今こそ深掘りしたい「オバマ大統領」。Netflixよりオリジナル映画配信

大統領退任まで、残すところ1ヶ月あまりとなった12月16日(つまり今日!)、Netflixにてバラク・オバマの青春時代を描いたオリジナル映画『バリー』(原題:『Barry』)が配信となる。

舞台は1981年のNY。のちの大統領は、はたしてどんな夢を見ていたのだろう。

「Change, Yes We Can!」の原点
若き日のオバマがNYで目にしたもの

物語は、大学生生活を送っているオバマがコロンビア大学進学のため、西海岸からNYにやってきたところから始まる。犯罪が多発し、人種的な偏見が現在よりも色濃く残っていた大都市で、一人の青年が戸惑い、悪戦苦闘しながらも立ち向かう日々を描いたストーリー。

ハワイで育ったアフリカ系アメリカ人として、1960年代生まれの新しいリーダーとし、彼がNYで過ごした青春時代とは、どんなものだったのか。

人種、文化、そしてアイデンティティと向き合う20歳の大学生Barry(オバマ)役は、オーストラリア出身の俳優デヴォン・テレルが演じる。ちなみに、原題の『Barry』は、クラスメートたちから呼ばれていたオバマの大学時代のニックネームだそう。

いま改めて、
人間“バラク・オバマ”を知る

ところで先の大統領選、高圧的で現実主義的な言動を周囲から叩かれるたびに、支持率を上げ、結果的にその座を射止めたドナルド・トランプ次期大統領。

そうしたものを見せられて、果たしてアメリカの、ひいては世界の今後はどうなる…?と、行く先の見えない明日を憂うような予測ばかりに、日本のメディアは終始しているような印象を受けてしまう。

もちろん当のアメリカだって、次期大統領への悲観的な見方がなくなった訳ではない。だからだろうか、最近になってトランプよりも、ヒラリーよりも、やっぱりオバマは良かったというような声をメディアで散見する。

そこで、退任まであとわずか…という今だからこそ、改めてオバマの8年間を振り返ってみるのはどうだろう。

アメリカ全世帯の1/3に普及していると言われるNetflixで、オバマのインディーズ映画が配信される背景も、きっと多くの人がその作業を求めているからに違いない。ロードショー完成までを気長に待っているような時代じゃない、というのもあるだろうけど。 

そういえば先日、2008年の大統領就任以来、写真を撮り続けてきたホワイトハウス付きのカメラマンが200万近いカットの中から厳選した、オバマの8年間をFlickr(ホワイトハウスのオフィシャルアカウント)に公開し、話題となった。

訪問先の小学校で子どもたちにおどけたり、集会で隣に座るミシェル夫人の手をずっと握っていたり、急な雨にずぶ濡れになりながらも演説を続ける姿がそこにあった。こちらも、にじみ出るオバマの“人間味”を垣間見た気がした。

Licensed material used with permission by NETFLIX
元大統領だとは考えられないエピソードで、ビックリ!
2017年1月に任期を迎える米オバマ大統領。多忙な業務のなか、日々日課にしているワークアウト時に聴くSpotifyプレイリストが、アメリカ版「WIRED」...
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
ミシェル・オバマ夫人は自身のファーストレディー時代を振り返り「私にはたくさんの支えがあったが、バラクにはなかった。男として独立を求められていた」とコメント...
ひとつで複数の機能をもつ「マルチツール」は、乱雑になりがちなデスク周りをシンプル&クリーンに保ってくれるオフィスワーカーの強い味方。今回は「レザーマン」か...
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
「Oui on Peut!」英語に訳せば(Yes we Can)、聞き覚えのあるフレーズはもちろんあのバラク・オバマの名文句。そのキャッチフレーズを添えた...
6月24日にNetflixは、「アフリカ系アメリカ人とその文化をより描いていく」という内容の約1分間動画「A Great Day in Hollywood...
 12月24日、ホワイトハウスより毎年恒例のオバマ大統領夫妻による、クリスマスメッセージが公開された。任期中最後のサプライズ演出なのか、ミシェル夫人の振り...
次期大統領候補も選出され、いよいよ任期が残り2ヶ月余りとなった現職のオバマ大統領。報道によれば、ホワイトハウスを出た後の住居がようやく決まったそうです。慣...
2017年の「fake news(フェイクニュース)」につづき、イギリスのコリンズ英語辞典が選んだ2018年のワード・オブ・ザ・イヤーは「single-u...
映画『To All the Boys I’ve Loved Before』で、韓国のヨーグルトスムージーとして紹介されているある日本製品が、現在爆売れして...
2008年。米・大統領選のシンボルとなった「HOPE」ポスターを作成した、グラフィティ・アーティストのシェパード・フェアリー氏。このポスターは、オバマ前大...
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
運動をしたいなら、家でゴロゴロしてしまうのでNetflixを見るべきではないというのは正解かも。だけど、それでもドラマや映画を見たいという人には朗報です。
世界でここだけ!日本発のクラフトビール「KAGUA」が樽生で楽しめるビアバーFar Yeast Tokyo Craft Beer & Bao〒150-00...
成績優秀でスポーツ万能な男子高校生「夜神月(やがみ・らいと)」がある日、名前を書くだけで人を殺せてしまうノートを拾う。世界中の犯罪を減らそうと悪人に対して...
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
Netflixオリジナル『ナルコス』のシーズン3の配信が9月1日より始まりました。その広告として作られたのが、コカインを利用したもの。人気すぎて、設置され...
〈Vitantonio(ビタントニオ)〉のポップコーンメーカーは、このブランドらしいスマートなルックスで、機能面も優秀。操作は簡単だし、マッシュルームタイ...
シリア出身のペインターAbdalla Al Omariさんは、最近ベルギーで難民として認定されたという。そして始めたのが「The Vulnerabilit...
NetflixがInstagramで求人を募集していたようです。募集ページによると、ヨーロッパ、中東を旅する専属フォトグラファー「Grammasters」...
ハイチをはじめとする中米やアフリカの国々を、「Shithole」と呼んだとされるトランプ大統領。これに対して、ある広告代理店が華麗な皮肉を使ったキャンペー...
3月にオークションで落札されていたトランプの生家、Airbnbを通して宿泊できることになり話題を集めている。場所はニューヨーク州のクイーンズ区。家の中は幼...