ミシェル・オバマ夫人の「バラクはもっと友達を作るべき」発言に込められた深い意味。

先日開かれた、オバマ財団主催のサミット。そこでミシェル・オバマ夫人が、「私がファーストレディーだった時は、たくさんの友人が私を支えてくれた。でもバラクにはそういう友達が多くなかった。もっと友達を作るべき」と発言したそう。

「バラク・オバマ、ぼっちなのか…?」と思ったけどそういうことじゃなく、この言葉にはもっと深い意味が隠されていたのだ。

「性の押し付け」は
オトコの首をも絞めつける

社会の性的規範は、女性だけでなく男性を苦しめていることがあります。男の人は「男らしく」「たくましく」なるように育てられる傾向が強いので、あまり人に頼ろうとせずに全部抱え込んでしまうのです。

男の人も、もっと自分の弱みを出して、繊細さを隠さず、人に頼っても良いのではないでしょうか。性的な規範に縛られない社会をつくることは、男性にとっても生きやすい社会をつくることではないでしょうか。

国内最大のリーダーシップを発揮しなければならない大統領であったバラク・オバマは、国の頭としてはもちろん、それ以外の場でも、男として、「独立」していることが求められたのだ。そのパートナーであるファーストレディーには、公私ともにたくさんの支えが自然とついたのにもかかわらず。

まぁね、男だもの。たとえ一番の重圧を背負っていようと、いやだからこそ、「カッコ悪く」ならないようにって思っちゃう時はあるもんだ。でも確かによくよく考えれば、それって根拠のないことなんだな。

「男vs女」じゃ、ない。

そういえばエマ・ワトソンも、3年ほど前から「He for She」という男性が積極的に参加する男女平等の活動を開始・推進している。多くの感動を呼んだ国連でのスピーチの中で彼女が繰り返し強調しているのは、オトコも「性規範の押し付け」の渦中にいる、被害者であり当事者だってことだ。

「フェミニスト」が嫌われがちなように思え、なんとなく名乗りづらいのは、「男嫌い」というイメージがつきまとい、そこに居心地の悪さがあるからではないでしょうか。

これは「男vs女」の問題ではないのです。男は◯◯でないといけない。女は××でないとけない。そういう考えを打ち砕く、一人ひとりの自由のための議論なのです。

男女ともに繊細でも、強くもいられる自由がある。今、対立ではないジェンダーについて考えるべきではないでしょうか。

なるほど、とにもかくにももうお互い、自由になろうよってことなんだ。女だから美しくないとダメ、男はお金持ってるべき…別に逆だってそうでしょ?美しいのもお金があるのも、そりゃあ良いことだろうけど、なんで論拠が性別なの?って。

役職だって性別関係なく、向いている人がやるのがいろんな面で一番いいに決まってる。家事が大好きな旦那と、バリバリ働きたい奥さんがいたとして、なんでわざわざ我慢して逆のことをしなきゃなんないの、って話なんだ。なのに、議論の段階ですでに「男vs女」の対立構造に無意識に立ってしまうのは、確かに矛盾しているように見える。それくらい深い意識で、性別が刷り込まれているんだろうけど。

今まで「僕はフェミニストです」っていうとなんとなく「お前は男の味方じゃないのか」とか「あんたに女の気持ちがわかるか」とか言われそうな気もしてたけど…。女性の権利の拡張が「性の押し付け」を弱めるなら、僕は僕のためにフェミニストでありたい。こう考えるのもアリかもね。

Top Photo by Scott Olson/Getty Images
完璧にというには程遠いが、ジェンダー不平等は解消されつつある。カリフォルニア州バークレー市は、単語に含まれるジェンダー差までもなくすつもりだ。
男女平等の権利を訴える活動は、いま世界各国で行われています。アメリカの独立記念日に際して行われたキャンペーン「#PasstheERA」では、デザイン業界・...
若い女性のエンパワーメントやジェンダー平等を推進してきたイギリスの女優エマ・ワトソンが、職場でセクハラ被害に遭う女性たちのために法的アドバイスを提供する無...
ここで紹介するのは、デンマークの広告会社がインターネット上でも男女平等を実現しようという目的で行った社会実験動画。内容を知ると、彼らの平等に対する考えがい...
人気ゲーム「フォートナイト」が「赤十字国際委員会(ICRC)」と異色コラボした新ゲームモード「ライフラン」は、ゲームを通して、地雷撤去や救援物資の支給、イ...