クリエイターの頭の中はどうなってる?Netflix『アート・オブ・デザイン』の魅力

デザインやアートのドキュメンタリーって聞くと、いい感じの音楽に乗せた、ミニマルで都会的な、いわゆる「おしゃれな作品」を連想するかもしれない。

そんなイメージを振り切って、純粋にアーティストの“頭の中”を見せようとしてくれるのがNetflixオリジナルの『アート・オブ・デザイン』。今、世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。

アーティストやデザイナーって、なんとなく遠い世界の⼈たちに思えるけど、じつはデザインは「日常」に溢れてる。たとえば今いる建物、使っているプロダクト、もしかしたら食べているものまで…。緻密な計算の元にデザインされているのかもしれない。

たった10分間で作った野菜炒めを食べてるって? そのとき、無意識に自分好みの味になるように調味料を工夫したり、シャキシャキの食感になるように火の強さを調整したはず。言ってみればそれだって、クリエイティビティを使った立派な「デザイン」じゃない?

デザインとは、シンプルに「考えること」。この作品から伝わってくるのは、そんなメッセージ。

デザイナーだって
ひとりの人間だ

全8エピソードから構成されるこのシリーズでは、毎回世界最⾼峰のデザイナーたちが主人公になる。彼らの作り出す素晴らしい作品というよりも、彼らのなんの変哲もない日常を通して、どうやってアイデアを出すのか、どうやって物事を見ているのか、という点にフォーカスしている。

たとえば、第1話のデザイナーはクリストフ・ニーマン。「The New Yorker」の表紙で有名なイラストレーターである彼は、自分の仕事の日常はとっても単調なものだと語る。デスクに座り、アイデアが思い浮かぶまでじーっと待ち続け、何か思い浮かべばラッキー、もちろん思い浮かばない日もある。そこから見えてくるのは、決してデザイナーがクリエイティブで華やかな一面だけではない、ということ。

彼らは、時に家族について語ったり、抱える不安を露呈したり、また成功の陰に隠れた⾒栄や強がりも見せてくれたり。やりすぎな演出なんてひとつもなく、ありのままを伝えてくれる。でもなぜかそれぞれの人格を理解していくにつれ、どうして彼らの作品が魅力的なのか、あるいは機能的なのかが理解できてくるから不思議だ。

このシリーズを通して、あなたはトップデザイナーたちをもっと身近に、そしてもっと愛おしく感じられるはずだ。

ステージデザイナーって?
馴染みのない職業

『アート・オブ・デザイン』では、グラフィックデザイナーやインテリアデザイナーといったクリエイティブたちに加え、「シューズデザイナー」や「カーデザイナー」、はたまた「ステージデザイナー」といった、すぐにはその仕事ぶりがイメージできない人たちも登場する。

たとえばナイキの「エア・ジョーダン」や「エア・マックス」を知らないという人はほとんどいないと思いますが、これをデザインした人こそが第2話の主人公ティンカー・ハットフィールド。

斬新かつ洗練されたスポーツカーをデザインしているラルフ・ジルは、全自動運転のファミリー向け電気自動車のデザインにも携わっていて、私たちの未来を担っているひとりといってもいいほど。

さらに、ステージデザイナーのエズ・デブリンは、基本の演劇をカバーすることはもちろん、ビヨンセやU2など人気音楽アーティストのコンサートステージなどもデザインしている。

こうやって並べてみると、私たちの身近にあるすべての物事が丁寧にデザインされていることがわかる。「そうだったんだ!」と思える知識を広げてくれるだけではなく、物事がどういうプロセスで生み出されて、それを作った人はどんな思考で作り上げているのか、もしくはどんなメンタルで生活しているのかまでを掘り下げた、極上のドキュメンタリーなのだ。

デザイナー

「アート・オブ・デザイン」Netflixで独占配信中

Licensed material used with permission by 「アート・オブ・デザイン」
11月25日、「Netflix」がニューヨークにある劇場「Paris Theatre」とリース契約を締結したと発表。
「これはマストチェック!」と心から思う「Netflixオリジナル作品」を4作紹介。
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
2021年に活動休止を控えた「嵐」のドキュメンタリー番組が「Netflix」で独占配信される。活動休止を控えた嵐の向かう先、そして彼らの思いとは......。
韓国発のスキンケアシリーズ「JM solution」から、化粧水・美容液・乳液すべてのスキンケアのステップをひとつにできる「JM solution オール...
普段はライバルであるはずのNetflixとHulu。その両者のやりとりが、なんか素敵!
「Netflix」は、先日12月9日に発表された米「ゴールデングローブ賞」において、合計で34ノミネーションという快挙を成し遂げた。
映画『To All the Boys I’ve Loved Before』で、韓国のヨーグルトスムージーとして紹介されているある日本製品が、現在爆売れして...
7月28日、イーロン・マスクがテスラの自動車に搭載されているディスプレイでNetflixやYouTubeが視聴可能になるとツイート。近日中にソフトウェアア...
6月24日にNetflixは、「アフリカ系アメリカ人とその文化をより描いていく」という内容の約1分間動画「A Great Day in Hollywood...
昭和に流行し、今でもお祭りなどの景品でよく見かける「あるおもちゃ」が今、密かに大流行しているという。その「あるおもちゃ」とは......?
「Netflix」が「Spotify」創業の物語をオリジナルシリーズ作品として制作することを発表!Spotify創業者のDaniel Ek氏とそのパートナ...
渋谷カルチャーの中心である新生「渋谷PARCO」の9階に、今年4月、10代のための新たなクリエイティブの学び舎「GAKU」が開校。
「Ben & Jerry's」と「Netflix」がコラボして生まれた新作フレーバー「Netflix & Chilll'd」が話題となっている。Netfl...
「Netflix」で公開中のオリジナルドキュメンタリー「チアの女王(原題:Cheer)」は、全米屈指のチームが敏腕監督のもと"全米大学チア大会"でのチャン...
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...
2月27日、アメリカで『HER BODY CAN』という絵本が出版された。この本は0歳〜8歳を対象にしており、ボディポジティビティを広めることを目的としている。
植物コミュニティアプリ「GreenSnap」を運営する「株式会社GreenSnap」が、新たなコンテンツサービス「おうち園芸」をスタート。
映画『アイリッシュマン』を日本国内のスクリーンで観ることは諦めるしかない。日本では11月5日に「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」で3回上映されるのみ。チケ...
Netflixが「パブロ・エスコバルのカバ」を題材にしたコメディ『Cocaine Hippos』を製作するようだ。
本作品の主人公は、天才ピアニストとして知られたデイヴィッド・ヘルフゴット。映画好きならアカデミー賞受賞作品『シャイン』のモデルとなった人と言った方が...
約20年に渡り、世界中のたくさんの人にスリリングな体験を届けている『ワイルド・スピード』シリーズ。12月26日に、Netflixオリジナルとしてそのスピン...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
12月12日に、目に入る光の量を自ら調節するテクノロジーを搭載したコンタクトレンズ 「アキュビュー オアシス トランジションズ スマート調光」の...