。その作品は、光、空間、水、鏡、霧、影という自然現象や素材を巧みに使い、...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
2016年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART ...
まるで鋭い銃弾に打ち抜かれたような印象を与える、引き裂かれた写真。写真のコラージュ作品はデジタルで制作されることが多いけれど、Fabian Oefnerさ...
鮮やかな色の光が、木々のあいだを駆け巡る。森の中に大量のLEDを置いて…?と一瞬思ってしまいますが、これはすべて拡張現実(AR)での世界。森の映像にグラフ...
現代人の多くは、太陽光があまり入らない部屋で、人工的なライトに照らされて生活しているのでは。時間や場所の感覚を失いがちな現代人が、あたたかい木漏れ日の光を...
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
日常にあるものとないものを融合させたマジックリアリズムに影響を受け制作されたPaigeさんのアート。この記事では、彼女の作品の雰囲気をお楽しみください。
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...
「オーロラを見るたびに、魔法のチカラを感じるんだ」。その美しさに魂を奪われたJuusoHDは、“オーロラの姿”を追い求め多くの幻想的な写真を生み出している...
この写真、点描画にも似ているんですが、なんかひと昔前のテレビを切り取ったような感じで、味わい深いんです。
クレマチスの丘にある「IZU PHOTO MUSEUM」に行こう。そこは、静岡県三島市に隣接する、花・アート・食がコンセプトの複合文化施設。庭園やミュージ...
円や直線などの幾何学模様を組み合わせた独特な世界観。こちらのアートを作り出したのはイタリアを拠点に活躍するフォトグラファーのErika Zoll。この「G...