この春の、お引越しが「とっても」楽しみな人へ。

 

もうすぐはじまる新年度。

春のはじまりに、新しいおうちへの「引越し」を控えている人も多いと思います。どんなお部屋にしようか、カーテンやベッドカバーの色、テーブルやラグマットはどうしようか、なんて新生活への期待に胸をふくらませていることでしょう。

……さて、インテリアも気になるけれど。

お部屋の「香り」はどうする?

 

これ、けっこう大事です。重要視したいのは、お部屋に「香り」があることだけでなく、ちゃんとそのお部屋に「 “合う” 香り」を選べるかどうか。

でもそれって難しい。こんなお部屋にしたい!ってイメージはできていても、じゃあどんな香りが合うの?って、なかなか絶妙なもんだいです。

「こんなお部屋には、これ」ってある程度決まっていて(でも決めつけすぎていなくて)、そんなふうに「香り」を選べたらいいのに。

と、思ったらありました。

6184261870682112

5月にローンチされる「IZUMI KAN」 がリリースするお香『そえる、香り』は、“空間デザインの要素として、家具やインテリアのように、香りもその役割を担っている” という考えから生まれたのだそう。

お香立ては、アルミ素材のシンプルなデザインだし、お香の色も「白」。“いい意味で” 存在感がないんです。「どんなお部屋にも合う」の大事な条件ですよね。

……さてさて、ずいぶんと引っ張ってしまってすみません。肝心の「香り」は、というと。

お部屋の雰囲気によって選ぶ
5つの「香り」。

5815105807712256

 

たとえば、日当たりにこだわった、あたたかいお部屋には『no.1 / SAKURA』。淡く華やかな香りは、昼間はやさしく上質な空間を、夕方以降は艶のある空間を演出してくれます。

『no.2 / WAKABA』は、新緑の若葉を思わせ、風を吹き込むようなさわやかな香り。植物を置く予定のお部屋なら、さらに開放的な空間に。

暖色系のクラシカルなインテリアを想定しているなら『no.3 / HANAYUZU』を。奥ゆかしく深みのある香りが、気品がある穏やかな空間をつくってくれるはず。


ほかの「香り」も気になったら、ぜひ「makuake」でチェックしてみて。この春新しいお部屋に引っ越すあなたは、どの「香り」を選びますか?

 

Licensed material used with permission by makuake
今年4月にローンチするブランド「IZUMI KAN」は、TPOに応じて服を選ぶように、色や空間、季節などに合わせた香りを「えらんで着る」香水を提案。「見え...
お香をスタンドの中に入れてカバーをかぶせると、山のてっぺんから煙が出るという粋なデザインが特徴的な「Aroma Mountain」。お香の香りを静かに広げ...
アメリカのメイン州発の〈Paine Products〉のお香は、木をそのまま炊いたような香り。化学物質もオイルも一切なしなので安心して使えます。
バイオメトリック認証は、MLBの試合が行われる一部の球場でも採用されるようです。
イスラエルのバイオ関連企業が開発した超特大のコンポスト。できるのはガス。
数ある〈KUUMBA〉の商品の中から“まず1アイテム”をオススメするなら、「FRAGRANCE FABRIC SPRAY(フレグランス ファブリック スプ...
お香の先っぽを折って、ぶら下げるかたちで使用する。燃えている部分は缶の中になるので、灰が飛び散らない。風が強い外で使用しても大丈夫。
紙香といえば、〈サンタ・マリア・ノヴェッラ〉や〈パピエダメニイ〉などのブランドが有名で、どちらかというと女性っぽいアイテムだと僕は思ってました。でも、〈C...
この家、外から見るとなんだか小さくて狭そうですよね。実際、床面積はたったの18㎡(約9.8畳)。でも中に入ってみるとびっくり、とっても快適な空間が広がるタ...
シンプルで個性的なヒーターに出会いました。
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
たくさんの人が新しいことに挑戦して、心機一転、やる気ムードが溢れる中で、どうも私は、体と一緒に気持ちもずっと気だるいまま。まわりを見渡して、自分も向上心に...
BreckとKelseyのカップルは、ロッククライミングが大好き。そこでこの小さなトレーラーハウスにお引越しすることを決めたとき、自分たちらしいエクステリ...
グッドデザイン賞2017を受賞した「さがデザイン」という取り組みを、同取り組みの一貫であるオンラインポストカードをとっかかりとして紹介する。「さがデザイン...
マッチを擦るように火をつけて、立ちのぼる自然の香りに身をゆだねる。ここで紹介する「hibi」は、着火具がなくても手軽に使えるお香スティックです。「hibi...
〈KUUMBA(クンバ)〉のエアリフレッシュナーは、スプレーの噴射が強く、一気に部屋をいい香りへ。アロマ由来のやさしい香りも魅力です。
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
桜、チューリップ、タンポポ、スミレ、シロツメクサ……日本の春にはたくさんの花々が咲き誇りますが、ポーランドで春の花といえば何と言ってもクロッカス。タトラ山...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
「お酒を楽しく、美味しくするグラス」をモットーとした製品が誕生しました。この「ottotto」は、家具デザイナー林秀行氏が、自分のデザインした器でお酒を飲...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
出会いと別れ、新たな環境に身をおく心機一転の「春」。この時期に自分の身辺整理(身も心も)をすることを、英語で(Spring Cleaning)と表現するん...