今日、アメリカ独立記念日にスーパーからマシュマロがなくなる理由

今日、7月4日はアメリカの「独立記念日」です。昼間はBBQ、夜は花火を見るというのがトラディショナルなお祝いの仕方。全米のどこもだいたい一緒。

でも、ここで紹介するのは、僕の中に今でも鮮明に印象が残っているカリフォルニア州サンディエゴ独自の風習。ロサンゼルスから車で2時間ほど南下したこの街だけの、エキセントリックなお祝いなのです。

F8e284c1c2b646bffe497c29e0984c0a984de9cd

メインになるのはオーシャンビーチという地域。ここはいわゆる”南カリフォルニア”の街並みで、まさに「Laid Back(ゆったり)」という言葉が似合うヒッピータウン。

ゆったりした雰囲気も、今日だけはガラッと変わります。

夜、花火が終わりに近づくにつれて、人々のはやる気持ちが次第に高まっていきます。なぜなら、マシュマロファイトが始まるから。

老若男女が全力で
マシュマロをぶつけ合う。
それだけ!

E352459196e7043c8559f1a9cce28aec646a5e7f

この夜最大の花火が夜空に号砲を轟かせたときが、はじまりの合図。瞬間、吹雪のようにマシュマロの放射。ルールは無用。強いて挙げるならば、決して手を抜かない。何がどうお祝いに繋がっているのかは……。目を瞑ってください(笑)。

市公認のイベントではないにもかかわらず、意外と歴史が深いんです。

OB Rag」によると、キッカケは、1985年にある2つの家族がはじめた遊び。BBQ用のスモアに使うはずだったマシュマロが余ったから?いずれにせよ、数年後にはそれがムーブメントとなり、Saratoga AveとMuri Ave沿いに暮らす住人たちのバトルになりました。さらに時が経ち、たくさんの人が焚き火を囲みながら投げ合いをするように。

近所に住んでいた僕は、友だちからマシュマロファイトの話を聞いたときに「日本では絶対にありえないことだ。ここで行っておかないと後で後悔する」と思い、居ても立ってもいられなくなり参戦。どんな人が来ているのだろう?と思い、周りを見渡すと、バケツいっぱいにマシュマロを持っている人や、今から野球もできますというスポーツウェアを着ている人も。ベテランらしき人ともなると、ヘルメットを装着する人もチラホラ。

口を開けていたら食べれるかも、なんて思うでしょ。でも大間違い。この日を待ってたぜ、と言わんばかりの参加者が全力投球です。1年分の思いが詰まったマシュマロがどんどん飛んでくる。当たった時の痛さは、アザになるのではないかと心配してしまうほど。

「今年も行くの?」と現地の友だちに聞いたところ、「多分、行けない」と冴えない返答。理由は2013年以降、マシュマロファイトへの規制が厳しくなっているんだとか。

考えれば、そうなんです。ゴミも出るし、道路は汚れるし、靴の裏はベタベタで歩きづらくなるし……。それゆえ、独立記念日を迎える数日前からマシュマロを売らなくなる商店も、この界隈ではたくさん。 

気になることが1つ。マシュマロファイトが始まってから約30年。ネガティブ要素を考えたら、すぐに中止になっていた可能もあります。それでも、最近まで続けられていたということは、近隣住民にも何か強い思い入れがあったのかもしれません。

Reference:Paul Giret, OB Rag
7月4日アメリカの独立記念日にお祝いの意味を込めてたくさんの花火が空に打ち上がるけれど花火による事故が問題視されている米テキサス州フォートワースにある法律...
男女平等の権利を訴える活動は、いま世界各国で行われています。アメリカの独立記念日に際して行われたキャンペーン「#PasstheERA」では、デザイン業界・...
それが第3週の日曜日「National Ice Cream Day」、つまりは「アイスの日」。知ってた?単なるアイス好きの国民だから、なんて結論付けるのは...
とろける甘〜いマシュマロが、スプレッドになった商品があるのを知っていますか? 「フラフ」という商品名で発売されているもので、今“塗るマシュマロ”としてジワ...
オフィスに本格的な卓球台が設置されて、あらためてわかりました。卓球ってめちゃくちゃ手軽なスポーツだな、と。
上の写真からもわかる通り、heyのオフィスは広い! もったいないぐらい(笑)。
岡山県にあるマシュマロ和菓子屋さんが、新ブランド「つるたま」を発表した。元祖マシュマロ和菓子は、明治時代に初代が作りだした「つるの玉子」というお菓子。その...
メキシコに住むEveliaさんとアメリカに住むBrianさんは、現地時間の11月18日、アメリカとメキシコの国境で結婚式を挙げました。2人のために1時間だ...
いつもよりちょっと「健康的な食事」を、心がけませんか?
もしかしたら、日本でもごく一部の人しか知らないネタかもしれませんが……、毎年6月10日は「アイスティーの日(National Iced Tea Day)」...
独断と偏見でピックアップしました。
シャンパンとマシュマロを使った大人スイーツです。春色がとってもステキですよ。
もうすぐ、クリスマスシーズンが到来。ロマンチックな計画を立てて、もっと親密に…なんて心待ちにしている人も多いはず。でも、クリスマスまで待たなくたって記念日...
モコモコのマシュマロがこんがり焼けたデザートを紹介します。北大西洋に浮かぶバミューダ諸島が発祥といわれる「スイートポテト・キャセロール」。じつはこれ、アメ...
テレビやネットを通しては見れない、リアルなアメリカを映す写真がある。被写体は皆、ベッドルームにいるBarbara Peacockさんの写真だ。様々な年代や...
みんながアメリカ人のような暮らしをしたらどうなるのかを、統計を使って調べてくれたのが「AsapSCIENCE」の動画。結果は想像できそうだけど、その数値は...
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
僕のなかのワインのイメージと言えばやっぱりまだ、高級で、ハレの日のもの。でも、今回訪れた「東京ワイナリー」は真逆。東京ワイナリーがあるのは、近隣にコインパ...
ここで紹介するのは、2017年にオランダのコメディー番組が制作した風刺動画。極端な論調ではありますが、厳しく銃規制がされている日本に暮らす人が見たら、ナレ...
全米規模で行われる伝統的なミスコンの「ミス・アメリカ」が現地時間9月10日に開催されました。そこで候補者のテキサス代表のMargana Woodさんがイン...
語学留学のためカリフォルニアを訪れていたぼくは、キャンピングカーをレンタルして3泊4日の旅をすることに決めた。旅の目的地は、以前から憧れていたアリゾナ州の...
いま、アメリカでは、毎週月曜日は肉食を控える「MEATLESS MONDAY」という取り組みに注目が集まっています。この活動を広める「THE HUMANE...
「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。
北カリフォルニアでニュースキャスターをするFrank Somervilleは、ある日、Facebookにこんな疑問を投稿しました。「もしも僕がアメリカに来...