「men」から「people」へ。ジェンダーフリーは単語から。

アメリカの独立記念日に合わせて実施されたキャンペーン「#PasstheERA」を紹介します。デザイン業界、広告業界で活躍するクリエイターたちが、ある目的のために集まりました。ジェンダーフリーの権利を訴える、そのために。

すべての“ニンゲン”は平等である
by トーマス・ジェファーソン

All men are created equal(すべての“人間”は平等である)

これは、第3代米大統領トーマス・ジェファーソンが「アメリカ独立宣言」において用いた有名な言葉。米憲法にも記されている一節ですが、お気づきでしょうか。「人間」に当たる部分、男性(manの複数形)を意味する「men」が用いられていることを。

近年、ジェンダーフリーの考え方のもと「men」→「people」とすべき、こうした捉え方も浸透してきている。そのことを広く訴えようと、画像をウェブ上で公開し、SASでの拡散を呼びかけたのがこのプロジェクトです。

ジェファーソンの言葉はその槍玉に。

親愛なるトーマス・ジェファーソン、何か大切なことを忘れてはいませんか?

人間は男と女、ともにいます。ならば“men”じゃなくて“people”では?

それを直すのは簡単なはず(修正液を使えば一瞬)

とまあこんな具合に。

さらには、毎朝のメニューや、月面着陸、ゲノム解析など人間にとて必要な要素や歴史の歩みを引き合いに出して、平等の必要性をメッセージングしていきます。

卵よりもシリアルよりもバナナよりも。私たちにいちばん必要なのは“平等な権利”

1969年、人類は月まで到達したのに……2017年、まだ男女平等じゃないって…

2003年には、ゲノム解析までしたというのに

投票できる権利よりも大事なもの、それが平等

カツラはかぶった。なのに女性を置いてけぼりにした。そんな彼らの宣言なんて、ある種ドラッグのようなもの

キャンペーンのオーガナイザーを務めたEmily-Rose Wagnerは、現代のアメリカ社会が抱える、見えざるジェンダーフリーをこう嘆くように強調しました。

「アメリカに暮らす女性は、200年以上も“平等”を待ち望んできたのです。これまで偉大なる母たちのおかげで、様々な分野で平等が実現してきました。けれどそれは、まだ残念ながら完全なものとは言えません。この活動は平等を勝ち取るためだけでなく、そんな先人たちに感謝の意を伝えるためのアクションでもあるのです」

男女平等──、言葉の持つ意味は理解していても実社会における「平等」とは、本当のところどんな意味を持つのでしょうか?

 

Licensed material used with permission by pass the ERA
今日、7月4日はアメリカの「独立記念日」です。昼間はBBQ、夜は花火を見るというのがトラディショナルなお祝いの仕方。全米のどこもだいたい一緒。でも、ここで...
アラバマ州にあるフォードの販売店が、自動車を購入した人に「アメリカの国旗」と「聖書」をあげるというキャンペーンを行なっています。
7月4日アメリカの独立記念日にお祝いの意味を込めてたくさんの花火が空に打ち上がるけれど花火による事故が問題視されている米テキサス州フォートワースにある法律...
7月4日といえば、アメリカの独立記念日。そんな日に、マンハッタンのスーパーマーケットで万引きした女性がいた。通報を受けた警察官が駆けつけ、逮捕するのかと思...
それが第3週の日曜日「National Ice Cream Day」、つまりは「アイスの日」。知ってた?単なるアイス好きの国民だから、なんて結論付けるのは...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
小さい頃から大好きだった『美女と野獣』。実写版を見に行ったけれど、映像や音楽がとにかく綺麗で、2時間があっという間に過ぎていった。先日の「2017 MTV...
アメリカ五大湖のうちのひとつであるエリー湖に、人間と同じような権利が与えられることになりました。
『ナチョサウルス』と名付けられた、ナチョス専用の入れ物。背中部分にある隙間にスナックを入れると、写真のとおり恐竜の完成!ディップやケチャップ、マヨネーズな...
生徒や教師たちが亡くなった事件に対するトランプ大統領の発言は、彼の想像とは裏腹に、アメリカ社会に大きな波紋を起こし、新たなソーシャルムーブメントを生むこと...
8月2日、サウジアラビアで「男性保護者」の許可がない女性のパスポート申請を認める国王令が公布された。21歳以上の女性は、父親や夫などの男性親族から許可を得...
20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたら...
もうすぐ、クリスマスシーズンが到来。ロマンチックな計画を立てて、もっと親密に…なんて心待ちにしている人も多いはず。でも、クリスマスまで待たなくたって記念日...
イタリアのPq Design StudioがつくったLastwordは、最後に読んでいた単語を記録できる便利なもの。
1月29日、2019年シーズンからクリーブランド・インディアンスが、チームマスコットの使用を取り止めると発表。いわゆる「ワフー酋長」をネイティブアメリカン...
ミシェル・オバマ夫人は自身のファーストレディー時代を振り返り「私にはたくさんの支えがあったが、バラクにはなかった。男として独立を求められていた」とコメント...
ここで紹介するのは、2017年にオランダのコメディー番組が制作した風刺動画。極端な論調ではありますが、厳しく銃規制がされている日本に暮らす人が見たら、ナレ...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
もしかしたら、日本でもごく一部の人しか知らないネタかもしれませんが……、毎年6月10日は「アイスティーの日(National Iced Tea Day)」...