クリエイターの頭の中はどうなってる?Netflix『アート・オブ・デザイン』の魅力

デザインやアートのドキュメンタリーって聞くと、いい感じの音楽に乗せた、ミニマルで都会的な、いわゆる「おしゃれな作品」を連想するかもしれない。

そんなイメージを振り切って、純粋にアーティストの“頭の中”を見せようとしてくれるのがNetflixオリジナルの『アート・オブ・デザイン』。今、世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。

8e6a7534988ae96cf31aa620b3e7024563c32b2a

アーティストやデザイナーって、なんとなく遠い世界の⼈たちに思えるけど、じつはデザインは「日常」に溢れてる。たとえば今いる建物、使っているプロダクト、もしかしたら食べているものまで…。緻密な計算の元にデザインされているのかもしれない。

たった10分間で作った野菜炒めを食べてるって? そのとき、無意識に自分好みの味になるように調味料を工夫したり、シャキシャキの食感になるように火の強さを調整したはず。言ってみればそれだって、クリエイティビティを使った立派な「デザイン」じゃない?

デザインとは、シンプルに「考えること」。この作品から伝わってくるのは、そんなメッセージ。

デザイナーだって
ひとりの人間だ

A994a0249f5cae021d50e637be2b4473d1097bf3

全8エピソードから構成されるこのシリーズでは、毎回世界最⾼峰のデザイナーたちが主人公になる。彼らの作り出す素晴らしい作品というよりも、彼らのなんの変哲もない日常を通して、どうやってアイデアを出すのか、どうやって物事を見ているのか、という点にフォーカスしている。

たとえば、第1話のデザイナーはクリストフ・ニーマン。「The New Yorker」の表紙で有名なイラストレーターである彼は、自分の仕事の日常はとっても単調なものだと語る。デスクに座り、アイデアが思い浮かぶまでじーっと待ち続け、何か思い浮かべばラッキー、もちろん思い浮かばない日もある。そこから見えてくるのは、決してデザイナーがクリエイティブで華やかな一面だけではない、ということ。

彼らは、時に家族について語ったり、抱える不安を露呈したり、また成功の陰に隠れた⾒栄や強がりも見せてくれたり。やりすぎな演出なんてひとつもなく、ありのままを伝えてくれる。でもなぜかそれぞれの人格を理解していくにつれ、どうして彼らの作品が魅力的なのか、あるいは機能的なのかが理解できてくるから不思議だ。

このシリーズを通して、あなたはトップデザイナーたちをもっと身近に、そしてもっと愛おしく感じられるはずだ。

ステージデザイナーって?
馴染みのない職業

C3231a4fe764088dda8cae387c0a3afd56fd4665

『アート・オブ・デザイン』では、グラフィックデザイナーやインテリアデザイナーといったクリエイティブたちに加え、「シューズデザイナー」や「カーデザイナー」、はたまた「ステージデザイナー」といった、すぐにはその仕事ぶりがイメージできない人たちも登場する。

たとえばナイキの「エア・ジョーダン」や「エア・マックス」を知らないという人はほとんどいないと思いますが、これをデザインした人こそが第2話の主人公ティンカー・ハットフィールド。

斬新かつ洗練されたスポーツカーをデザインしているラルフ・ジルは、全自動運転のファミリー向け電気自動車のデザインにも携わっていて、私たちの未来を担っているひとりといってもいいほど。

さらに、ステージデザイナーのエズ・デブリンは、基本の演劇をカバーすることはもちろん、ビヨンセやU2など人気音楽アーティストのコンサートステージなどもデザインしている。

こうやって並べてみると、私たちの身近にあるすべての物事が丁寧にデザインされていることがわかる。「そうだったんだ!」と思える知識を広げてくれるだけではなく、物事がどういうプロセスで生み出されて、それを作った人はどんな思考で作り上げているのか、もしくはどんなメンタルで生活しているのかまでを掘り下げた、極上のドキュメンタリーなのだ。

デザイナー

「アート・オブ・デザイン」Netflixで独占配信中

Licensed material used with permission by 「アート・オブ・デザイン」
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...
運動をしたいなら、家でゴロゴロしてしまうのでNetflixを見るべきではないというのは正解かも。だけど、それでもドラマや映画を見たいという人には朗報です。
「Artist in Hotel」とは、東京・汐留のパークホテル東京で2012年12月にスタートしたプロジェクト。アーティスト自身がホテルに滞在し、実際...
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
成績優秀でスポーツ万能な男子高校生「夜神月(やがみ・らいと)」がある日、名前を書くだけで人を殺せてしまうノートを拾う。世界中の犯罪を減らそうと悪人に対して...
手ぬぐいや風呂敷などを扱う綿布商としては日本最古とも言われる「永楽屋」。デザインのみならず生地や染めにこだわるモノづくりの姿勢が、国内はもとよ...
日本において約1,400年の歴史を持つ「瓦」は、単に風雨から建物を守るための手段ではなく、他では生み出せない独特の銀色が魅力。強さと美しさを兼ね備え...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
大統領退任まで、残すところ1ヶ月あまりとなった12月16日(つまり今日!)、Netflixにてバラク・オバマの青春時代を描いたオリジナル映画『バリー』(原...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
NetflixがInstagramで求人を募集していたようです。募集ページによると、ヨーロッパ、中東を旅する専属フォトグラファー「Grammasters」...
「バンクシー」は、世界的に有名なストリートアーティストとして知られています。その正体は誰にもわかりませんが、公共物を扱う非合法のアートが多いなか、作品に込...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
〈Vitantonio(ビタントニオ)〉のポップコーンメーカーは、このブランドらしいスマートなルックスで、機能面も優秀。操作は簡単だし、マッシュルームタイ...
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
『タクシードライバー』、『イングリッシュ・ペイシェント』に『シングルマン』。愛を失った男を描いた映画って、これまでどれほどたくさんあったた...
人間は、1日に平均でスプーン40杯もの砂糖を摂取すると言われています。世の中にはヘルシーな食品があふれているのに、これはおかしい。そこで、監督デイモ...
ウルトラテクノロジスト集団チームラボが、世界で初めてロクシタンの店舗を色鮮やかに演出。とはいえ彼らの取り組みの中では、やや毛色が違うこのプロジェクト。示し...
スウェーデンのアウトドアブランド「FJALLRAVEN(フェールラーベン)」。そのアイコンである「Kanken(カンケン)」は、1978年の誕...
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。