目がカメレオン化!?世界初の光で色が変化するコンタクトレンズが日本で発売

コンタクトレンズブランド「アキュビュー」から、来月12日に世界初の機能をもったアイテムの先行発売がスタートする。それが、目に入る光の量を自ら調節するテクノロジーを搭載したコンタクトレンズ 「アキュビュー オアシス トランジションズ スマート調光」。

特徴は、レンズ内に配合された調光剤(フォトクロミック分子)。光に当たると分子構造が変化して色が濃くなり、光が引くと再び元の形と色に戻るという。この性質によって、装用者の目に入る光の量が自動で調節される仕組み。

日本人の瞳であれば外観上の印象の違いはわずかで、周囲にも気づかれることなくエフォートレスかつスマートな光のコントロールが可能だという。 

レンズの色が変化しても視界が暗くなることはなく、下部の光が調光されたイメージ画像のように日常生活のさまざまなシチュエーションに対応。

公開されているスペシャルムービーからも“光のノイズ”がない新しい視界への期待が高まる調光機能付きコンタクトレンズ。外見的な変化を楽しむカラコンとは違った新しいカテゴリーのアイテムだ。 

©ジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケア カンパニー
©ジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケア カンパニー
©ジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケア カンパニー

『アキュビュー オアシス トランジションズ スマート調光』
【装用スケジュール】2週間頻回交換/終日装用
【パッケージ内容量】1箱6枚入り
【希望小売価格】オープン価格

Top image: © iStock.com/CSA-Printstock
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事