日本人のために厳選された、シカゴの「伝説的クラフトビール」が初上陸!

「GOOSE ISLAND(グースアイランド)」は1988年にシカゴで誕生した、アメリカ中西部最大のクラフトビールブランド。こだわりのホップを自家農場で栽培し、 最先端の科学技術とマイスターたちの知恵を融合させるだけでなく、世界で初めてワイン樽を使った熟成方法を導入するなど常に新しさを追求しています。

このたび、そんな“伝説的クラフトビール”が日本に初上陸。う〜ん、飲んでみたい!

美味いビールのためなら、
何をしても許される。
そんな会社のビールです。

販売を開始する3種は、“生粋のビールバカ”であるグースアイランドのマイスターたちが、日々生み出される無限のレシピの中から「日本のビール好き」 のために厳選した「日本人のためのクラフトビール」です。

グースアイランドは、ビール好きの声を即座に汲み取るために醸造所でバーを経営。

欲しいホップがあるなら、自社農場で作ればいいという発想です。

最先端の科学とマイスターのクラフトマンシップが融合する醸造所。

新たなビールを生み出すためのイノベーションプログラムも。

広大な樽熟成庫。

それでは、このたび発売となる3種を紹介!

「HONKERS ALE」

創業者ジョン・ホールが英国のパブを巡り、インスピレーションを受けて完成させた「ブランドの原点」と言えるビール。フルーティーなホップのアロマとモルトの苦味が絶妙なバランスで、どんなスタイルにも合わせやすい味わいとのこと。

「GOOSE IPA」

フルーティーな香りとドライモルトの味わい、そしてしっかりとしたホップの後味がたまらないのだそう。

「SOFIE」

オレンジピールの風味を添えてワイン樽で熟成した、ベルギーファームハウスエール。スパイシーさとシトラスの酸味、シャンパーニュを思わせるライトでクリーミーな後味が特徴。

これらは楽天市場で独占販売。「GOOSE ISLAND マイスターオススメセット」と題し、「HONKERS ALE 355ml x 6本セット」「GOOSE IPA 355ml x 6本セット」「SOFIE 750ml x1本」を、限定アイテムとともに3カ月間定期配達。本日5月17日(火)受付開始で、価格は11,000 円(税・送料込)です。

自身で楽しむのはもちろん、父の日のプレゼントにも最適かもしれませんね!

Licensed material used with permission by Goose Island Beer Co.
andmore
他の記事を見る
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
数年前から継続中のクラフトビールブーム。その勢いは陰るどころか、むしろ加速中と言えるでしょう。なぜなら、キンキンに冷えたビールが欠かせない、あんな場所にま...
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
米国版『GQ』において「2010年のベストバーガーオブザイヤー」に、また『TIME』では「史上もっとも影響力のある17のバーガー」に選出。ア...
本格アウトドアシーズンに向けて準備しておきたい「最高においしいビール」を飲むためのギア&グッズを厳選してご紹介! オシャレと実用性を兼ね備えた一品をぜひ!
世界第3位に輝くメキシカンサンドウィッチ=トルタをだすお店『TORTAS Frontera(トルタスフロンテア)』。シカゴのオヘア国際空港でオススメです。
初めて食べると驚くビリうま。山椒のように舌がしびれるジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)です。不思議な感覚でおいしい!――ブラジルのお酒と料理 特集
甘そうな印象を覚えるでしょうか。これは、“ほろ苦く濃厚な味わいのお酒”。バレンタインデーに飲むお酒として、またはプレゼントとして、検討してみてはいかがでし...
ビルミルクのミナスフレッシュチーズです。ブラジル出身のビルマルさんが、新鮮な牛乳と塩を使う母国の製造技術で作っています。自分や家族、友人のために、懐かしの...
2011年に結成したお茶目なロサンゼルスのミニマルファンクバンド「Vulfpeck」。彼らがファンから絶大な信頼を得ているのは、話題性だけでなく確かな実力...
シカゴのピザ博物館「The U.S. Pizza Museum」。5月31日、展示スペースが拡大する形で再オープン。展示品には“ピザの剥製”も……。シカゴ...
「Urban Rivers」が開発しようとしているのは、誰もがインターネットを通じてコントーロできるお掃除ロボットだ。
飛行機での空の旅。上空では味覚に変化が起こるというのはよく聞くハナシ。どうやら高度と気圧が大きく関係しているようですが、まさかその変化した味覚に合わせて「...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
一般的にレモンを搾ってツルり。ですよね。ここに紹介するのは、ひと味違うおいしさを体験できる食べ方です。
普段はカリフォルニアを拠点としているわたしですが、久しぶりに東へトリップしてきました。水に囲まれた街「シカゴ」は、日本から直行便で約12時間。1900年代...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...