この春の、お引越しが「とっても」楽しみな人へ。

 

もうすぐはじまる新年度。

春のはじまりに、新しいおうちへの「引越し」を控えている人も多いと思います。どんなお部屋にしようか、カーテンやベッドカバーの色、テーブルやラグマットはどうしようか、なんて新生活への期待に胸をふくらませていることでしょう。

……さて、インテリアも気になるけれど。

お部屋の「香り」はどうする?

 

これ、けっこう大事です。重要視したいのは、お部屋に「香り」があることだけでなく、ちゃんとそのお部屋に「 “合う” 香り」を選べるかどうか。

でもそれって難しい。こんなお部屋にしたい!ってイメージはできていても、じゃあどんな香りが合うの?って、なかなか絶妙なもんだいです。

「こんなお部屋には、これ」ってある程度決まっていて(でも決めつけすぎていなくて)、そんなふうに「香り」を選べたらいいのに。

と、思ったらありました。

5月にローンチされる「IZUMI KAN」 がリリースするお香『そえる、香り』は、“空間デザインの要素として、家具やインテリアのように、香りもその役割を担っている” という考えから生まれたのだそう。

お香立ては、アルミ素材のシンプルなデザインだし、お香の色も「白」。“いい意味で” 存在感がないんです。「どんなお部屋にも合う」の大事な条件ですよね。

……さてさて、ずいぶんと引っ張ってしまってすみません。肝心の「香り」は、というと。

お部屋の雰囲気によって選ぶ
5つの「香り」。

 

たとえば、日当たりにこだわった、あたたかいお部屋には『no.1 / SAKURA』。淡く華やかな香りは、昼間はやさしく上質な空間を、夕方以降は艶のある空間を演出してくれます。

『no.2 / WAKABA』は、新緑の若葉を思わせ、風を吹き込むようなさわやかな香り。植物を置く予定のお部屋なら、さらに開放的な空間に。

暖色系のクラシカルなインテリアを想定しているなら『no.3 / HANAYUZU』を。奥ゆかしく深みのある香りが、気品がある穏やかな空間をつくってくれるはず。


ほかの「香り」も気になったら、ぜひ「makuake」でチェックしてみて。この春新しいお部屋に引っ越すあなたは、どの「香り」を選びますか?

 

Licensed material used with permission by makuake
今年4月にローンチするブランド「IZUMI KAN」は、TPOに応じて服を選ぶように、色や空間、季節などに合わせた香りを「えらんで着る」香水を提案。「見え...
お香をスタンドの中に入れてカバーをかぶせると、山のてっぺんから煙が出るという粋なデザインが特徴的な「Aroma Mountain」。お香の香りを静かに広げ...
クラウドファンディング「Makuake」で先行販売が開始されているキャンバス型スピーカー「MUVAS」。どこからか聴こえてくる不思議な音に包まれる空間を演...
お香の先っぽを折って、ぶら下げるかたちで使用する。燃えている部分は缶の中になるので、灰が飛び散らない。風が強い外で使用しても大丈夫。
今回は代々木上原にある「No.」のオシャレノンアルコールカクテル。わざわざ酔っぱらわなくてもオシャレな雰囲気でおいしいカクテルが飲めるらしい。っちゅうこと...